サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

読書介助犬オリビア みんなのレビュー

  • 今西 乃子, 浜田 一男
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本読書介助犬オリビア

2009/12/12 21:35

本と福祉がつながるとき

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書との出会いは、図書館の新刊書架。

表紙に絵本を読む犬がいる。

目は前を見つめているけれど、左前足はしっかりと本に置かれている。

読書介助犬?

はじめての見る言葉だった。

米国には、いろいろな種類のセラピー・アニマルがいるらしいと、
少しだけ知っていたが、「読書介助犬」については、
この本に出会う瞬間までまったく知らなかった。

日本でアニマル・セラピーと呼ばれているものは
大きく2つに分かれるという。

  動物介在療法=AAT(Animal Assisted Therapy)

  医療の一環として、専門知識を持つ医師や看護師、
  動物の飼い主であるボランティアなどが協力して行うものをさす。

  実際に対象となる患者はリハビリなど、
  具体的な治療の目標を決めて、計画的に行っていく。


  動物介在活動=AAA (Animal Assisted Activity)

  病院や施設などを訓練された動物が訪問するというかたちをとる。

  こちらは、動物とふれ合うことで人が癒されるという効果を利用し、
  患者のストレスなどを軽減することなどが主な目的となる。


本書の人間の方の主役である、看護師・サンディは、
後者を取り入れたいと考えていた。

  サンディはいままで、病に苦しむ患者の心の内をだれよりも多く見てきた。

  心から誠意をもって看護に当たってきたという強い自負もある。

  しかし、人間の自分ができるのは、目に見える傷や病気の手当てだけであり、
  病によって閉ざされた人々の心の闇は想像以上に深く、濃かった。

サンディは、医療機関や福祉施設などにもセラピー犬の受け入れを訴え、
NPO団体のボランティアの一人としてセラピー犬活動の普及を行うようになった。

サンディにとっての最初のセラピー犬となるオリビアとの出会いは、実に劇的だ。

サンディは、自分のかけがえのないパートナーとなり、
セラピー犬となる犬を探すためにアニマル・シェルターに通っていた。

彼女は、仕事をもち、ひとり暮らしをしている身には
負担が大きすぎると考えていたため、
当初は子犬を引き取るつもりはまったくなかった。

何回かシェルターに通ううちに、希望の成犬が見つかったのだが、
そんな彼女がなぜ子犬だったオリビアを引き取ることになったのか。

そのエピソードは、直接味わってほしいのだが、
サンディとオリビアには深い縁があったのだと思う。

自分とオリビアにどんなセラピーができるだろうと考えていたサンディが、
子どもが犬に絵本を読み聞かせるというアイディアを思いついたのもまた、
彼女が絵本好きだったところから生まれた、まったくの偶然の思いつきだった。

本好きだった彼女は、図書館ともなじみがあり、
ソルトレイクシティ中央図書館の宣伝部のマネージャー・ディナとも懇意だった。

サンディから「子どもたちが犬に本を読み聞かせするプログラム」について聞かされたディナは、
最初からそのプログラムが当たると思ったわけではなかった。

だが、初の試みで話題性があるならやってみようということで了解したのだった。

でも、他の職員を説得できるのかがディナは気になった。

サンディは、ここでこのプログラムについてこのように語った。

「説得理由はこうよ! 
子どもたちがうまく本を読めなくても、スペルをまちがえて発音しても、
犬は決して笑わない、ばかにしない、ただだまって聞いてくれる。
それによって、子どもたちは自信がついて、
本を読むのが好きになる! ね、どう?」

そして、プログラムの名前は、R.E.A.Dプログラム。

READは、読むという意味だけでなく、
"Reading Education Assistance Dog"(読書介助犬)の略だった。

本書では、様々な理由で本が嫌いな子どもたちにスポットが当たる。

エビイは、幼児期に軽い聴覚障害があったため、
祖母が心配して読書を勧めすぎたことが原因で、
かえって読書が嫌いになってしまった女の子。

ザッカリーは、サンディの親友のロリの孫息子。

読むのが苦手でみんなの前で当てられて読まされるのが大嫌い。

読み方をからかわれたりして、学校に行くことも苦痛になっていた。

ザッカリーは、特に本書ではその言葉は書かれていなかったが、
ディスレクシアの傾向があったのだと思う。

サンディは、自身が絵本が好きで、
「絵だけが描かれている本であっても、"読書"はできる」という信念の持ち主だった。

「ストーリーを絵から創造することは、子どもにとって、
もっとも楽しい読書である」とも考えていたので、
ザッカリーに、絵を見ながら自分でお話を作ってよいと言った。

ザッカリーは、絵を見ながら、わずか1、2行のテキストを読み、
さらにお話をくわえてオリビアに語り聞かせ、
絵本を読むことを楽しんだのだった。

図書館のREADプログラムが成功したため、
ベニオン小学校でも採用することになった。

ベニオン小学校の学区には移民が多く、
母語が英語ではない子どもが大勢いた。

経済的にも貧しい家庭が多く、
安定した生活環境にない子ども達が集まっていた。

学校の成績も平均して振るわなかったので、
サンディはこの子どもたちの力になりたいと思ったのだ。

身なりを整える習慣さえついていなかったエイプリルは、
みんなに会うときはオリビアもブラッシングして歯を磨いてくるのだと教えてもらい、
身だしなみを整えるようになる。

心が不安定で物を壊したり、先生に反発ばかりしていたショーンは、
少しずつ心を開いてくる。

けれども、READプログラムだけでは、
解決できないような苛酷な環境に子どもたちは生きていた。

うまくいったケースだけではなく、
どうすることもできなかった過酷な現実も、
本書は、きちんと書き抜いている。

福祉関係者やボランティア、そして、学校関係者でさえも、
読書の効能を知っている人は少なく、
また、図書館関係者やボランティアで、
福祉的なプログラムを知っている人は少ない。

サンディは、看護師という職、
犬が好きで、絵本が好きということを、
見事に生かしてこのプログラムを生み出したのである。

私は、自身の問題意識から人間の方にスポットを当てたが、
犬の魅力もたくさん詰まっている。

本好き、犬好き双方にオススメしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本読書介助犬オリビア

2017/02/20 14:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タタ - この投稿者のレビュー一覧を見る

犬に絵本を読み聞かせてみようという発想がすごいなと思いました。なかなかユニークな発想で福祉についても考えられる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本読書介助犬オリビア

2013/05/16 18:46

ワンワン!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かりんこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

あってみたいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。