サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

時計の科学 人と時間の5000年の歴史 みんなのレビュー

  • 織田 一朗
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

4 件中 1 件~ 4 件を表示

身近なものに、科学の目を!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:野間丸男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

5000年に及ぶ時計の歴史と、将来の時計を概観。
時計のありがたさが、伝わってくる一冊。

日時計、水時計、日時計、線香時計、砂時計、機械式時計、
腕時計、音叉時計、クオーツ、デジタル時計、原子時計

如何にして、見えない時間の存在を「見えるもの」にしてきたのか?
どのような先人たちの工夫創意あったのか?

時間に追われる現代を生きる我々の足元を見る一歩となれば!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

時間と生活の歴史

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Koukun - この投稿者のレビュー一覧を見る

時代が下がるにつれてどんどん細かく正確さを必要としてくる人と時間、それを実現するための手段としての時計。というような内容を期待したのだが、「時計の技術史」にとどまったのはやや残念。
技術史としてはわかりやすく書かれている。
知恵と工夫の極致としての機械式時計が短期間のうちにクウォーツにとってかわられる歴史を知っている年代なので、感慨が深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

時計の歴史を振り返る力作、、、だが惜しい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かき - この投稿者のレビュー一覧を見る

時計の歴史・仕組みについて丹念に解説した力作と感じた。
前半については、日時計や水時計の進歩など直感的に理解できるものが多く、また、機械式時計の黎明期において時計の不正確さが海難事故という命に関わる切迫した問題に直結しており技術開発の駆動力となっていた点は、非常に説得力があった。
一方後半については、第五章の「新興国の中には議論そのものの意義が理解できないとの国も多く」という記述が、まさに一般読者の感覚だろう。科学技術全般が実生活と乖離してきているとはいえ、もう少し、一般読者に親身になった説明がほしかった。
全体を通して、市販の高価な時計には長い歴史を経た技術が詰め込まれており、それだけの価値があるのだと納得させられた。ただ、時計の具体的な動きの説明が分かりにくいためイラストでの解説が多いとなおよかったと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

もっと大昔の事を

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:秋田讃歌 - この投稿者のレビュー一覧を見る

時間の概念⇒時計 に関しての、シュメール人を含めて、大昔の話がもっと欲しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。