サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

夜宵 みんなのレビュー

  • 柴村仁 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本夜宵

2015/08/25 13:57

橋の向こうに捕らわれた者たち

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

橋を渡った先には、街とは違うルールで運営される市がある。それが細蟹の市だ。全ての者が仮面をかぶり、ゆえに人間ではないとして、人倫にもとる行為も許される。商品は、薬、人、色と何でもありだ。
 そんな市で仮面をしていない者は、マドウジだけ。マドウジとは、市のことを何も知らずに街から入り込んで来た人間のことだ。そんなマドウジを保護する役目を担っているのが赤腹衆。手枷をされ、しかし値札がないので商品でもないはずのカンナは、それまでの記憶を失っていたところを、赤腹衆のサザによって拾われる。

 章題にある経緯は、織物の縦糸と横糸のことだろう。縦が現在のこと、横が過去のこと。それぞれの糸を並べて見ただけではつながりが分からないことが、重なることによってひとつの物語を織りなすということの暗喩なのかもしれない。

 橋を渡った先は異界。わずかなルールを除いては、欲望のままにふるまうことが許される。しかし逆にいえば、そんな世界であれ、その世界のルールは順守される。その頸木から逃げ出すことは、意外に難しい。
 破壊と創造というが、破壊の先に来るのが常に創造とは限らない。ただ混沌が残るだけという恐れもある。ゆえに破壊をする際には、必ず、混沌が訪れない様に、先手を打つ必要があるのだ。しかし残念ながら、サザにまだその力はない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜宵

2013/10/30 15:47

恒川ファンにもご吟味あれ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:iogimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

オコノギくんシリーズの可愛く不気味な日常が好きで、今回の短編集にもトライしました。よくできている、と思います(我ながら何をえらそうに・・・)。しかし、私が大ファンである恒川氏の『夜市』と比べてしまうと深みとパワーが足りないように思いました。恒川ファン、どうぞご吟味あれ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍夜宵

2018/12/20 03:36

崩落の危機が迫る細蟹の市

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんとかのお稲荷様とかいう駄作を書いていた頃からすると、文章・構成とも飛躍的に成長したものである。

本書の舞台は市街から隔絶された「細蟹(ささがに)の市」。意外にも現代日本である。だからカタカナ語も普通に飛び交うのだが。
市で売り交わされるモノは合法・非合法から、超自然としか形容できないものまで。
その市でただ一人自警を担う赤腹集のサザ、その彼が保護した赤毛の少年。
来歴も生い立ちも不明、なにもかもを忘れた少年はサザの元で育ち、そして同じように記憶を失ったと称する少女に出会う。

ひかれ合う二人だが、成長とともに疎遠になっていく。
少年の成長を瑞々しく時に悲哀混じりに描きながら、「チョコレートスープ」「ヒナちゃん」と可愛らしい副題の短編は、グロテスクを正面から描いている。
ありきたりな人物だが、壊れた人間の情動には中々の読み応えがある。
唐突に現れた謎の殺し屋、なすすべなく混迷する市、徐々に明かされる細蟹と織女の正体。

ちなみに"赤腹"衆は、自警の市守(いもり)=井守りというダジャレ、雪客衆も龍笛、篳篥とあまりヒネリはない…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。