サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

損したくないニッポン人 みんなのレビュー

  • 高橋秀実
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本損したくないニッポン人

2015/10/27 00:02

「損するの、なんかヤダ」マインドに作家が挑む。

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朝に道を聞かば夕に死すとも。かなり。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

経済について素人な筆者が奥さんに「貧乏くさい」と言われて、ポイントマニアや投資関連の人についていけない「情報の非対称性」で言ったら、弱者な立場でいろんな人にお話を聞きます。

 投資の人に話を聞いた時「じゃ、あなた投資したらいいじゃん」ってなって「いや、実は面倒で」みたいな話になります。

 そう、私たちは病院もフリーアクセスなんですが、大病院での待ち時間とかはあまり問題にしません。投資しているのは金銭だけじゃなく時間や損しないための理論武装のための勉強費用とか考えたら、ほんとに得なのかしら?って気になります。

「家計に貨幣が入ってきたのは60年代以降で日本は60年まで80%以上が農民で、まだ貨幣を使い慣れていない」「日本人にとって貨幣は経済的機能と宗教的機能が未分化の状態」ってのには慧眼でした。だから、私たちって、貯め込むんですね。「預金バカ」とか言いますが、お金に「うぶ」。

 もともと損は不安であり、そうした生存に敏感な部分は大脳が関与します。生きるか死ぬかの時代では、危機察知とかの方が快楽追求よりも上位概念であり、恐怖や怒りも爬虫類の脳にも備わっています。でも得ってのは前頭葉が関与するみたいで、前頭葉はどうしても情報を統合・整理してから表れる概念なので、直感として感じる損に私たちはどうしても敏感にならざるを得ないのです。

 経済学は金儲けの学問じゃないけど、縮小するパイの世界で、なんとなく他人より損したくないって気分ってなんだろね?っていう思考のヒントになると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本損したくないニッポン人

2016/03/04 22:59

地獄の住み心地

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Freiheit - この投稿者のレビュー一覧を見る

第10章では「地獄の住み心地」で富山県がとりあげられている。実は一時期住んででいたが、どうして住みやすさが日本一なのかかんがえていた。地獄だと思えば、損する心配からも解放されるということを知り、なるほどと思った。古老に言う「富山は住みやすいが、住みたくはない」は損を続けていれば、取り立てて損することはないということだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本損したくないニッポン人

2018/12/11 21:21

同書を読めば得した気分になれます!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、現代の日本人があまりにも「損をしたくない!」と思い、節約や通販、不動産投機などを行っていながら、結局は損をしているという悪循環について解説した画期的で興味深い書です。同書には、そもそも損得とは何のなのか?利益とは何なのか?といったことが書かれており、今一度、「損をしたくない」と考えている自分自身を見直す機会を与えてくれます。読後は、少し得をした気分にさせてくれる面白い本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本損したくないニッポン人

2015/10/23 17:32

損とは?

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまだ - この投稿者のレビュー一覧を見る

貧乏くさいと言われた著者が損について考えた本でした。著者の考え方が非常に面白く為になる話も多くありかなり楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍損したくないニッポン人

2015/10/12 14:15

文体が面白い。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たまがわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「損したくない」というテーマで、様々な場所に取材に行ったり、人に会って話を聞いたりする話。
文体がユーモアがあり、読みやすく面白い。
スーパーの駐車場代を損したくないから、特に買いたいものが無くても既定の金額まで買うというあるある話から、
ポイントカードにポイントをためる達人の話、不動産購入にあたっての損得感、結婚の話など色々。
著者自身が自分を「貧乏くさい」と評していて、これらの「損したくない」という気分も、「貧乏くさい」として自虐的に書いている。

さて、この本を買って損したか得したか。
少し笑わせてもらったし、読みたいと思いながらずっと過ごすのも時間と気持ちが損した気分になるし、
電子書籍で安かったし、得した。 と思いたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本損したくないニッポン人

2016/08/29 20:30

視点は良いと思いますが

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「損をしたくない」というキーワードは、おもしろいと思います。
しかし、内容の「練れていない」ような構成と、著者の感想のような文体にも違和感が。期待したぶん残念な本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。