サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

織田信長 みんなのレビュー

  • 山岡荘八
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本織田信長 1 無門三略の巻

2002/01/14 18:10

会社を休んでまで

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みえこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 戦国時代の小説を読んでみようと思い、1番興味のあった織田信長を読みました。あまりの面白さに笑ったり泣いたり怒ったりし、時間を忘れ気がついたら明け方になっていました。このまま終えるわけにも行かず、会社に子供が風邪を引いたから休ませて欲しいと電話をし、子供を保育園へ行かせ、2日かけて5冊をいっきに読みました。織田信長の幼少からあの本能寺までことこまかに書かれていて、とても面白い作品なのでぜひぜひ読んでみてください!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本織田信長 1 無門三略の巻

2003/10/07 19:31

人間織田信長

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

山岡荘八さんといえば「徳川家康」(全26巻!)ですが、まずは全5巻の織田信長から。

今川義元を討ち取った桶狭間の戦い、姉川の戦い、浅井長政との戦い、本願寺の焼き討ちなど戦国武将だけに戦の話も多くありますが、どの戦もやはり戦っているのは人間。
その武将武将の個性や、家そのものがもつ気風、そして時勢などが複雑に絡み合って、ドラマチックです。

戦自体は、天下統一という、ある意味今では有り得ないステータスを得るための野心からというよりも、目的は戦国の乱れを収めるためであり、止む終えない流血という面もあったんだという事がわかります(当然野心もあったかとは思いますが)。

戦国時代という生命がかかった混乱の中でも、人間は自分の性質を捨てられない。
そのことが哀しくもあり、綺麗でもあります。
死はあらゆる財産やステータスを超えたところにやってくるもの。
むしろ死を意識する機会が多いからこそ、確実に自分が所有していると言えるものが自分の信念や想い以外にはないと分かっているのかもしれないなと思います。

極限状態の中の決断だからこそ透けて見える意志の強さ・重さが、戦国時代の小説を読むときの醍醐味ともいえるでしょう。

戦に関する重い話もある一方、信長の天才的な戦での采配や、経済的な施策、人を見る目の確かさにも驚かされます。
傭兵制をとった点(兵農分離)、楽市楽座、豊臣秀吉が代表的ですが農民からの人材登用、鉄砲の積極的使用など、この点については色々な書物で分析されています。

この本はそこだけにフォーカスがあたっているわけではなく、信長が吉法師という名だった元服前から本能寺の変まで、織田信長を取り巻く人間関係が軽妙に描かれています。
信長のお目付け役であった平手政秀、正室である濃姫、徳川家康、家来である豊臣秀吉・明智光秀・前田利家・柴田勝家など、個性豊かな登場人物と信長とのやりとりがコミカルでもあります。

信長は衣服や装飾品にもセンスがあり、南蛮物を取り入れたり、豹柄の皮を2種類使った袴を履いていたりと、なかなかのおしゃれさん。

この本で人間 織田信長を感じることができ、ますます信長が好きになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本織田信長 5 本能寺の巻

2003/02/10 22:07

鳴かぬなら?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:一社会人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

鳴かぬなら殺してしまえ、ホトトギス。でお馴染みの信長だが、彼が目指していたものは「平和」とそれを一代で一気に実現するための「徹底した現秩序の破壊」「人情に通じること」「人材を発掘し思い切って登用すること」「活用できるものなら裏切り者になり得るものまで活用すること」などなど現代を生きる自分にもいろいろな示唆をしてくれることがわかる。決して単なる短気で残酷な人でなく、本物の英雄とは、本物の男とは、を教えてくれる人と思わせる、信長の魅力を見事に描いてわかりやすい書籍でした。
最初に信長を小説で読むなら是非この本をお勧め!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本織田信長 5 本能寺の巻

2003/02/09 07:31

初めて読み切りました。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:亀  - この投稿者のレビュー一覧を見る

今まで最後まで読みきった本は無かったのですが、これは続きが欲しくなる程面白かったです。信長を中心に戦国時代に生きる侍達の生き様を分かりやすく、面白くのびのび描いています。羽柴秀吉はどの様に出世したのか、柴田勝家や前田利家の活躍、明智光秀や滝川一益、佐久間信盛、森、林など家来達の働きや苦悩などの話も盛り沢山で飽きません。勿論、若き日の徳川家康や武田信玄、上杉謙信も出てきます。有名な田楽桶狭間の合戦や比叡山の焼き討ち、長篠の合戦や本能寺の変と山場が所々にあります。読み終えた頃には、誰か好きな武将が一人か二人いるかもしれません。次は豊臣秀吉全8巻をどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本織田信長 4 天下布武の巻

2019/01/31 21:59

金ヶ崎から長篠の戦い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

金ヶ崎から長篠の戦い直前まで。
信長の一番苦しい時期だからヒステリックになってるときもあって読んでてこっちも苦しくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本織田信長 5 本能寺の巻

2019/01/31 21:58

信長と光秀のすれ違い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

中盤以降の信長と光秀のすれ違いがもどかしい。
光秀は神経質で考え込むタイプだけに一度の失敗をいつまでも引きずって別の失敗をしてしまうという悪循環にはまっちゃったんだよね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。