サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

遠い太鼓 みんなのレビュー

  • 村上春樹
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本遠い太鼓

2005/07/04 15:26

春樹さん視点の旅行記

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:CHIELATTE - この投稿者のレビュー一覧を見る

元々、村上春樹さんが好きで、この作品を読んでから10年以上経ち、今はボロボロになってしまいましたが、小説とは一味違う春樹さんに出会える作品だし、作家としての彼の生活が垣間見ることができます。ギリシャの記述に至っては、私自身、旅した気持ちになってしまいました。(実際、行ってみたいとも思いました)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍遠い太鼓

2016/02/13 18:40

南ヨーロッパ紀行文

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マネキンのローラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上春樹の小説は苦手なのですが、エッセイは好きで、特に紀行文は好きですね。「遠い太鼓」は1980年代終わりに3年間、村上氏が奥さんと一緒に仕事を兼ねてギリシャ、イタリアなど南ヨーロッパを移動しながら生活した記録です。
私はヨーロッパが好きで、特にイタリアなんかはご縁がないのが悲しいですがすごく惹かれるば場所です。村上氏もその魅力を彼の独特の表現でとてもいい得て妙!に書いています。シンプルで表情豊かで人間らしく暮らせる街。イタリア車というのは故障の代名詞でとんでもない代物だが、なんとも表情豊かで愛着わく人間と同じようなもの。またこの先も住もうとは決して思わないけれど、後々ずっと覚えている印象の強い街。
だいぶ昔に書かれたものなので、現代の感覚からはずいぶんと思い切った表現をするんだなぁ~という箇所もいくつかあるのも面白い。歯に衣着せぬ村上氏の愛情こもった南ヨーロッパ紀行をぜひおすすめします!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本遠い太鼓

2019/08/21 01:46

村上春樹の旅行記

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雄ヤギ - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上春樹の旅行記。ギリシャの滞在記が特に心に残った。豪雨で崩れた塀を再び元に戻す島民の行動が心に残った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍遠い太鼓

2016/02/17 09:49

久しぶりに

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:パピコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

引っ越しで書籍版を処分してしまったようなので電子書籍版を購入。
紀行文であるが今読んでも興味深く、村上春樹作品お気に入りの一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本遠い太鼓

2002/07/24 15:13

旅の分量

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:HRKN - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上氏は本作に良く似た雰囲気のものをいくつか書いておられるが、私はこの作品が一番好きだ。冒頭におかれた「はじめに」は読むたびに何かしらの感慨が残る。本体のページ分量が多いことは、その旅〜村上氏の言葉によれば「常駐的旅行」〜のボリュームを体感できることに繋がっていると思う。それに所々に収められた美しい写真、それもいいブレイクになっていて心休まるのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本遠い太鼓

2019/02/03 01:44

村上春樹のバックヤード

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:H2A - この投稿者のレビュー一覧を見る

1986年から1989年まで断続的に3年間ヨーロッパに滞在した時期を取りあげた紀行文風エッセイ。この時期に『ノルウェーの森』『ダンス・ダンス・ダンス』ほかいくつかの短編と翻訳を仕上げた実り多い時期。夫人と一緒にイタリアに滞在し、ローマを根拠地にしてギリシャ、スイス、オーストリアなど様々な土地を旅する。日本にない風物に接してのエキゾチシズムを前面に出した内容だろうと思っていたが、むしろ海外生活の不便で理不尽な面に苦労話が多く、イタリアの郵便事情、治安の悪さを恨みもこめて語る。海外での生活苦労記といった趣きだ。しかし回想すればイタリアを懐かしみ、ギリシャの名も知れぬ島での孤独な生活にも愛着を語らずにはいられない。そこには少し前のインターネットも携帯もない時代のヨーロッパの一面が垣間見えるようだ。まとまりがなくて気ままに構成されているが、むしろ小説よりもおもしろいのではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍遠い太鼓

2016/02/28 14:46

村上春樹 地中海滞在記

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶーちゃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上春樹のエッセイは、特に海外滞在記のエッセイは良作が多い。
今作も氏のユーモア感覚、観察眼が生かされた内容となっており、読み応えがあった。
特にギリシャ編の冬の地中海滞在記は、意外に寒いという島での生活がイメージできた。
また、イタリアのエピソードを読んでワインが飲みたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本遠い太鼓

2002/07/01 23:08

住んでみた視点が面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ローズヒップ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょうどギリシャへの飛行機の中で読みました。長い本ですが、どれもギリシャに「住んだ」著者ならではの視点からのエピソードで、面白かったです。旅行ならまだしも、ギリシャに住んだ経験がある人と出会うことはまだまだ少ないですよね。
『ギリシャ人というのはときどきものすごく哲学的な発言をする』というくだりは、「そんなものかな」と思って読んでいましたが、実際、お土産屋のおじさんなどのふとした一言にも哲学的なニュアンスが含まれていて感心したり…。日本とは全く違った気質をもったギリシャ。これを読むとたまらなくギリシャに住んでみたくなります。
イタリア、ドイツ、オーストリアでのエピソードも興味深いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本遠い太鼓

2001/10/09 10:02

遠い太鼓

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あんぱん - この投稿者のレビュー一覧を見る

1986年から1989年までのギリシャからイタリアへの旅を綴った作品。その間に村上春樹氏は『ノルウェイの森』がベストセラーになったり、いろいろあったようだ。春樹的な視点で物事が見られていて、各国のこともわかるしほのぼの旅を疑似体験したい人にお勧め。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本遠い太鼓

2001/02/14 21:04

多少素顔の村上春樹

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主に外国での奥さんとの暮らしのことが書いてある。最初は楽しく読んだが、実は結構長い本で最後の方は飽きてしまった。何げない日常を書いているだけに飽きさせないのは難しいだろう。
 奥さんが生理前だかなんだか、一ヶ月にいちどくらいものすごく不機嫌になるときがあるらしい。「そういうときは決して逆らってはいけない」という言葉に笑った。作家というのは気むずかしいものだと思っていたが、そうでもないらしい。きちんと一緒にいる人の顔色を見て暮らしたりするのだ。
 読んでいる内に外国で夫婦二人で暮らす寂しさみたいなものを何となく勝手に感じてしまう、この不思議な作品。素顔の村上春樹にちょっとでも近づきたい人はどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

10 件中 1 件~ 10 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。