サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

福島第一原発 1号機冷却「失敗の本質」 みんなのレビュー

  • NHKスペシャル『メルトダウン』取材班
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

原発事故

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カピバラさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

当時、1号機で水素爆発・その後3号機でも同じように水素爆発。さらに4号機でも建物建屋が爆発・2号機でもメルトダウン。燃料デブリを取り出すのは、2021年から。廃炉作業には30・40年はかかる。現場作業では2人の作業員の尊い命が失われ、吉田所長もガンで死去。当時の吉田所長の判断は正しかったのかが分かる1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

失敗の本質は大東亜戦争失敗と同じ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nobita - この投稿者のレビュー一覧を見る

さすがNHKの分析力。現場・現実・現物で判断。コミュニケーションミス、自己防衛、思い込みなどいつの時代でも通ずるミス。今の愚かな政治家どもが読んで熟知してほしい。でも、今の知的レベルでは無理か?
吉田所長さんが生きていれば、もっと再発防止策がわかったかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

福島第一原発事故の転換点となった事実に迫る1冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

3基もの原子炉がメルトダウンした福島第一原発事故において、事態の悪化を一気に加速させたきっかけは最初に水素爆発を起こした1号機でした。1号機の冷却には「イソコン」と呼ばれる非常冷却装置があったのにも関わらず、事故当時その設備が稼働していなかったという致命的な誤認がありました。1号機運転開始から約40年間、「イソコン」を訓練でも実際に稼働させてこなかったことが原因でした。なぜ原子炉冷却に最重要な設備の訓練が実施されてこなかったのか、関係者への取材と資料をもとに追及していきます。
後半は膨大なテレビ会議の記録から、なぜ「イソコン」の稼働状況を誤認するに至ったのかをAIを用いて解析した結果を報告しています。
NHKスペシャル取材班による丹念な取材を新書1冊にまとめた福島第一原発事故の記録です。NHK記者による執筆だけあって、文章が非常にわかりやすく読みやすかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

福島原発事故は十分避けることができたはず

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

3・11の最大の悲劇は,言うまでもなく福島の原発事故である.津波のことが表に出ていて,津波による電源消失が原因とされているが,それだけでは全てを理解したことにならない.
非常電源が回復するまでに,やれるべきことがあったのにできていなかった,という側面を指摘した本である.端的に言うと,イソコンと呼ばれる電源不要の冷却設備を動かしていなかった,というのがNHKの取材結果である.これが正しく動いていれば,非常電源が到着するまでの間の冷却がうまくいき,結果として水素爆発を避けることができた可能性がある.
では,何故イソコンを動かすことができなかったのか?それを安全装置の位置付けの歴史や,周辺住民への配慮などを関係させながら述べている.(全部書くとネタバレになるので,詳細は省略する.)
触れられた内容は,いかにも日本的なありかたを考えさせるもので,この問題に限定せずに,多くの読者の参考になるものと思う.「失敗の本質」は,第二次世界大戦中の旧日本軍の組織論を扱った本のタイトルである.「あまり進歩していないな」という意味が込められているのかも知れない.
読む前に想像した内容より,ずっと奥深いものであったと思う.できれば,テレビ番組も見ておきたかった.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

福島第一原発 1号機冷却「失敗の本質」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宮本武蔵 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「そのはずだ」「そんなはずはない」意識せずとも頭の中でよく使われる言葉である。福1では、上下の深い信頼関係がイソコン対応でマイナスに働いたとはなんともやりきれない感じがした。
日本人が持つ自分がなんとかしようと言う責任感の強さもマイナスに働いたことは今回だけではなくよく見られることだと思う。
しかし私が最も感じたことは3つある。
なぜこう決めたか、なぜ変更したかと言う核心を文書に残していないと言うことだ。物事の本質を記録に残さないと言うことは次世代に学ぶ機会を与えず、歴史を残さないと言うことであり人類が進歩して行くことを阻害することでもある。 現在の行政府においても公文書改ざんが行われており全く学習することを忘れた日本人を恥ずかしく思う。
次に、現場現物現実を直視することの重要性を再確認できた。特に個人的には、こんなはずでは、こうなるはずと既成概念や希望的観測にとらわれることが良くある。現実を見たくないと言う気持ちも働く。しかし現実をできれば自分の目で見て確認することが出発点だと思う。
最後は、吉田さんの人間愛を垣間見れたことが喜びだ。合掌

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。