サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

ST警視庁科学特捜班 みんなのレビュー

  • 今野敏 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー28件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (21件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
28 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本ST為朝伝説殺人ファイル

2019/07/18 18:45

ST 為朝伝説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:neige - この投稿者のレビュー一覧を見る

ダイバーの死亡事故が発生。
伊豆大島、奄美大島。
どちらも為朝伝承の地だった。
・・・本当に呪なんてあるのか?
「為朝伝説」を知らなかったので、興味深く読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黒いモスクワ

2019/07/02 22:56

予定調和的な面白さ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

今野敏『黒いモスクワ』を読みました。
警視庁科学特捜班STのシリーズです。
このシリーズを読むのは9冊目ぐらいなので、予定調和的な面白さというか、安心して楽しめました。
しかし、このミステリーとは全然趣が違うのだけど、ロシアでの暗殺事件は、まさに“黒いモスクワ”と言えるような事件みたいですね。
だれがやったかわからないけれど、暗殺だけはやめてほしいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ST、神に挑戦!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

STは今度は徳島県へ出張です。

事件は「神の島」と呼ばれる島全体が宗像大社沖津宮の御神体で、「許可なく立ち入りできない(女人禁制)」「島の物は持ち出してはならない」「島で見聞きしたことは島の外で話してはならない」という禁忌のある沖ノ島で起きます。この禁忌のため、沖ノ島の港湾工事中に海に死んで浮いているところを発見されたというダイバー(臨時雇いの作業員)に関する事情聴取が難航し、よそ者のSTなら科学の名のもとに禁忌と戦うできるという期待がかけられます。

県警では事故かどうか判断がつかないということで、司法解剖もコストの関係上しないでいたので、赤城が俄然やる気を出して出張に前向きになり、飛行機が嫌だとぐずり翠に眠剤を処方して引っ張っていくあたりが可笑しいです。解剖の結果「他殺」が確定し、事件の大筋は青山と山吹がそれぞれのアプローチで推理し、同じ結論に辿り着きます。翠と黒崎は「人間嘘発見器」として聞き取り調査で活躍します。その際菊川警部補も刑事として鋭い質問をして捜査に貢献してますが、例によって班長の百合根警部は「読めない」「分からない」「キャリアとしての生き方」などなど悩みが多く、何のためにいるのかよく分からない感じですね。ずば抜けたスペシャリストたちを部下に持つ平凡な中間管理職とはこういうものなんでしょうかね。

この作品もストーリー展開が速く、あっという間に読んでしまいましたが、第2弾の「桃太郎伝説」の方が面白かったと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

歴史上の人物の伝説モチーフが興味深い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『為朝伝説殺人ファイル』では、源為朝ゆかりの地である伊豆大島と奄美大島で連続してダイビング事故が起き、テレビのワイドショーでその二つの事故と為朝伝説が結び付けて話題にされ、その続きのための取材に沖縄へ行った女性キャスター小西律子が為朝ゆかりの運天港で水死体となって発見されます。為朝の呪いかと噂が広がり、社会的な影響を鑑みてSTの出動となります。

私は源為朝という人物を知りませんでしたし、従ってこの人にまつわる様々な伝説というのも知らなかったので、それらをモチーフにしたこの作品はそれだけでもっ興味深いものでした。

事件そのものは見立て連続殺人でも何でもないのですが、一度連想が出来上がると人は往々にしてそれに囚われてしまう(先入観を持ってしまう)というのが面白いですね。

テンポのいいストーリー展開で、あっという間に読み切ってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

クロサキは実はすごい策略家だった!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

色シリーズ第5弾の『ST 警視庁科学特捜班 黒の調査ファイル』は犬のごとく鼻が利く第一化学担当にして武道の達人の黒崎勇治が活躍するエピソードです。

舞台は新宿歌舞伎町。携帯のワンクリック詐欺に遭った役者志望の男が、復讐するために仲間を集めます。その中に美作竹上流の者がおり、彼が黒崎をこの計画に引き込みます。

一方STは歌舞伎町で起きている原因不明の火事の原因究明のために出動します。その裏には中国マフィア同士の抗争があるようで、所轄の強犯のほか組対も捜査に加わりますが、両者の組織的摩擦が浮き彫りになります。

