サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

【SS/200】【集英社】【特集】【割引有】立ち上がれ!全勢力!!この夏、最大の祭典は海賊たちが盛り上げる!!劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』8.9(金)ついに公開!!原作超大量無料大公開キャンペーン!!(~8/19)

電子書籍

袋綴じ事件 みんなのレビュー

  • 石崎幸二
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本袋綴じ事件 究極の密室本!

2002/06/21 21:40

本当に究極

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大仏 - この投稿者のレビュー一覧を見る

メフィスト賞から生まれた、最高のバカミス作家の最新刊である。
今回は、話としては短いがナカナカ読ませてくれる。
今作では、さらに自己チュー女子高生コンビが、パワーアップしていると思う。
しかしながら今作でも、著者が、今までの名作と呼ばれている推理小説に対する尊敬の念が、随所に感じられる。
真摯にミステリー小説に向き合っているのだと思う。

そして、究極の密室本とは何か? それは買った人のみがわかるのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本袋綴じ事件 究極の密室本!

2002/06/16 16:42

パロディ密室本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カルバドス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ワガママな女子高生コンビ・ミリア&ユリが賑やかに活躍するシリーズの「密室本」バージョン。今回もドタバタと楽しい。
 舞台は八丈島にある研究所兼別荘。おどろおどろしい連続殺人事件……は起こらず、密室状態での傷害事件が起こる。被害者はミリアらの友人・仁美の父親。というわけで、相変わらずの自分勝手さ大爆発ながら、ミリア&ユリ+αが迷推理で解決する。
 本書には劇中劇ともいえる「玄円館殺人事件」なる小説(密室本)が登場する。解決直前部分しか載っていないのだが、その部分だけを読んでも面白そうである。「ぜひ、完成版を読んでみたい!」と思うのは、きっと、私だけではないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本袋綴じ事件 究極の密室本!

2002/07/31 00:56

密室本が謎を解くカギに!?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山村まひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 櫻藍女子学院高校ミステリィ研究会のミリアとユリは、特別顧問の石崎を強引に引き連れて八丈島に向かう。
 離婚して別に暮らす科学者の父親に、一人で会いに行くのが心細いという友人の仁美から、一緒に来てほしいと頼まれたのだった。
 台風で「嵐の山荘」状態になった別荘の「密室」状態の研究室内で、仁美の父親である新堂が襲われ、倒れているのを発見される。
 密室はいかにして作られたのか? そして真犯人は???

 完璧な密室。意識不明の新堂。地滑りで孤立した別荘。高まる緊張感。
 でも・・・とにかく、このシリーズはミリアとユリが石崎をおちょくりまくるというか、なんというか・・・石崎で遊ぶというか・・・。
 あいかわらずのテンションで、思わずツッコミたくなるほど古いネタでギャグをかましてくれるし、もう、アンタたちいったい何歳なの? って感じです。

 おまけに、袋綴じになった密室本「玄円館殺人事件」が犯人を指摘する手がかりになる、というのですから、ふざけてます。
 ええ、ふざけてますよ、あいかわらず。
 おふざけがキライな人は、ちょっと引いてしまうかもしれませんが、シリーズが進むに連れて、ミリア、ユリ、石崎のコンビネーションも良くなってきて、私はけっこうこのシリーズが好きかもしれない。

 シリーズ1作目の「日曜日の沈黙」を読み出した時には「なんじゃこりゃ・・・」と思った3人の駆け合い漫才(?)も、今ではすっかりなじんじゃいましたしね。
 アナタも、案外、ハマるかもしれませんよ。




このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。