サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

ST警視庁科学特捜班 みんなのレビュー

  • 今野敏 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー28件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (21件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
28 件中 16 件~ 28 件を表示

ST 緑の調査ファイル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルからして翠に関わる話だろうと思った。
案の定、素敵なバイオリンの音色が聴こえるような、その中でより一層STのチームワークが高まる様な、そんな作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ST 黄の調査ファイル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつもとちょっと違って、しーんとした静けさが加わったSTだった。
メンバー一人一人に注目したこのシリーズ、キャラクターがより明確になって距離感縮む気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ST 赤の調査ファイル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

あ〜あ、また読んじゃった!
終わっちゃったら寂しいだろうなから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ST 青の調査ファイル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

うーん!やっぱりSTは、外さない。
一気に読んでしまった。
ストレス解消には、こういう本を読むのが一番!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ST 黒いモスクワ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっぱりSTは面白い。
特にちょっと気だるい朝、電車内で読むと「よし、今日も仕事頑張ろう。」という気になる。頭も気持ちも疲れないのが良いのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

為朝伝説殺人ファイル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

STは、裏切らず面白い。
読み始めると寝る間も惜しんで一気に読んでしまうので注意しなくてはいけない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ST沖ノ島伝説殺人ファイル

2016/02/24 23:47

伝説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

沖ノ島で殺人事件発生。STが捜査に向かうが、宗教上の理由で上陸さえままならない。実際、日本には禁制の山や島が今なお、少なからずある。こういた土地を舞台にしたのは、今野氏ならではの発想。ただ、人間うそ発見器など異能の捜査員たちと伝説の組み合わせは、評価すべきかどうか迷うところ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本青の調査ファイル

2013/04/27 20:10

★★★★

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆーき - この投稿者のレビュー一覧を見る

ストーリー、すごくすきです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ST警視庁科学特捜班

2012/01/13 14:47

あまり考えずに楽しもう!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

新しい試みとして設置された警視庁科学特捜班。構成員は科捜研のツワモノである5人の超優秀な科学者たちと、チームをとりまとめるキャップこと百合根友久警部。その超優秀な科学者たちとは一体どういったメンバーかというと…まず、1リーダーで法医学担当の赤城左門。掘りが深い顔立ちに無精ひげを蓄えたセクシーな一匹狼。ただし、極度の女性恐怖症(ほっといても女性が寄ってくる人物なのに、勿体ない)。次に、2古式武道の達人で第一化学担当の黒崎勇治。化学事故やガス事故が専門。嗅覚が異常に発達している。3犯罪心理学者の青山翔。プロファイリングや文書鑑定が専門。男でも思わず見とれてしまうほどの美青年。秩序恐怖症で整理整頓された部屋が落ち着かない。4セクシーなボディをセクシーな洋服に包んで登場する結城翠(女性)。物理担当。30メートル先の話声でも聞き取るという聴覚と絶対音感の持ち主。音声解析能力は秀逸。閉所恐怖症。5曹洞宗の僧侶にして薬物担当の山吹才蔵。専門は薬物。殺人現場では被害者に読経をあげる。

事件の発端は東京の中野区起こった残虐な殺人事件。この事件の捜査にあたってSTが召集される。そして第一の事件の後にまた中野区で殺人事件が起こる。事件の共通点は外国人女性が被害者ということと、中野区で発生したということ、そして被害者が性的暴行を受けていたということ。しかしその殺害方法は全く異なる。これはマフィアの報復かそれとも連続殺人か、いや、単なる模倣犯なのか。捜査がなかなか進展しない中、STメンバーはそれぞれの能力を生かし、事件を解決に導いていく。



優秀すぎるメンバーを集めた超優秀集団が警視庁科学特捜班。ただし、出る杭は打たれるというように、優秀すぎるということは時に周囲になじめないということでもある。もちろん個人差はあるが、少なくともここにいる5人の科学者たちは優秀だけれどもどこか周囲から浮いていて、それでいて浮いていることなど全くもって意に介さず。現場の刑事たちとうまくやろうという気などさらさらない。