また、火事の前には怪奇現象が起こるらしいが、それと火事の発生とはどう関係するのか翠が主に調査します。

さて、詐欺の復讐のために中国マフィアの大物の名前を騙ることと、火事の捜査はどのようにつながっていくのか。黒崎の無口だけれどもかなりの策略家ぶりが発揮されます。

マフィアがらみの話ということで、かなり緊迫感に溢れたエンタメ性の高いエピソードです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

翠の苦悩と菊川警部補の意外な一面

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

新東京フィルとのコンサートを控えている人気バイオリニスト柚木優子の持つ1億円の名器ストラディバリウスが盗難に会い、その社会的影響の大きさから捜査本部が立ち上げられ、STも出動することになります。バイオリンはコンサートのリハーサルの際にすり替えられたらしい。出動したST翠の異常な聴覚に、オーケストラの指揮者・辛島は興味を示し、もしかしてラブロマンスに発展するかも?というような展開があります。

盗難の捜査が難航するなか、コンサートマスターが柚木優子のホテルの部屋で殺されてしまいます。彼は辛島とともにコンサートの打ち合わせに優子の部屋に来ており、優子は途中で取材が入っていたので部屋を出て、辛島も出て行った後に殺されたようだった。部屋には内側からチェーンがかけれれており、密室のようになっていました。

盗難と密室殺人のトリックは青山翔が謎解きしますが、翠はその驚異的な聴覚を持ってなぜバイオリンがすり替えられたのかという動機の方に迫ります。彼女の犬笛すら聞き分ける超人的な聴覚を持つが故の苦悩も描写されているのが印象的です。

捜査一課のST連絡役ということになっている菊川がクラシックファンであるという意外な一面も。辛島や優子の前で緊張しているところがちょっとかわいい感じです。

また、STにも反感を持ち、音楽にも興味を持ってなさそうな所轄の盗難担当刑事が捜査の間に優子の生演奏を聴いて「心を盗まれた」と言い張り、コンサートに招待させるあたりがなんというか、おかしいです(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

宗教談義が多い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

色シリーズ第三弾『黄の調査ファイル』は第二化学担当で曹洞宗僧侶でもある山吹才蔵が活躍するエピソードです。

あるマンションの1室で若い男女2人ずつが一酸化炭素中毒で死亡しており、検死官の川那部は例によって「集団自殺」ということで済ませようとしますが、STは所轄の綾瀬署と他殺の可能性を捜査します。死亡した4人は新興宗教団体「苦楽苑」の信者でした。苦楽苑のトップとナンバーツーの意見の対立など、入り組んだ宗教団体内の人間関係と、揺れ動く人間心理が浮き彫りにされます。曹洞宗僧侶が捜査する宗教団体の関係する事件ということで、自ずと宗教的議論に多くページが割かれます。そして山吹が、事件だけでなく人の心の裏側を解き、多少なりとも癒しを提供してます。

百合根警部が山吹の実家の寺に容疑者の監視という名目で座禅を試しに入り、結構座禅にはまっちゃうところが面白いです。意外に早くコツが掴め、うまく力を抜くことができる彼は、勘がいい人なのでしょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

医療制度のゆがみが浮き彫りに

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ある男性がインフルエンザで紹介状なしに大学病院にかかり、処方された役に対するアレルギーが元でTEN(中毒性表皮壊死症)またはSJS(スティーブンス・ジョンソン症候群)の症状で夜間に救急車でその大学病院に搬送され、死亡します。遺族が医療訴訟を起こしたため、赤城が鑑定医の一人として事案に関わりますが、裁判は敗訴。遺族が続いて刑事訴訟を起こしたため、STの関わるところとなります。

問題の大学病院は赤城の出身大学でもあり、過去に確執のあった人物がこの事件に関わっており、彼の過去がSTや捜査に関わる刑事たちに明かされることになります。看護師たちに「赤城ちゃん」と呼ばれてかなり人気だったことも判明します(笑)それで女性恐怖症って。。。

大学病院の医局制度のゆがみや研修医の過酷な労働環境ゆえに起こった事件と言えます。真相究明よりも病院の体面を大事にする、患者の命を軽く見るような病院の体質など、許しがたき問題点が浮き彫りにされます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ラストが昔の探偵小説っぽい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ST 警視庁科学特捜班」の色シリーズ第一弾『青の調査ファイル』はST文書担当の青山翔が活躍するエピソードです。この「色」シリーズの存在を知って初めてSTメンバー全員が色を表す名前を持ってることに気づきました(笑)

