サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

新・日本の階級社会 みんなのレビュー

  • 橋本 健二
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (1件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

知識があれば面白いでしょう

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マグマ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本の中にいくつも、グラフが出てきて、非常によく調べて書いているという印象を受けました。
著者は階級を4つぐらいに分けて話を展開していますが、私はそもそもその階級の分類自体に馴染みがないので、読んでいてもあまり理解はできませんでした。
ただ、タイトルに書いているように、この分野の背景知識を持っている方でしたら、楽しく読み進められるのではと思います。

2回目を読んだので追記します。本書は文量が多く内容も難しいので読むのに苦労しますが社会で働く方々は知っておくべき問題を扱っています。
本書でも書かれていますがそもそも格差の存在を認識していない割合が多いようです。身近にある深刻な問題なので詳しく学ばなくとも、現状がどうなっているかは知っておくべきです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本新・日本の階級社会

2018/04/11 16:29

格差が広がる日本は「新・階級社会」

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジル - この投稿者のレビュー一覧を見る

2種のデータ調査結果を元に格差が広がる日本の現状を新・階級社会と再定義している。特に複雑な統計処理をしているわけではないが、内容理解のためには、種々のグラフをジックリと見ながら読み進める必要がある。

新・階級社会となった日本が取るべき方策が示されているが、過激な処方箋からは著者の思想背景が見え隠れする

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本新・日本の階級社会

2018/04/18 20:44

巷間言われていることをデータで裏付けただけの本

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

巷間言われていることをデータで裏付けただけの本。その労力には頭が下がりましたが、目新しさはありません。
 個人的には「階級」という言葉に違和感を覚えましたし、「自民党支持者は、排外主義と軍備重視に凝り固まったカルト集団」と言い切ったり、「可能性の一端は立憲民主党の躍進にあらわれた」と喜ぶ橋本氏の政治思想には全く共感できません。
 また格差縮小の処方箋として、資産税の導入や相続税率の引き上げや大学教育税といった荒唐無稽な提案もあり、あの悪夢としか言いようのない「民主党政権」を思い出したのでした。

 ところで、私は幼少の頃、四畳半一間に祖父母・両親・私の5人暮らしでした。社宅、公団住宅と住環境は改善しましたが、貧乏生活でした。無事大学まで卒業できたことに両親に感謝です。両親の教育への情熱もさることながら、終身雇用と社宅等の福利厚生に助けられたのも確かです。
 ところが、小泉によって、終身雇用が破壊され、非正規労働者の拡大で格差社会となりました。その延長線上にあるのが安部の大企業や富裕層に対する優遇策です。かと言って、モリカケ以外に関心のない野党には全く期待できません。日本社会未曾有の危機であることは確かです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本新・日本の階級社会

2018/04/25 08:25

反日政党の機関紙

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:express455 - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいて非常に気持ち悪い本。
著者が言いたいことは、格差拡大容認=排他主義=軍拡容認=自民党支持者で、その自民党支持者をカルトとまで言っている。
データを駆使しているように見えるが、実は著者の主張に見合うデータを引っ張り出してきた疑念さえ抱く内容です。
反日政党の機関紙や反日報道機関の記事のようで、最後はリベラル勢力結とまで言っており、全く信用ならない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。