一方、現場の刑事といえば「科学者に何がわかる。事件は足を棒にして解決するもんだ」というのがほとんど。彼らはSTなんて信用しない。自分たちのやり方こそ捜査の王道だと信じている。事件への取り組み方が正反対のたたき上げの刑事と、STメンバーの間にはもちろん溝ができる。しかしSTメンバーはそんなことを意に介さず、ますます刑事の反感を煽ることになる。

そこで登場するのがSTのキャップである百合根友久警部だ。30歳の若さで警部になったキャリア組。科学者でもなければ、地を這って調べるというような泥臭い刑事経験も皆無。それでもって人が自分のことをどう思っているかが常に気になる小心者。コミュニケーション能力があり、刑事とSTメンバーの潤滑油になるべく日々、頭を悩ませ、ついでに胃を悩ませている。

5人の個性的なメンバーが発する個性的な言動はユニークで思わず噴き出してしまう。それに加えて、刑事の捜査とSTの事件へのアプローチ方法との対比、確執や掛け合いもなかなか面白い。しかし、一番の読みどころはSTの事件へのアプローチだろう。事実や理論、データに基づく分析、そのすべてが説得力があり、捜査初心者のSTのお世話係に任命された現場の刑事をもうならせる。

このSTはシリーズ化されているので、他の作品もこれから是非是非読みたいと思うけれど、一度読んだシリーズ作品をもう一度読み返したい、とは思わない。科学者らしく真実の追究を核にした作品なので、何度読んでも同じ感想と同じ印象しか持たないだろうことが目に見えている。ただ、読み物としては読みごたえがある。あまり考えたくない時などの気楽な読み物としてどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ST為朝伝説殺人ファイル

2019/07/18 18:45

ST 為朝伝説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:neige - この投稿者のレビュー一覧を見る

ダイバーの死亡事故が発生。
伊豆大島、奄美大島。
どちらも為朝伝承の地だった。
・・・本当に呪なんてあるのか?
「為朝伝説」を知らなかったので、興味深く読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読みやすいです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よいふろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

このシリーズが読みやすかったので買った中の一つです。特殊な人の集まりの科学捜査?チームで、名前にみんな色がついていて、一応その人が主役という感じですが、ものすごくスポットがあたっているという感じでもないかんじで、とにかく読みやすいです。どのシリーズから読んでも、大丈夫です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ST警視庁科学特捜班

2002/07/08 16:39

こんな特捜班がいたら…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 恐ろしいほど個性的な、一種の才に恵まれているからこそどこか普通とは違う部分を多くもつ5人の人間が、特捜班のメンバーとして活躍する話だ。5人の能力にわくわくし、どうその力が発揮されるのかを楽しみにしているうちに、あっという間に1冊読めてしまう。
 たまにはこんな一風代わった、個性派ぞろいの事件ものも読んで見るのもいいのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ST警視庁科学特捜班

2002/07/05 23:56

個性のかたまりのような科学特捜班メンバーの活躍

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山村まひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 女性恐怖症の一匹狼・赤城左門、武道の達人のサムライ・黒崎勇治、僕、帰っていい? がくちぐせの青山翔、異常に聴覚が発達したお色気美女・結城翠、そして、曹洞宗の僧籍を持ち、現場で経を上げる山吹才蔵。
 法医学、科学、文書鑑定など専門分野で他の追随をゆるさない特殊な才能を持つメンバーばかりの「科学特捜班」の面々が、猟奇殺人事件の謎を解き、真相に迫るシリーズの第一弾。


 一癖も二癖もある…というより、個性のかたまりのような顔ぶれの5人が、好き勝手にふるまうので、彼らを機嫌いする刑事などもおり、捜査現場ではさまざまな軋轢がおこるし、捜査も一筋縄では行きません。

 5人か〜、赤城に黒崎に青山? 翠に山吹…おお、これはゴレンジャーのような…と思ったら最後の「解説」で西上心太さんも、その点に触れておられて、納得。
 この特殊な才能を持つ科学特捜班のメンバーの活躍を、あなたもぜひ読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

28 件中 16 件~ 28 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。