サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

玻璃の家 みんなのレビュー

  • 松本寛大
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本玻璃の家

2009/07/05 12:25

新しい目撃者像

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

アメリカ・マサチューセッツ州コーバンが舞台。
廃墟となった屋敷での殺人事件の目撃者は、
相貌失認という障碍を負った少年コーディでした。

この屋敷の持ち主であったリリブリッジ家もまた、
70年前に鉄道事故と殺人事件に遭遇し、
双子の兄弟の確執などもあり、没落しています。

また、1960年代にヒッピーがこの屋敷に入り込み、
ドラッグで命を落とすという事件も挿入されます。

さらに17世紀から土地に伝わる魔女裁判の忌まわしい記憶。
その伝説的な説話と、現代の殺人事件やコーディとの繋がりが
よくわからない。小説では、コーディの相貌失認によって
その謎が解けた、としますが、それがどれだけ重要なことでしょうか。
どちらかというと、魔女裁判の謎が解けることがきっかけとなって
現代の謎を解くカギとなるほうがわかりやすいでしょう。

これらの4つの事件が(魔女裁判は弱いにしても)、
有機的に結びつきあい、最後の謎ときは見事。

ややくどいところが気になりますが、
筆致は常に冷静で、複雑な人物関係、
専門的な障碍や認知に関する知識もすんなりと頭に入ります。
とても手だれた筆運びです。

しかも目で見た情報と、記憶とを一致させることができず、
人の顔は(その障碍者によって違いがあるものの)認知することが
できないという相貌失認が新鮮な題材となっています。
目撃者が人の顔を見分けられないのは、新鮮です。

また探偵役の日本人留学研究生トーマによって
認知には、その出身国などの文化、アイデンティティが
深く根差されていると気づかされます。

このミステリーが、英語圏で書かれなければならない理由が
きちんと存在しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本玻璃の家

2010/03/27 17:14

ケレンと熱気

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わたなべ - この投稿者のレビュー一覧を見る

福山ミステリー文学新人賞第1回受賞作。ということで地方文学賞が講談社から?と一瞬疑問に思ったのだが島田荘司が選考委員ということなのだった。そしてまあいかにも島田氏がみそうなケレン味の強い作品で一読納得読了後流石の傑作だった。
舞台はアメリカ・マサチューセッツ州の片田舎、ガラス製造で財を成した富豪があまり幸福でなかったとされる晩年に閉じこもったという鏡とガラス窓のない屋敷に忍び込んだ少年が、謎の人物が死体を燃やしている場面に遭遇する。命からがら逃げ出した少年は、おそらくは殺人犯であるその姿を見たのだが、しかし彼は人間の顔が認識できない脳の障害を負っていたのだった……という物語。正直、ある程度ミステリーを読み慣れた読者であれば犯人の見当はすぐについてしまうのだが、この作品の場合、そもそも顔を認識できない少年が如何にして犯人の顔を同定するか?が焦点になっており、この変則的なフーダニットに、街の忌まわしい記憶である魔女狩り事件の真相、屋敷を会ってた富豪の双子の弟との確執と殺人事件の真相、ヒッピーの時代に起こった麻薬パーティによる死亡事件の真相、という三つの時代に分岐した「真相」が「人物の同定」というテーマをめぐって絡み合うという極めて複雑な構成と相俟って、独特のめくるめくような読書体験を味あわせてくれる。少年の障害をめぐって脳学者と心理学者がさまざまな専門的知見を述べるシーンが続き、そこに過去の事件への多くは机上の想像による推理が結びついていく展開はミステリと言うよりもほとんどSFの領域に近く(一種の歴史-改変-ミステリでもある)、なかなか無理があってさすがに無茶だろとかやり過ぎだよとか思わないでもないのだが、とにかく力技で突っ切る感じがいかにも処女作らしく熱気があってなかなか感動的でさえある。もっとも、登場人物がいまひとつ魅力的でないのと、少年はいったいこれからどうなってしまうんでしょうかという暗澹たる読後感を残すあたりは、もうちょっと何とかならなかったのだろうかという気がしないでもないので、今後の課題はむしろ読者を安心させる類いの安定したストーリーテリングだろう。「いい話」ではないが「強烈なミステリー」を読みたい人にはオススメの逸品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本玻璃の家

2019/02/09 16:25

まずまず

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クレメル鯰 - この投稿者のレビュー一覧を見る

作中でも示唆されているとおり、犯人にはそれほどこだわっているわけではない-ただそれを差し引いてもかなり序盤であからさまに怪しすぎて見当をつけやすすぎるのはどうかと思う-が、かといって手がかりやロジックにサプライズが仕込まれているわけでもないので読後はやや微妙な印象になってしまった。それと、1692年の事件が浮きがちなのやオチが必要以上に込み入ってしまっているのも気になるし、選評で言われてるほど地の文もいい描写はあるのだが、これは事件の性質上仕方ないところもあるけれどそれほど書き込まれておらずそれもその印象に拍車をかける。
あくまでも、この作品の中心となっているのは「相貌失認」といった症状そのものといったところだろうか。
手がかりや伏線が不足気味だったりするが、アカデミックな部分も興味深く読めたり最後の演出など驚かされる部分もいくつかあり、事件の繋がりや真相もまずまずであるので検査や捜査が中心となることもあり地味ではあるがデビュー作としてミステリへの意欲が伝わる新人らしい本格ミステリと言えるのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。