サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

解体諸因 みんなのレビュー

  • 著:西澤保彦
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本解体諸因

2014/11/28 00:02

「七回死んだ男」が楽しかったので、作家つながりで読みました。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:shingo - この投稿者のレビュー一覧を見る

「七回死んだ男」が楽しかったので、作家つながりで読みました。
解体ネタがコンパクトにまとめられている小説です。短編集の運命かもしれませんが、感情表現よりもネタ重視でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本解体諸因

2018/08/29 11:25

まるでパズルのような

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

西澤保彦氏のデビューです。
9編からなる連作短編集。

どの物語も解体(俗にいうバラバラ死体)された死体が出てくるのですが、
悍ましいような表現はされていないので読んでいて嫌悪や忌避する感じになることはありませんでした。
寧ろ、作者の考えたトリックの為の道具的な扱いにも思えてしまい、
日本語の遺体とか死体というよりも英語のBODYという表現がピッタリな気が読みながらしていました。

各話ともロジックと言えば確かにロジックな推理が展開がされるので、
物語や事件というよりも無機質なパズルとその解き方のような感じです。
この辺りは好き嫌いがハッキリとする点かもしれません。

三つ子の魂百までというのでしょうか、
デビュー作品からしていかにも西澤保彦氏らしさが存分に見受けられるので
ファンの方などは大切にしたい作品なのだろうなと思ったりもしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍解体諸因

2016/01/18 17:36

ばらばらばら

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヴァン - この投稿者のレビュー一覧を見る

題名のとおりバラバラ死体に論理的解釈を付ける短編集です。
基本的に各話につながりはありませんが、最後のの話は最後に読んで下さい。
デビュー作ということもあり、各所にあらがありますが、そこはご容赦を。
どの話も一応論理的解釈がなされ、中にはこんな理由もあったのかというような
びっくりするものもあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本解体諸因

2001/03/10 00:26

本格パズラー

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 バラバラ殺人事件を扱った短編集。基本的に論理で謎を解くという感じかな。ただ、その論理にかなり無理がある気がする。バランスも悪い。
 逆に言えば、笑っちゃうもの、ちょっとふざけたようなトリック、といろいろ変化があって楽しめるとも言える。
 もちろん、素直に納得できるものもありますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。