サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

空を見上げる古い歌を口ずさむ みんなのレビュー

  • 小路幸也 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本空を見上げる古い歌を口ずさむ

2013/07/18 18:20

小路ワールドに引き込まれた

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:八犬伝 - この投稿者のレビュー一覧を見る

緻密な展開で、次はどうなる
とページをめくる楽しみ
素晴らしい世界が、ここにありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本空を見上げる古い歌を口ずさむ

2008/03/18 17:46

パルプの町のふしぎな話。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ばー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 懐かしい、と思うのは人の勝手で、それらが持つイメージは多種多様。だけど、それを確実に想起させる、もしくは想起させずにはいられないもの、というのは確実に存在する。漠然とした、「懐かしさの塊」みたいなものはどこかにあるし、それらのひとつが物語になることもある。

 この作品を読み始めた時、まず頭に浮かんだのは「いしいしんじ」で、あっ、似てるかも、なんて思った。彼の文は童話的で、だからこそどこか薄ら寒いほど残酷で幻想性を持っている気がするんだけど、小路幸也のこの作品から醸し出されるのは、童話というより民話に近く(完全に私のイメージの話ですが)、そう思っていたらやっぱり、「稀人」なんてキーワードが出てきた。もちろんミステリなんだから人は死ぬけど、ありがちな殺人ではない。ミステリでありつつ、雄大というかなんというか、どこかのほほんとした雰囲気がある。だからかどうか、器用なぼかし方で、重要な所が描かれていない。煙に巻く、というより、「そうなっているのだから、そうなのだ」なんて超自然的な作為を感じる。民話や伝承などをアイテムに、というのではなく、あくまで描かれるのはその内部なのであり、やっぱりそれらにミステリがくっついていると私は感じる。

 「ぼく」の息子がある日、「人の顔がのっぺらぼうに見える」と言った。
 「ぼく」は20年前に別れてそれっきりの兄に連絡を取ることにする。
 なぜなら彼は、「もしも身の回りで人の顔がのっぺらぼうに見える人が現れたら呼んで欲しい」と「ぼく」に言ったからだ。
 再会を果たした兄は、自身の秘密と共に、過去の事件を語りだす。
 そう、全てはあの「パルプの町」で起こったことなのだ。

 第29回メフィスト賞受賞なのですが、ミステリ的な観点というのは、この作品に対しての幾分的外れな意見になるとは思うけど、とりあえず。「のっぺらぼう」という誰もが知ってる超自然をミステリで読むのは初めて。そうなんです。たとえ犯人を見たとしても、「顔が分からない」んだから推理の幅が狭まる。これは盲点でした。ただの能力ではなく、それにまつわる苦労などもちゃんと描かれてます。かといって湿った話になるのでもなく、小学生(回想の中の兄)が話の主役なので、深く潜ったりはしません。「ただ身についてしまったものだから」という雰囲気。明かされる主人公の秘密、世界の秘密と共に、超自然でまとめてます。

 誰が悪で、誰が善か。
 【解す者】、【違い者】という二つの極みの間に【稀人】として主人公は放り込まれ、嫌でもその二項対立に悩まされますが、これは普遍的で、しっかりとしたテーマです。解説でも触れられているように、これは現代社会の様々な物にあてはめる事が出来、たくさんの事例から教訓を学べますが、ではこの作品の懐かしさはなんなのか。

 「ぼく」の兄は、【稀人】として生きる上で、間接的にとはいえ、父を殺しました。人類の調停者として親族を殺し、家族の元を去りました。
 冒頭で述べられているこの事実からも、「話はそう簡単に折り合いがつくもんじゃないんだよ」なんて声が聞こえてくる気がします。一番大変なのは、善悪どちらかなのではなく、そのどちらにもならないものであり、兄の【稀人】としての20年の歳月は、そのままその苦労を忍ばせています。
 それでいて、その事実を「回想」として偲ぶ兄の姿に、懐かしさの裏にある、ぼんやりとした強さを見受けずにはいられないのです。

懐かしさには本当にたくさんの顔があり、それこそ我々の顔のように、のっぺらぼうではないということを強く感じさせてくれる、そんな物語です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本空を見上げる古い歌を口ずさむ

2018/07/29 09:32

ファンタジー×ミステリー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マリコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

所々読みづらい部分はあったけれど、それらを含めた上でも、「ああ、こういう世界なんだな」と妙に納得してしまう説得力がありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。