サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

統計でウソをつく法 みんなのレビュー

  • ダレル・ハフ, 高木秀玄
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

思考のレッスン1

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:後藤和智 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 少年による凶悪犯罪を例にとってみよう。巷では、少年による凶悪犯罪は最近になって急増している、とされている。なるほど、確かにここ10年のグラフを見ればそうかもしれない。しかし、最近40年のグラフを見てみるとどうだろう。少年による凶悪犯罪は、昭和35年ごろと比べて格段に減っているのがわかるはずだ。また、少年による凶悪犯罪が1997年になって急増したことに関して、件数だけを見て昨今の少年は凶悪になっているのだ、という人も多い。然るにその急増の背景を見てみれば、少年や若年による犯罪で「強盗傷害」とされるものの基準が極端に広がったことがわかるのである。また、ここ10年の少年による凶悪犯罪の件数を表わしたグラフで、その縦軸(件数)の一番下が0ではなく1000だとしたら?少年による凶悪犯罪は1997年を境に何倍にも激増した、という印象を受けるだろう。
 このように、たとえ統計データが正しいものであっても、グラフを少しいじるだけで情報の受け手を騙すことは難しくはないし、統計の「裏」を読まなければ本当の真実にたどり着くことは難しいのである。
 このような統計の操作以外にも、本書ではさまざまな「統計でウソをつく法」が紹介されている。例えば、わが国においても「平均」や「標準」といった言葉に簡単に参ってしまう人は少なくないが、例えば幼児の発育の「平均」の場合、生後何ヶ月で首が据わるのが「標準」であるとしても、その半分は「標準」よりも発達が「遅い」のである。「平均」や「標準」は全てを語るかのごとく錯覚されているが、それは単なる指標に過ぎないのであって、それを過大評価してしまうほうが莫迦げているのかもしれない。
 特に注意が必要なのは、ヴィジュアルを利用した表である。例えばある都市の住民の平均収入を金の入った袋で表すとする。そうすると、収入が2倍になると、袋の大きさも2倍になる。しかし情報の受け手には、縦が2倍、横が2倍、奥行きが2倍、すなわち8倍に印象付けられるのだ。
 それ以外にも、サンプリングで必然的に現れる「偏り」や、怪しい「相関関係」など、統計で騙されないためのヒントが多く掲載されている。
 わが国の「社会調査」報道で不思議に思うのは、「誤差」がないことである。仮に社会調査のサンプルが母集団を代表していると判断しうるものだとしても、やはり調査の結果と実際の動向にはある程度の確率誤差や標準誤差が存在する。それなのにわが国の報道は、数字だけを見て比較することが多く、「誤差」を提示することはない。また、外部の調査を報道する場合も、その調査の信頼性を吟味することなく、ニュース性が高いものであれば即座に記事にしてしまう傾向があるが、情報の送り手であるマスコミがその点に無頓着であるならば、受け手である市民が「調査」報道やグラフにおける詐術を見破り、信頼できないものは拒絶するという姿勢を育てていくことが重要であろう。
 (〈思考のレッスン〉の2は市川伸一『考えることの科学』(中公新書)、3は谷岡一郎『「社会調査」のウソ』(文春新書)の書評に掲載してあります。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍統計でウソをつく法

2018/09/15 13:23

テレビCMの見方が変わる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:miya - この投稿者のレビュー一覧を見る

たとえば、ある健康食品を「よい」と言った人が95%!という円グラフが出たとする。昔はこのグラフだけだったが、最近は本当に小さくn=15なんてこの質問に答えた総数が出ている。
この本を読んでいれば、データの母数の少ないデータは信頼できないことがわかる。
こんなのは初歩のうちだが、知らないで騙される人がたくさんいるということは、この統計に対するリテラシー不足を露呈しているといえよう。

そう、だから以前進路指導をした生徒が、この本を参考図書にして推薦で合格した大学から課題を出されていたのだと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

学生時代を思い出しながら

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めいてつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

30年前、学生時代に統計学の先生の課題図書として読んだのを思い出して再読してみた。
統計学に詳しくなくても読むことのできる内容で、何十年も前に出版された本であるのにもかかわらず、内容に古さを感じさせないよい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本大好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

統計で騙す方法が書いてある。これを読めば騙されずに済むことも多いだろう。とても早く読むことができた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本書を読めば、もう、統計数字に騙されない!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、世の中にあふれている統計数字に、如何に私たちは騙されているかを明らかにしています。統計はそれ自体、正確に使えば、説得力があることは事実ですが、その利点を悪用すると、簡単に人を騙すことができます。統計に簡単に騙されないためにも、ぜひ、読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面白くて最後まで一気に読めました。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KTM777 - この投稿者のレビュー一覧を見る

身近にみるグラフや統計の数字、私自身この本に会うまではそういったものにまんまと騙されていました。この本はそういった統計のからくりをわかりやすく教えてくれるので、統計初心者の私でも最後まで面白く読めました。
今後はそういったものに少しは騙されずにすみそうです^^

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。