サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

丸太町ルヴォワール みんなのレビュー

  • 円居挽
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本丸太町ルヴォワール

2015/08/19 07:51

どんでん返しに次ぐどんでん返しの行き先は……

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いでゅ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

全4巻完結のルヴォワールシリーズ、第一作。
単行本が講談社BOXから出されていたように、ややラノベチックな部分はあります。特に第一章の掛け合いは西尾維新を連想させる小気味よさです。
しかし、この作品の魅力はそこではありません。特に第三章以降、溜めに溜められた伏線が爆発的な速度で回収されていきます。何度も何度もひっくり返されて、最後の最後まで騙されに騙されます。
この作品は、どんでん返しの驚きを何度も何度も味わえる最高のミステリなのです。

魅力的な登場人物もこの作品の面白さを際立てています。ラノベにありがちな、記号のような設定だけのキャラではなく人間味のあふれた、会ってみたいと思えるような登場人物となっています。

素敵な登場人物たちと斬新な驚きに出会いたいあなたへ、おすすめの作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本丸太町ルヴォワール

2019/01/26 15:10

あまりにもペダンチック

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここまで僕って賢いでしょ臭を出されちゃうと正直痛々しいです。会話のセンスがいいって作者自身は思ってるんだろうなあ。 
ごめんなさい、1/3読んでギブアップ、完読にいたりませんでした。あとはあなたが読んで判断してね!

追記・・・再読チャレンジしてみました。 ペダンチック臭に鼻をつまめば、なんとか最後まで読めました。  しかし、ほかの人も指摘してますが、どんでん返しっていうのは2回(どんでんのどんでん)くらいまででビシッと決めるから面白いのであって、しつこいどんでん返しは逆にセンスがないなあというのが感想です。最後まで僕って賢いでしょ臭がプンプン臭う作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

うーん、ちょっと疲れちゃう

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

本格的ミステリの人たちはこれ位捻らないと物足りないのでしょうか?ちょっと、これでもか、これでもか的ひねりすぎになると、ちょっと疲れてしまいます。京都界隈の排他的雰囲気は良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本丸太町ルヴォワール

2016/05/28 10:55

裁判

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽにょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

裁判の話。
大和と撫子の関係には気づかなかった。落花で決まりだと思ったんだけどな。うまいな。丸太町ってあるから、もっと京都のまちが出てくることを期待してた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本丸太町ルヴォワール

2015/05/10 10:49

自分には合わない

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カモメ - この投稿者のレビュー一覧を見る

友人に「面白い」と薦められて読んだのですが、とにかく独特なノリで、かなり好き嫌いのはっきり分かれる作品だなと感じました。
そこら辺に転がっている痛いライトノベルもかくやというほどの設定盛り盛りで気取ったキャラクターばかりです。
文章が派手なだけで実際に起きた事件の真相は地味で何の面白みもない点も気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。