サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

機巧館のかぞえ唄 名探偵夢水清志郎事件ノート みんなのレビュー

  • はやみねかおる, 村田四郎
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本機巧館のかぞえ唄

2006/06/28 19:48

小学校の先生をやめて、はやみずが満を持して送る一冊。メタミステリ、人間消失、そして大飯喰い、どれをとっても面白い

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「老推理作家の平井龍太郎の自宅である機巧館で開かれた記念パーティ。屋敷から作家が消えた。招かれていた探偵 夢水清志郎は」推理小説。はやみねファンには怒られるかもしれませんが、彼の仕事の中で唯一、楽しんでいるシリーズです。
こんかいは夢水ものの第六作だそうです。前作のあとがきで「今度はがちがちの本格」と宣言しただけあって、かなり高度な叙述推理、というかメタミステリといえるでしょう。これを本当に理解できる小学生がいるんでしょうか、他人事ながら気になります。
話はかなり複雑で、全体は三部構成というのはいつものとおり。といっても第一部「怪談」と三部「さよなら天使」は独立した作品で、前者は岩崎亜衣、真衣、美衣の三つ子姉妹の個性と、彼女達が語る話の謎でもない謎を強引に解き明かしていく夢水の探偵術がユーモラスな作品です。後者は、村田四郎の挿絵に出てくる赤ん坊がとても可愛らしい好編。これだけでも、読む価値はあった、そう思います。
そして中心となるのが第二部「夢の中の失楽」、話自体が二部に分かれ、さらに三章づつに別れいぇいます。前半は、推理小説界の老大家が三姉妹やレーチ、そして夢水を招いた機巧館でのパーティの様子と、老作家の別れの言葉とも言える作品執筆宣言などが中心で、相変わらず夢水の食べっぷりが見事です。
後半が、消えた老作家と殺人事件。それにタイトルが絡んで、とても小学生を対象にしたとは思えない本格的なメタミステリになっています。ここでも三姉妹と夢水のやり取りが楽しいのですが、犯人消失のところもかなりいけるものとなっています。レーチの眠る姿も可愛いのですが、それがどこかは読んでのお楽しみ。ともかくタイトルの意味が良く分かります。
あとがきに、かなり苦労したとありますが、その理由が振るっています。解説は同じく推理作家の辻真先。これだけでも青い鳥文庫として異色といえるでしょう。少し持ち上げ過ぎの気がしないでもないのですが、再読に耐えうる、というか再読しなければ本当のところが分からないといっても良い傑作です。
これだけ安定した作品を書き続け、子供たちに愛されるシリーズを作り出したのですから、小学校の先生を辞めて、作家生活に入ってしまった、というのもわかりますが、では彼にとって教員とはなんであったのか、単なる飯の種であったのか、と皮肉のひとつもいいたくなります。うーん、新しい門出を祝いたいのですが、我ながら人間が小さい・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本機巧館のかぞえ唄

2016/01/31 15:28

子ども向け大人の悪巫山戯

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アントネスト - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供向けの水準を超えた(でも、決して子どもが楽しめないってことはない)ミステリーとしての出来は、他の方も述べられているとおり。
加えて、マニアックな小ネタも大判振る舞い(こちらは、大人でないと楽しめないだろうなあ)。作家の誕生パーティーに出席した面々の描写が、年季の入ったミステリマニアには愉快でたまりません。
他にも、「維納オルゴール」「倫敦時計」のコレクションとか、中村某に屋敷の建築を依頼して断られたとか。
これを読んでミステリ好きになった子どもが、大きくなってから細部の意味を再発見して感慨に浸ることもあるんだろうなあと、いい大人になってからこのシリーズを読んだ読者としては想像してしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本機巧館のかぞえ唄

2017/01/06 18:14

シリーズの他の作品とは少し違う...

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄色い刀 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小学生にも分かりやすくておもしろい名探偵夢水清四郎シリーズですが、これだけはかなりトリックが複雑でかなり分かりにくいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本機巧館のかぞえ唄

2016/06/27 00:15

難解

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わらび - この投稿者のレビュー一覧を見る

小学生の頃に読んだのですが
非常に難解だったのを覚えています。
しかし、当時はそれがまた魅力的で…
今読むとまた理解度が違うかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。