サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

新装版 マックスウェルの悪魔 : 確率から物理学へ みんなのレビュー

  • 著者:都筑卓司
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

エントロピーは日常生活においても極めて重要なもの

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みどりのひかり - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大学生の時に電気系の同級生にマックスウェルの電磁方程式だか波動方程式だかを解いたというのがいて、へぇーえ、どんなんだろうと思ったけど、自分は電気専門ではないので専門書は理解できないから、素人向けにやさしく説明してるのはないかなと思っていたときに、この題名「マックスウェルの悪魔」を目にしたのでした。てっきり波動方程式のことを書いているのだろうと思ったら、そうではなく、エントロピーのことを書いていたものでした。目的の書ではなかったのですが、これは大変ありがたい勘違いでした。

 エントロピーは日常生活においても極めて重要なものであり、昨今の環境問題などはエントロピー抜きには語れません。エントロピーのことを考慮に入れないために、ごみ分別収集の問題とか、再生紙の問題とか、割り箸使用反対とか、もしかしたら環境にとって良くないことをやっているんじゃないの?ということがいっぱいあります。そもそも石油を地下深くから沢山掘り出していながら、地球環境を人類にとって(あくまで人類の都合にとってですが)良くしようということそのものが、むしの良すぎる話ですが、誰もそれに気がつかないのでしょうか。エントロピーを勉強した方はたぶんみんな気がつくのではないでしょうか。

 平家物語の冒頭にエントロピーは増大するという、熱力学の第二法則が述べられています。すなわち、「 祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 」
 諸行無常ということはエントロピーは増大するという宇宙の大法則です。なにびともこの法則から逃れることはできません。つまり、規則的に並んだあなたの体の分子、原子たちはいずれ確率の大きい方へ、つまりバラバラになる方向へと進んでいきます。ま、死ぬということです。

 経済学ではエントロピーの重要性について一部の学者が気がついたのが最近のことだということを1981年の科学朝日7月号に東京大学名誉教授の玉野井芳郎先生が書いていました。物理学者と経済学者の交流ってあんまりなかったのでしょうか。1865年にクラウジウスがエントロピーと名づけ、1872年にボルツマンがエントロピー増大の法則を証明している(それもどうやら統計や確率の計算からやっているらしい)のに。つまり、経済学者たちは100年以上もこのエントロピーの重要性に気がつかなかったということでしょうか。ま、政治家は今もエントロピーのことを全く知らない人がいっぱいいるようで困ったものです。

こちらの
資源物理学入門も読んで大雑把にでも理解してもらいたいものです。

 なおエントロピー理解には役立ちませんが、
こちらの小説
にエントロピーという言葉が出て来ます。

 この小説、あんがい理科系の人はハマルかも知れません。下らなさが受けるはずです。ま、真面目な部分は金子みすゞさんの詩と同じくらいいいですから、この本全体が下らないというわけではありません。


いづれにしろ、エントロピーというものを、多くの方々が知るべきだと思っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

不確定性原理とともに

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまぜみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

中高時代に夢中になれた本!エントロピーは、増大するしかない!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ちょっと読みずらい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栞ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

話のもととなる物理学の理論は、少しは知っていて読んだのだが。途中から、難しくてよく理解できないところが増えていった。
著者が、物理学の素人にもある程度わかるように書こうとしていることは感じられるのだが、例え話がかえって話を難しくしているところもあるような気がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。