心霊テレビ番組のための心霊現象を撮影するため、夜中に無人状態でビデオを回し続け、翌朝テープを取りに来たADが、誰一人いないはずのマンションの部屋でプロダクションのディレクターが首の骨を折って死んでいるのを発見します。部屋にあった脚立から落ちたにしては不審なけがと姿勢であったにもかかわらず、STを敵視する検死官川那部警視が事故扱いしようとします。所轄とSTは事故でない可能性を捜査します。スタッフ間の反目、霊能者、タレントらの人間関係が入り組む事件の真相をプロファイリングの専門家青山翔が突き止め、「御祓い」の撮影のために再度関係者が全員集められた中、昔の探偵小説に登場するような探偵のごとく「犯人はお前だ」的に真犯人を特定します。

そして最後に「ねえ、僕、もう帰っていい?」というところがブレなくておかしいです(笑)この人はなんでいつもこんなに帰りたがるんでしょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

登場人物たちのやり取りが面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ロシアの捜査当局と情報交換のために急遽出張を命じられた百合根警部と赤城主任。二人は研修の名目でアレクという元KGBの日本語に堪能な捜査官とともにラスプーチンゆかりだと噂のグレゴリー教会で起こった爆発でマフィアのボスが死亡した事件の捜査に協力することになります。そこへ休暇を取っていた黒崎が美作竹上流という武術の指導のためにもう一人に指導官と共にモスクワに来て、美作竹上流のモスクワ支部設立を画策していたアレクを通して百合根警部たちと合流します。また山吹も檀家に招かれてモスクワに向かう飛行機の中で黒崎たちの一緒になります。さらに黒崎たちと飛行機で一緒になった神秘主義関係の取材をするジャーナリストも合流して、グレゴリー教会の事件について情報を得ようとします。このジャーナリストは夜に見張りの警察官がいなくなったグレゴリー教会に忍び込み、翌朝死体で発見されます。

日本人が殺害されたかもしれないということで、応援として菊川警部補とSTの残りの美形コンビがモスクワに派遣されることになります。最初二人はモスクワに行く気などさらさらなかったのですが、菊川にうまく乗せられて俄然行く気になるところが面白いです。

こうしてSTメンバーがモスクワで勢揃いし、黒崎の嗅覚、結城翠の聴覚と爆発物の知識、そして青山のプロファイリングで真相に迫ります。STがロシア側に肯定的に認知される一方、大人数で派遣されてきたSAT特殊機動隊は訓練に相当参っていてロシア側の評価は得られなかったという結果は、彼らがSTをおまけ扱いしてバカにしていただけに、いい気味と思えます(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

すぐに読めます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よいふろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

通常のシリーズ物と一緒ですが、スポットがあたっているこの女性捜査官?はおもしろいです。でもなんても聞こえすぎちゃうと、音楽も楽しめなくなっちゃうのかなと思ったりしますが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

きらくに読めます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よいふろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほんとに、さらっと読めて楽しいです。シリーズとしてたくさん刊行されてますが、どれから読んでも大丈夫です。実際にはこんな捜査チームはないでしょうけど、あったらおもしろいなというのが全てのシリーズでの共通点。伝説については、ほんとにそんなことってあるのかなという感じですが、田舎の因習というのは他社にはわからないことがあるなという感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読みやすいです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よいふろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

このシリーズが読みやすかったので買った中の一つです。特殊な人の集まりの科学捜査?チームで、名前にみんな色がついていて、一応その人が主役という感じですが、ものすごくスポットがあたっているという感じでもないかんじで、とにかく読みやすいです。どのシリーズから読んでも、大丈夫です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ST沖ノ島伝説殺人ファイル

2018/05/29 21:23

先見の明があるな

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ST沖ノ島伝説殺人ファイル』は、最近世界遺産の候補に挙げられた沖ノ島の宗像神社が舞台です。
今野敏、なかなか。
ドラマ化もされたシリーズの10作目にもなると、作中人物ともおなじみで、安心して楽しめます。
このシリーズの最新作、つまりもうこれ以上読める作品がないとうことで、次を早く書いてもらいたいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5冊セットで

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

5色5冊セットで購入しました。肩のこらない2時間ドラマという感じの、でも、それなりのトリックの推理ものです。登場人物に個性があるし、よみやすい。衝撃感はない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

28 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。