サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

ケンタロウの和食 ムズカシイことぬき! みんなのレビュー

  • ケンタロウ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

家宝の肉じゃが、ここにあり

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おにぎり - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本人ってすごいと思う。
 なにせ、世界中の料理を毎日の食卓にのせて楽しんでいるんだから。中華にイタリアン、フレンチ、韓国料理、地中海料理…。
 いろんな料理がある中で、やっぱりホッとするのは、和食。海外に行った時、無性に懐かしく思うのは、お味噌と海苔の香りだ。
 けれど、料理初心者がいざ和食を作ろうとすると容赦なく襲い掛かる「ムズカシイ」の壁。その壁を見事に取っ払ってくれるのが、本書である。
 とにかくこのレシピだと、初めて料理を作る人でも「ムズカシイことぬき!」で、とても簡単に作れるのだ。しかも、美味しい(実食済み)。
 中でも、P.82の「家宝の肉じゃが」は、まさに参りましたの逸品だ。
著者の母で料理研究家・小林カツ代さん考案のものだそうだが、フライパンで終始強火で作る、目から鱗のレシピだ。
 今や、私の蒐集した料理本は200冊をゆうに超えているが、本書はそのきっかけとなった、思い入れのある一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

とっても便利

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:働くママさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ケンタロウさんのレシピ本は何冊か持っていますが、この本は意外とかぶりませんでした。和食の基本の3つの味、「甘甘こってり」、「甘あっさり」、「さっぱり」がのっていて(しかもどれもだしいらず)、それを肉や魚や野菜に応用できるので、レシピに際限なしです。厚揚げのごまあんかけなどのサイドメニューも豊富でした。これからどんどん活躍しそうな1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ケンタロウ料理は楽しい!魔法をかけられてしまった。

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:蜜香 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 男の料理本っていうのに興味がわき、方々でさがして見つけたのが、本書。 <くくっ> と思わず笑ってしまう料理の本である。
 最近、知り合いがファッションに対して、「むずかしいこと一切なし」 と言っていた。この言葉って、束縛されない開放感みたいなのが伝わってきて、最高! だなあと感じていた。当然のごとく? 本書のタイトル「〜ムズカシイことぬき!」に、惹かれて手にとった。
 まず、著者プロフィールに軽く目を通してみたら、なんと、母が、知名度が高い料理家、小林カツ代さん。 <親の七光りで料理家になったのか?> いえ、はっきりいって、そんなことはどうでもいいのです。だって、この料理本、めちゃくちゃ楽しいから。
 ケンタロウさんの“料理のモットー”というのが、 「簡単でおいしく、かつ洒落っ気があって、現実的なもの」。 若者独自の視点で作る楽しさ、食べる楽しさを大切にした 「また、たべたくなるもの」 を初心者、主婦、男性、その他、世代、性別を問わず提案すること。そして、“和食”のことを 「心のそこから優しい気持ちになれるような、そんな素敵な料理」(P4)という。
 本書は、レパートリーも写真も多く、材料は肉じゃが (4人分) 以外は、2人分。作り方も簡単だが、わかりやすく載せてある。それとは別に、ケンタロウさん自身のアドバイスがあるのだが、これがとっても愉快爽快! 私は、これらの楽しいアドバイスなどを読み、本書を購入したぐらいなのだ。
 P6〜7に、料理が楽しく得意になっちゃう 「ツボ」 のアドバイスがある。「「これさえちゃんとやれば」 と 「そんなことしなくたっていいんだよ」のツボ。どっちも大事な料理のツボ。でもムズカシイことはまったくない。(中略)ほんとは好きなように作ればそれでいいんだけど、 「こうするとおいしいよ」 ということを少しだけいっておく。それがツボ。———あとは肩の力を思いっきり抜いて作るだけ」。
 「たまごやき」 では、 「卵焼きは、あの角張った専用の焼き器じゃなきゃ焼けないと思ったら大間違い。そもそも俺はあの卵焼き器を持ってない。あるのはフライパン。(中略)甘くてふんわりのいかす卵焼きは、フライパンがあれば作れる」。(P10)
 「かき揚げ」 では、 「カリッカリでサックサクのかき揚げを作るためには、弱い火でジーッとジーッと揚げる。どんなに男らしくないと言われても、ひたすら弱い火でジーッと揚げる。(中略)ジーッとジーッと揚げたかき揚げは、いつまでもカリッカリでサックサクだよ」。 (P14)
これらを、読むだけで  <作って、食べる>  というのを想像させられるので、お口の中が洪水状態に! 
 P4〜P5の 「はじめに」 で、「——和食はどうもムズカシイ用語やお約束が多すぎる。鼻唄まじりにフフフンと作るには、なんだか気が重たい。だから、ムズカシイことはぬき、です。ムズカシイ技術はもちろん、ムズカシイ道具も、ムズカシイ用語も、ムズカシイ気分も、すべて、ぬき!(中略)「オトシブタ」 も 「メントリ」 も「料理のサシスセソ」 も知らなくったって、おいしい和食はいくらでも作れる」 というのだから、なんだか、気がらく〜になるでしょ? 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

見ても楽しい!こんな料理本なかった!!

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:モモ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 和食の本を探してたのですがどれも少しとっつきにくく、料理1年生の私にはもっと簡単に和食が作れるレシピはないのか探している所でした。そこにこの本。ケンタロウさんの本はいくつか見たことがありましたが、もりもり食べてエネルギーいっぱい! 的な本しか知らず、この本を見つけたときは即買いしてしまいました。料理に不慣れな私でも簡単に和食が作れたし、何より見ていてとてもおいしそうな和食たち。今までは精進料理的な和食を思い描いていましたが、180度くるりと変わった気がします。これなら和食もどんどん作ってみよう! と思える一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

和食を簡単に作ってみたい。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Blue Water - この投稿者のレビュー一覧を見る

和食で使う昆布の種類と各々の昆布の使い方は理解しているつもりですが、難しい事抜きで和食を簡単に作ってみたいので、購入しました。因みに、利尻昆布は高くて手が出ないので、羅臼昆布で我慢してます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

時短だが、センスがあります。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

和食というと、ちゃんと作れば時間や手間もかかりますが、ケンタロウさんのレシピは、省ける手間は省き、時短でありながらセンスがいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

初心者向け

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタばれあり、
一人暮らしを始めて自炊に初挑戦という人、特に男子にはおすすめだと思います。
ある程度料理のできる人だと「ん?」となるかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

タイトル

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルのむずかしいことぬきというのに興味をもち読んでみました。和食を比較的簡単においしく作れる方法がのっていました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。