サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

【SS/200】【集英社】【特集】【割引有】立ち上がれ!全勢力!!この夏、最大の祭典は海賊たちが盛り上げる!!劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』8.9(金)ついに公開!!原作超大量無料大公開キャンペーン!!(~8/19)

電子書籍

卒業~開かずの教室を開けるとき~ 名探偵夢水清志郎事件ノート みんなのレビュー

  • はやみねかおる, 村田四郎
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

夢水シリーズ完結!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄色い刀 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ついにさん姉妹たちが卒業の時を迎えてしまいました。
あとがきに書いてある、謎を考えながら読むのも楽しかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最高!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

謎の答えが全然分かりませんでした。
ドキドキしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

正直、私としては登場人物に飽きがきていたので、これで終わり、というのはいいかな、と思います。無論、ミステリとしての切れは相変わらずいいので、飽きたのは三姉妹とレーチ、教授だけなんですが。で、この厚さは最後を飾るのにふさわしいんですが、挿絵が手抜き、これはプロにあるまじき仕事です!

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルは二つの意味を持っています。カバーにもあるように亜衣・真衣・美衣の岩崎三姉妹とレーチが虹北学園を卒業することがひとつ。もう一つは、はやみね自身がこのシリーズから卒業するということ、その二つです。とはいえ15年も続き、はやみねの家計を支えつづけてきた大黒柱を簡単に切って捨てることができるか、まったく疑問です。

無論、私などはダラダラ続いてしまうシリーズが嫌いで、100巻で終えると豪語した栗本薫のグイン・サーガがその後もエンエンと書き継がれていることに「結局、話を締めくくる能力がないのと、美味しい仕事が結局手放せないんだよなあ」なんてブツブツいいながら、それでも文庫が出るたびに買い続けているわけです。ふむ、何が言いたいのやら・・・

変なたとえですが、あの栗本ですら最も重要なシリーズに関しては、それを終らせることが出来なかった。となれば、その才能において栗本に及ばない、はやみね、に本当に自分のメインに引導を渡すことが可能か、首を捻ってしまいます。確かに、このボリュームは棹尾を飾るに相応しいものではあるのですが・・・

早速、カバー折り返しを見ると

「開かずの教室」の封印が、
四十数年ぶりに解かれた・・・・・・。
解きはなたれたのは、
「夢」を喰うといわれる、
「夢喰い」―――。

亜衣たちの卒業式をまえに、
「夢喰い」が虹北学園を渉猟する―――。
夢水清志郎、最後の謎解き。

赤い夢へ、ようこそ―――。

とあり、カバー後には

 最後の舞台は、虹北学園。亜衣・真
衣・美衣の岩崎三姉妹とレーチたちに
も、ついに卒業の時がせまっていた。
そんなとき、古い木造校舎にあった、
「開かずの教室」を、レーチが開けて
しまった! 封印はとかれ、「夢喰い」
があらわれた!! 四十数年まえの亡霊
がふたたび虹北学園をさまよい歩く。
 亜衣、真衣、美衣、レーチら、みん
なの「夢」は喰われてしまうのか?
夢水清志郎、最後の謎解きに刮目せよ!!

と書いてあります。読んだ印象ですが、頁数のわりに中味はシンプルではないでしょうか。意外性は全く感じないし、今までのように本編を、関連のある短篇で挟み込むという形式がとりきれなかったのは、中途半端な気がします。まして、456頁の記述になると、物理的に無理じゃないでしょうか。材質にも疑問を抱いて何度も読み返しましたが納得できませんでした。逆に感心したのはレーチの受験トリック。ミステリの未来を感じさせます。

でも、実はもっとも首を傾げざるをえなかったことがあります。それが 村田 四郎の絵です。本文の量があるので必然的に挿絵の数も増えるのですが、質が落ちています。もしかするとシリーズ中、最もレベルが低い、そう思います。特に192、253、282、335、383頁の絵がひどくて、手抜きの印象を与えるのはどうしたことでしょう。魅力のあった少し揺れ気味の線が、あっさりと味のないものになって、村田らしさが全く感じられません。

はやみねの小説にもいえますが、長ければ、数があればいい、っていうものじゃないことは読者はもちろんですが、書き手の側に常識でもあります。無理クリ長くしている、おっつけ仕事で枚数を描きあげた、なんていうのは作家が絶対にやってはいけないことなんですが、その感が拭えません。これじゃあ、人気シリーズを締めくくるわけにはいかない、そういう作品でした。残念・・・

最後はもくじ

おもな登場人物

OPENING まずは元気なごあいさつ

第一部 きざみネギと焼きミカン、ほうれん草。――そして、強制労働

第二部 開かずの教室を開けるとき
 01 時間の流れの小品―四十数年前 ~ 17 伯爵

番外編 レーチの文学的苦悩Final
 18 質疑応答 ~ 27 謝恩会と青春

おまけ 卒業式がおわって

ENDING

あとがき
 究 読了認定書
 “迷”探偵クイズ
 極シリーズ読破認定書
 はやみねかおる作品リスト

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。