サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

厄除け詩集 みんなのレビュー

  • 著:井伏鱒二
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.9

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本厄除け詩集

2006/03/16 17:19

時に爆笑、時にしんみり、時に愉快に…

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

茨木のり子さんのエッセイを読んでいて
井伏鱒二さんの「厄除け詩集」の存在を知り、早速読んでみた。
彼の詩「なだれ」は知っていた。
なだれに乗っている熊の様子で、
一度読んだら、瞬時に映像がくっきり頭に描かれて
なんとも愉快な気持ちになる。
「逸題」の一節
「春さん蛸のぶつ切りをくれえ
それも塩でくれえ
酒はあついのがよい
それから枝豆を一皿」
この部分を茨木さんの家人が気に入って
すっかり覚えてしまったと言う。
「顎」
は娘と二人、お腹をかかえて笑った。
電車に乗っていて
顎のはずれた人を見たという内容。
こんなふうに淡々と
人を笑わせる詩をかけるのは凄いと思う。
「春宵」
は一緒に歩いていた友達が
溝に落ちたという詩。
最後の部分が
「気の毒だとはいふものの
暫時は笑ひがとまらなかった」。
こんな詩もあるのだなぁ〜と
静かに感動した。
彼の訳詩の一つで
「コノサカズキヲ受ケテクレ
ドウゾナミナミツガシテオクレ
ハナニアラシノタトヘモアルゾ
「サヨナラ」ダケガ人生ダ」
というのもある。
実にいろんな詩を生み出す人なんだなぁと
改めて井伏鱒二さんのことを知りたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本厄除け詩集

2004/09/25 00:35

忘れちゃならない詩人

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:北祭 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 会津八一は『渾斎随筆』の中で「国語を超えて翻訳をするのは容易なことでなく、ことに詩歌はとりわけむづかしい」と訳詩について語っている。支那の詩、とくに五言四句の絶句など「なんともてにおえるものではない」とため息をつく。

 けれども、仮に李白や杜甫が、同じ日本に生まれたとしたらどうか。いっそ文字の表面にこだわるよりも、「ずっと作者の心に入り込んで、中からほぐして、歌なら歌に、それを直す」といった心構えであればよい。そう考えた会津八一は、その数こそ少ないものの、悠々と万葉味あふれる訳詩を残した。次に唐詩選より一首。

   ●原詩●「照鏡見白髮」(唐)張九齡

   宿昔青雲志  宿昔ノ青雲ノ志。
   蹉柁白髪年  蹉ダダリ、白髮ノ年。
   誰知明鏡裏  誰カ知ラン、明鏡ノ裏。
   形影自相憐  形影自ラ相憐レムコトヲ。

   〇会津八一の訳〇

   あまがける こころ は いづく しらかみの

   みだるる すがた われ と あひ みる

 正直なところ、原詩の読み下し文をそのままに味わうことは難しいけれど、会津八一の和歌ならば分かる。なるほど訳詩も悪くない。

 ここで忘れちゃならない人がいる。詩人・井伏鱒二である。井伏鱒二は詩と詩人が大好きであったという。どうかすると小説よりか詩のほうが好きであったという話があるくらいである。漢詩の訳、自身の創作、それぞれ数は少ないが個性あふれる名作ぞろい。「照鏡見白髮」も訳してなさる。

   ◇井伏鱒二の訳◇

   シュッセシヨウト思ウテヰタニ

   ドウカスル間ニトシバカリヨル

   ヒトリカガミニウチヨリミレバ
 
   皺ノヨッタヲアハレムバカリ

 実に飄々とした歌いぶりである。これを「小唄ぶりの洒脱な訳詩」といったのは向井敏であった。ちょいと小説に飽きたら、井伏鱒二の厄除けが役に立つ。

   ◇なだれ◇

   峯の雪が裂け

   雪がなだれる

   そのなだれに

   熊が乗つてゐる

   あぐらをかき

   安閑と

   たばこをすふやうな恰好で

   そこに一ぴき熊がゐる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本厄除け詩集

2002/05/10 23:58

さよならだけが人生だ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:琴  - この投稿者のレビュー一覧を見る

あまりにも有名な「サヨナラダケガ人生ダ」の「勧酒」が収録されているのがこれ。読むまで知らなかったのですが、これは訳モノなんですね。聞くところによると、愛読者は「原作より断然いい!」とまでいっているそうです。
人生についての深い示唆に充ちた作品です。かっこいいです。でもやっぱり一番好きなのは「花ニ嵐ノタトエモアルゾ、サヨナラダケガ人生ダ」ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。