サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

殺しのアート みんなのレビュー

  • 著:ジョシュ・ラニヨン, 訳:冬斗亜紀, イラスト:門野葉一
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本マーメイド・マーダーズ

2018/12/20 21:34

FBI特別捜査官×FBI美術犯罪捜査官(歳の差)

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆきちん - この投稿者のレビュー一覧を見る

臨時のパートナーとして、16年前の連続殺人事件の
模倣犯らしき女性失踪事件を追う2人。
強面で無愛想な捜査官に反発と尊敬という複雑な感情を抱く受。
受が過去の事件の関係者だったのをみんな知らなかったりと
結構突っ込みどころがあるんですが、
捜査の進展と共に2人の距離が縮まっていく様子が楽しくて
あっという間に読み終えてしまいました。
最初無愛想だと思った攻が感情を見せるようになってくると
すごくいいヤツだなと思えてきます。
最後なんて、かわいいおじ様です。

これ、シリーズものの1作目で、事件は解決しますが
謎とか怪しい人物がそのままなので
最終的には振り出しに戻ってくるんだろうか。
そしてこの本では受攻が決まっていますが
受は特にこだわりなさそうだったから
後々リバってもおかしくない雰囲気。
とにかく最後まで翻訳されることを切に願います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

サブキャラも魅力的

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ささ - この投稿者のレビュー一覧を見る

年上×年下、感情が表に出にくい攻めといささか感情的になりやすく、“芝居がかった”と形容される受けのお話。
ただ、もしかしたら今後攻め手と受け手が交代するかも…?
そんなふたりが第一印象がかなり悪いなか、探りながら近づいていく様子が印象的でした。
事件の不気味さと過去の出来事が絡まり合っており、ミステリーとしても屋台骨がしっかりしていると思いました。
続きが楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本マーメイド・マーダーズ

2019/03/28 14:21

新シリーズ?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルに、「殺しのアート1」とあるので、そのうち、2も発売されるのかな?
登場人物が、ファーストネームで書いてある時と、ラストネームで書いてある時があるので、同一人物であるのを確認しつつ、読み進めるのが、少し負担だったかな?
最初に、主な登場人物を書いてくれていたので、助かりましたが。
ストーリーとしては、なかなか面白かったと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。