サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

レトリック感覚 みんなのレビュー

  • 佐藤信夫
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本レトリック感覚

2015/11/08 09:42

本を読むときに思い出すことになる貴重な本になるだろう

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タヌ様 - この投稿者のレビュー一覧を見る

決して難解な本ではない。
すこし諧謔的な脱線も織り込んであり、スムーズに読める本である。
そして著者のオリジナリティの視座が存在する著作なのである。
長きにわたるロングセラーであることも頷けるものであった。買って損はないし、ふと参照したくなる座右感もある。
 レトリックというから口頭表現から生じた文章表現という展開で、まさにアリストテレスの読んだけどさっぱり使いこなせない弁論術と詩学の二作をこんな風に汲みとるんだろうなと、そんなことを思わせてくれたはじめての本だった。
 こういう分野が存在することも理解していなかったけど、落ち着いて文書を読みとくそんな作業を手助けしてくれるありがたい本ではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本レトリック感覚

2003/07/01 18:36

思考を生みだす言葉

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朝霧 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「あとにはただ、ことばばかりが残ったのだろうか」。

人間は、思考というものを言葉にせずにはいられないらしい。
感情や感覚や、そのほか、言葉にならないものを、なんとかして言葉におとしこむ。そんなことをいつもしているらしい。
ただ、そういった考え自体が、論文などの文章にあるものであることを考えると、どうも信用しきるのは、危ういともいえる。
実際、思考を言葉に落とし込むことは、「表現しきれないこと」を取り逃す可能性があるのだから。
この世の中は、けして、言葉にできるものだけで成り立ってはいない。

その無限の事象を、有限の言葉で表現しようとするとき、生じるのがレトリックなのだ、と作者はいう。
上にあげたのは、この本の最後の一文だが、これだけを見ても、この作者本人の、言語感覚のすばらしさが窺い知れるだろう。
半月ほども書けて読んだが、それだけ中身の濃い本である。
文章に、楽しく酔える本だ。文庫でこの値段はちょっと高いけれど、それ以上の価値はある本。
物事を考えるのが好きな人にはおすすめな本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本レトリック感覚

2004/03/08 21:14

だが、レトリックというと虚飾のイメージだが誰しもがすくなからず無意識に使っているはずの手法

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 レトリックというと、虚飾のイメージがあり、毛嫌いしていた時期が、私にはある。  文章は余計な飾りをつけず、素直にストレートに思いを表現すべきだ、と考えていた。欧米にもそんな時代があったらしい。しかし、文章は表現したい意味と思いを正確に伝える必要がある。たんたんと書き綴っただけでは、書き手の感情や思いはもちろん、事実そのものさえも伝わらないようである。表現方法に工夫がいるのである。
だいたい、事実というものも当人にとっての事実であり、他者にとっての事実とは同じことかどうか、解らないのである。事実をそのまま伝えるにも、表現の工夫が必要なのだ。ここでは主に比喩と繰り返し表現について、先人の解説と著者の見解を並べて、説明している。誰しもがすくなからず無意識に使っているはずの手法である。あらためていろいろな事例で説明されると、今後文学作品のみならず、各種プレゼンテーションを鑑賞するに役立つと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。