サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

80のテストで思考や判断のクセがわかる。

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朝に道を聞かば夕に死すとも。かなり。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

池谷さんの本を書評するのは、多分、これで3冊目。中村うさぎさんとの対談本以上に脳科学をわかりやすく教える本はもう出ないだろう…と思っていたら、出ました。

すごくわかりやすいミニテストが満載です。ブルーバックスもこういう本を売るようになったんですね。内容は大幅改定で、30項目のテストが80項目になりました。

「おわりに」で「文字数が少ないのは、手抜きではありません」と述べています。この本がしっかりしているのは、ちゃんと各項目に引用文献が記されています。

え?そんなの当然でしょ?って思っていると、意外と人文系で「超訳」とかコンパクトにしたものってインパクト重視な構成ゆえに、引用文献や用語集など、門前書からさらに進みたい人向けの補助線としての案内が不親切だったりします。

自分の脳にはクセがあるけど、「脳に偏見があること自体は罪ではありません。クセは成熟した脳のデフォルトです。」「脳を知れば知るほど、自分に対しても他人に対しても優しくなります。」と述べます。本書のテストをして「なんか多数派じゃなくて、やだなぁ」って思っても、多様性があるから人類は発展したのだから、それはそれで脳の個性です。

最近の社会の傾向として、人間の心について哲学や心理学よりも脳科学にその知見を求める傾向があり、汎脳主義かしら?ってくらいにバイオロジカルに性急に見取り図を知ることはヒトに安心をもたらします。

脳のMRIを見せて「こんな状態の時はこの領域が反応してます」ってのは「おおっ!」とビジュアルで感動する。脳の視覚化はなるほど、私たちに知的満足をもたらします。

でも、わからないこともいろいろあるのも事実で、この分野はまだ現在進行形の学問です。かなりの妥当性が「ありそう」な領域なのでその慧眼に圧倒されるのですが、脳は当面の必要に応じてぐにゃぐにゃ場当たり的な変化をした歴史があります。

脳科学が「良い、悪い」という道徳判断に道しるべを与える学問ではなく、価値判断を行う過程を分析する学問なんだという理解があればちょうどいい距離感が掴めるのではないでしょうか。

脳科学の本は10冊以上読んだけど、池谷さんは信頼のおける方だと推薦できます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

物事を決めつけないことを肝に

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

無意識のうちに、勘違い・判断間違いを引き起こす認知バイアス。その存在は知っているが、こんなに多岐にわたるとは思わなかった。日常でも非常時でも、決めつけた言動をとる際は、認知バイアスが働いていないか、一息おいて行いたいものだ。正しい間違っているというのは、人にとっての心地良さや快適さの度合いでしかなく、「好きか嫌いか」の問題に帰着するということを強く意識したいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

簡潔にして良心的な、認知科学(認知心理学?)への入門書

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もるたん♪ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一応、大学で心理学を専攻しているので、心理学を学んだことがない人よりは認知バイアスから自由とは思うが、目からうろこがポロリと落ちたところがたくさんあった。特に印象的なのは、「バイアスの盲点」と「情報バイアス」。自己理想化をしたがる脳を冷静に観察する。感情を立て直したいときは体の姿勢に気を付ける。これを意識するだけでも、日々違ってくるような気がする。ついつい下を向きながら歩く人(私)は、ぜひ顔をあげてみよう。
用語集、推薦図書もついていて、とても良心的です

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

脳の癖を知る

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:J.W - この投稿者のレビュー一覧を見る

脳が実際にどのように物事を見ているのかを、80の具体的な質問を通して紹介しています。巻末にはいろいろな錯視が載っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

これは面白い!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おどおどさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の心の動きや他人の心の動きをもっと知れるようになりたい。
自分はたまに空気を読まないことがあるから他人の心の動きを考えられる人間になりたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

思い当たる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:直美 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日常でも思い当たる事例もあり、楽しく読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

認知バイアス

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:卯月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

簡単な心理テストで自分の考え方の癖が分かる本。
自分の考え方の癖を知っておくと、当たり前だと思っていた事がそうでなかったりしてとても面白い。

ブルー・バックスなので文章が多いのかと思ったら、一項目がとても短い内容で構成されていてすぐに読める。
心理テストの出典が載っているので、更に興味があればそれを辿ればよい。

自分では気づかないココロの盲点を探っているのが「自分の脳」だと考えると何だかややこしい気もする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

クイズ形式で楽しく読める

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

認知バイアスという脳のクセを解説した本。クイズ形式なので難しい文章を読むとかではなく軽い気持ちで読めるし例題に沿って解説もあるので分かりやすかった。クイズに当たると少し嬉しいし楽しく読める。

読んでいると人間の脳は意外と大雑把だったりするのかなと感じた。面白かったのは歳を取ると記憶力が落ちると信じられているけど実際は衰えなくて、そう感じるのは衰えたという暗示を自分に向けてしているからというのと、人は失敗してショックを受けても自分の想像していたほどにはクヨクヨしないという話。こうなんだと思い込んでしまう事でそれに引きずられてしまったり、立ち直りが自分が思っているよりも早かったりとかを読むと人間って逞しいしみんな完全ではないんだなと思えて人という存在そのものに愛着が沸きました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

人間の心説明書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒトの心理に起こりやすい80項目を紹介。

何気なく感じていたことを文書化して説明
されているものも多く、納得できた。

改めて指摘され共感し、反省を促されたものも
いくつかあった。

人間の心説明書の役割を果たしている一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一応読みましたが。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:匿名 - この投稿者のレビュー一覧を見る

池谷裕二の新しい本ということで期待していたのですが、自分は著者の書いた他の本の方が良かった。好みの問題だとは思いますが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ココロ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

家族で読んでも、面白いなと思います。本当の自分を知る練習問題を家族や友人と一緒にやると楽しかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

11 件中 1 件~ 11 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。