サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

言ノ葉ノ花 みんなのレビュー

  • 著:砂原糖子, イラスト:三池ろむこ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー35件

みんなの評価4.0

評価内訳

39 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本言ノ葉ノ世界

2012/05/19 01:32

「言ノ葉ノ花」のスピンオフ

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

生まれつき人の心の声が聞こえる仮原(攻め)。
ある日出会ってしまう心の声と口で発する言葉が同じ人間、大学准教授の藤野(受け)。
生まれもったこの能力を処世術に利用し、ずる賢く生きている仮原。
前作の主人公よりもある意味前向きでしっかりと「生きている」気がしました。
その図太く生きてきた仮原が初めて出会ってしまった裏表のない藤野にとまどう心の葛藤が
本当にとてもうまく書き込まれていてしっかりと読ませてくれました。
藤野と出会ったことで少しでももっと人間らしく生きてくれることを願うばかりです。
ところどころに出てくる謎の占い師も程よくお話を締めてくれましたね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本言ノ葉ノ花

2016/07/22 14:55

あまり類を見ないBLファンタジー

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書を読んだ後CDも聞きましたが、CD版が俄然良いです。文字派なのですが、この作品に限っては声を聞いた方が良いとおもいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本言ノ葉ノ花

2017/03/15 07:57

楽しめました。

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすみ草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

プロポーズの日に、なぜか『心の声』が聞こえるようになった余村。愛している彼女、信頼している同僚の心の声が聞こえてしまい…

そしてまた、唐突に、今度は心の声が聞こえなくなり、逆に気持ちが不安定になります。そんななか、長谷部が発した『あなたが無くしたのは、声を聞く力ではなく、人を信じる気持ちです』(実際の文章は違うかも)と言う言葉が印象的でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍言ノ葉ノ花

2016/12/16 21:28

設定が良い

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みりしあ - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の葛藤の表現がなんともいえない。
向き合う恋愛はこう言うものなんだなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本言ノ葉便り 言ノ葉ノ花

2016/01/22 16:07

シリーズ!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:来栖藍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

言ノ葉ノ花のその後の余村と長谷部の事が書かれていて、前半は「イチャイチャしてるな~」と思っていたが後半からシリアスになっていって長谷部の妹にバレて...みたいな感じです!個人的に最後のシーンが好きでした!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本言ノ葉ノ花

2015/12/17 19:41

もし自分がこうなったら……。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

もし心の声が聞けたら……怖いなぁと思う一方で、聞いてみたいとも思う。心の声と本当の声が一致する人がいたら、私も惹かれるだろうなぁと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍言ノ葉ノ花

2015/10/22 18:08

お気に入り

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Nanana - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても面白く、最後まで楽しみながら一気読みしました。
あらすじを読んだだけでは、ファンタジー色が強そうであまり好みではないかと思ったのですが、恋愛過程が丁寧にえがかれていて、感情移入して主人公と一緒にドキドキときめいていました。
よい作品、作者様と出会えて嬉しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍言ノ葉ノ花

2019/03/25 21:12

面白かった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さなにょろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ある日突然心の声が聞こえるようになった受け。
ふとしたきっかけで受けを好きになった攻め。

心の声によって振り回される受けを、あれこれ悩みながらも支える攻めが愛しかった。

読んでるこちらまで切なくなったり。

続巻もあるようなので、読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍言ノ葉ノ使い

2016/08/05 02:26

シリーズ3作目

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズものは巻数を重ねるごとに面白さが目減りするように感じてるのですが、このシリーズに関してはどれもそれぞれに面白さがあって飽きさせませんでした。今回の主人公はサラブレッド的な能力の強さを持ち、前向きな良い子でした。一作目のパラレルワールド主人公二人の物語も程よく絡んで読後感の良い話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本言ノ葉ノ世界

2016/07/28 21:08

攻めがいつの間にか夢中になってる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作のスピンオフなので読みましたが、それに関係なく面白く読めました。 前作のアナザー主人公も出てきて、初めは戸惑いましたが、二度目に読んだときにはとても凝った作りになっていると感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍言ノ葉ノ世界

2016/01/30 11:17

スピンオフ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

個人的には、オリジナルである「言ノ葉ノ花」よりも、こちらの方が、良かったです。
生まれつき、心の声が聞こえるという主人公の気持ちが、痛いほど伝わって来て、切なくなりました。
ひねくれた性格のために、自分の恋心を認識出来ないところも、共感を覚えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本言ノ葉ノ花

2012/05/19 00:56

丁寧に書かれているお話

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

突然人の「心の声」が聞こえてしまうようになる余村(受け)。
たまたま聞いてしまった同僚、長谷部(攻め)の自分に好意を寄せる心の声。
いやいやまさにBLドリームですねー。
ただ余村がかなりネガティブ思考。
そりゃあ始終「心の声」なんかが聞こえてきたらノイローゼになるでしょうね。分からなくもないですが。
こんなんで誰かと一緒にいられるものだろうか・・・と思わなくもないですが。
後半逆にその心の声が聞こえなくなる余村ですがこれまたこれで今まで当然のように
聞こえて「分かっていた」はずの人の心が分からなくなりまたまたネガティブ思考に・・・
そんな余村を気遣う長谷部の寛大さに拍手ものですね。
長谷部のおかげでこの物語は纏まっていると思います。
スピンオフで「言ノ葉ノ世界」があります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍言ノ葉ノ花

2017/09/27 00:36

4

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:NATSU - この投稿者のレビュー一覧を見る

砂原糖子『言ノ葉ノ花』4
文章が端麗で読みやすい。
面倒臭い男たちが面倒臭い事でグルグル思い悩む話。
兎に角、主人公の余村が陰気で面倒な性格をしている上に、周囲は二重人格みたいな嫌な人間ばかり出てくるので、読んでるこっちまでジメジメしてくるが、その分2人の純愛、特に長谷部の一途さがキラキラと眩しかった。
人の心が読めるようになって、しめたとばかりに利用できる人間と、人間不信で世捨て人のようになる人間と、果たしてどちらが多いのだろう?
半ば世捨て人であり、しかしその力もしっかり使用する辺り、主人公の性格は意外と強かなように思えるが、これでもかというほど彼の苦悩が描かれていて、現実では絶対に有り得ない境遇なのに、きっと読む人誰もが思わず共感してしまう。そういうちょっと執拗なくらいの描写や、お互いの名前の呼び方が変化する辺りが、心の距離感だけでなく複雑な心境をも表現していて丁寧で上手いなと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【セット限定価格】言ノ葉便り

2019/08/20 22:07

良かった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まかゆら - この投稿者のレビュー一覧を見る

本編のその後。
短編集中心ですが、後半は薄い一冊でもいけそうなくらいの長い話が入ってます。
本編より、私はこっちの方が好きでした。
本編の方ではいまいちかなと思っていた作品でしたが、これを読んだら、もう一度初めから読み返したくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍青ノ言ノ葉

2019/07/24 09:17

シリーズ4?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

確か、4作目だったと思いますが、最初の作品が印象的だったので、それ以降のシリーズは、あやふやです、、、
このストーリーの中にも、過去シリーズのカップルの話がチラっと出てくるのですが、覚えてなかった、、、
こちらは、未来編ですね。ちょっと想像しにくい部分もありましたが、なんとなくの世界観は伝わってきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

39 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。