サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

銀行狐 みんなのレビュー

  • 池井戸潤
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本銀行狐

2018/01/14 22:12

社会の変化が速く、内容の陳腐化が心配

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人気作家、池井戸潤の作品である。本書は短編集の構成となっているが、テーマはいずれも銀行業務に関するものである。その中でも日々の銀行業務に伴うトラブル処理に関するものである。

 金融機関にありがちなトラブルが本書では取り上げられている。「金庫室の死体」、「現金その場かぎり」、「口座相違」、「銀行狐」、「ローンカウンター」の5編という構成である。

 タイトルを見て、死体といえば殺人絡みで警察小説かとも思われるが、たしかにテーマは銀行業務に関するものであるが、主役は警察である。「現金その場かぎり」は1日の支店の終業時に計算が合わないトラブルである。このために何回も繰り返して調べ直す。金融機関としては悪夢であろう。しかし、巧みに現金を持ち出すというからくりである。

 「口座相違」も支店での顧客先の会社名入力ミスがテーマである。支店における中小企業への融資に関するトラブルである。このようなことはありがちであることは、素人の読者でも容易に想像がつく。タイトルにもなっている「銀行狐」では、帝都銀行総務部特命担当の指宿調査役が主役である。支店の顧客リストが外部へ漏洩するという金融機関にとっては大事件がトラブルとして取り上げられている。ここでも取引先の中小企業との関係が出てくる。

 最後の「ローンカウンター」は、警視庁渋谷署の刑事が主人公で、これも殺人事件が発生するのだが、銀行からの情報で事件を解決するという展開である。

 池井戸は元銀行員だが、それゆえに銀行関係のトラブルや事件を扱う小説が多いと言われている。しかし、池井戸の書く本書の短編はいずれも楽しめるもので、銀行の支店では実際にこれに近い事件が発生しているのであろう。池井戸の小説を全て読破してわけではないが、本書も執筆後数年が経過しており、金融機関の業務のありようも時間とともに大きく変化し、内容が陳腐化するのではないかとの印象を持った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本銀行狐

2014/04/12 23:27

ミステリー純度の高い作品群

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

池井戸潤の“銀行狐“はミステリー短編集。それぞれ独立したもので連作ではないが、ミステリーの純度が高く、物足りない感じはなく、ごちそう様でした、という感じ。
表題の狐は銀行に脅迫状を送った犯人の署名。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍銀行狐

2017/11/05 23:24

面白かった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本都ユーザー - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編集で、それぞれ楽しく読めました。
銀行勤めしていた著者ならではのディテールの細やかさが好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍銀行狐

2017/08/23 08:58

読みやすい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よいふろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビドラマをみて、この本を買いました。登場人物は違いますが、この作者のはだれにでも読みやすいと思います。おもしろかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本銀行狐

2016/09/07 01:24

銀行を舞台にしたミステリ短編集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒロユキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

池井戸潤氏の短編集は何冊か出ていますが、本書が一番ミステリ的な作品が多いのではないかと思います。
同じ池井戸氏の短編集でも『かばん屋の相続』のように人情味のある話は少なく、ミステリ・サスペンス系がお好きな方にはこちらをおすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。