サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

知らないと恥をかく世界の大問題 みんなのレビュー

  • 著者:池上 彰
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.5

評価内訳

高い評価の役に立ったレビュー

電子書籍 知らないと恥をかく世界の大問題3

7人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2012/07/02 08:10

何となく知っていた断片的なニュースにはこんな意味があったのか!

投稿者:ぽかぽか - この投稿者のレビュー一覧を見る

TVで聞きかじって断片的に知っていた情報について、一言でいうとどういうことなのか? そもそもいつ、何故そんなことになったのか?、現在の状況はどうで、これから日本にどのような影響を与えうるのか? また、同じできごとについてある視点で捉えるとこうだが、逆の立場から捉えるとどう見えるのか? といったことを時系列、かつ、多面的に説明してくれる。TV司会者を降りた後、自ら世界を飛び回り(1年の4分の1は海外にいたとのこと)、自分で見て、つなげて、考えて、得た答えを、池上流の非常に平易な文章で説明してくれるのだから、面白くない訳がない。

取り上げられる話題はTPPや原発、ギリシャ財政に中東の独裁政権崩壊(アラブの春)、自民党VS民主党、アメリカ大統領選などなど。例えばギリシャの財政が悪化して、その国債を持っているオランダの銀行がブラジルへの投資をストップした話だとか。TPPはそもそも世界恐慌後の世界で戦争が起こらないよう貿易を促そうとする動き(GATT、WTOなど)から始まっていることなど。

一つの単語としては知っていたけれど、実は昔、教科書で習ったそれぞれのできごとと結びついていて、現在進行形で自分の生活にも強く絡んでいることを意識させられた。単なるビジネス関連書というだけではなく、ものごとの状況を集め、整理し、意味づけする思考方法についても学ばされるものがある。本の値段に対して十分お釣りがくる本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

低い評価の役に立ったレビュー

電子書籍 知らないと恥をかく世界の大問題2

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2013/05/28 17:48

時事

投稿者:じっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

知らないと恥をかく世界の大問題2

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

28 件中 1 件~ 15 件を表示

何となく知っていた断片的なニュースにはこんな意味があったのか!

7人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽかぽか - この投稿者のレビュー一覧を見る

TVで聞きかじって断片的に知っていた情報について、一言でいうとどういうことなのか? そもそもいつ、何故そんなことになったのか?、現在の状況はどうで、これから日本にどのような影響を与えうるのか? また、同じできごとについてある視点で捉えるとこうだが、逆の立場から捉えるとどう見えるのか? といったことを時系列、かつ、多面的に説明してくれる。TV司会者を降りた後、自ら世界を飛び回り(1年の4分の1は海外にいたとのこと)、自分で見て、つなげて、考えて、得た答えを、池上流の非常に平易な文章で説明してくれるのだから、面白くない訳がない。

取り上げられる話題はTPPや原発、ギリシャ財政に中東の独裁政権崩壊(アラブの春)、自民党VS民主党、アメリカ大統領選などなど。例えばギリシャの財政が悪化して、その国債を持っているオランダの銀行がブラジルへの投資をストップした話だとか。TPPはそもそも世界恐慌後の世界で戦争が起こらないよう貿易を促そうとする動き(GATT、WTOなど)から始まっていることなど。

一つの単語としては知っていたけれど、実は昔、教科書で習ったそれぞれのできごとと結びついていて、現在進行形で自分の生活にも強く絡んでいることを意識させられた。単なるビジネス関連書というだけではなく、ものごとの状況を集め、整理し、意味づけする思考方法についても学ばされるものがある。本の値段に対して十分お釣りがくる本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

真骨頂

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あき - この投稿者のレビュー一覧を見る

池上彰さんはメディアよりも、本で、よりご自身の意見を述べておられます。池上彰さんの一流のジャーナリストたる所以は、この本のシリーズにあると思うほど、本文には、世界の先を見据えた内容が含まれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

世界を知るテキスト本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて池上氏の著作を読みました。評判どおり、平易な言葉で且つポイントを押さえた解説ですので、大変読みやすい本でした。就職活動中の学生の必読書になっているとのこと(5ページ)ですが、それも頷けました。
 内容は、今問題となっている全世界の動きが、だいたい網羅されています。手っ取り早く世界の問題点を知ることができます。本書をベースにして、新聞やニュースを見ると、自分の知識として理解が深まるでしょう。
 加えて、基本的な事項(米大統領選挙や米連邦議会の仕組み等)も簡潔に説明されていますので、理解が進みます。シリーズ化(毎年春先に発行)されているようですから、今後は新刊本を必ず読んで、世界の動きをフォローしたいと思います。
 なお本の性格上、各テーマとも浅く広い扱いとなっていますので、関心を持ったテーマは別の本をあたると良いでしょう。それにしても、本書が書かれた昨年の5月頃と比べると、日中・日韓関係の悪化は加速度的に進んでいます。とにかく最近の中韓の悪乗りは、我慢できないものがあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

新しい冷戦時代に入った現在、歴史に学び、世界の状況を知るための一冊です!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、大国間での「自国ファースト」がぶつかりあう現在、いわば「新しい冷戦」時代を読み解くためには、歴史に学び、世界の現状を詳細に知っておく必要があるという危機感から生まれた一冊です。世界には、貧困問題、環境問題、テロの脅威など課題山積ですが、そういうときこそ、過去の教訓を学ぶべく歴史を振り返る姿勢が大事であると著者は言います。ぜひ、多くの方々に読んでいただきたい価値ある一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

勉強になります

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たなゆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の「知らないと恥をかく世界の大問題」シリーズを毎年読んでおります。現在の世界の政治・経済等の状況が分かりやすくまとまっているので、お勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

新書で出してくれるありがたさ。

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

原油価格の急落や、今回のサミットの目的、マイナス金利政策など、いろいろまとめて教えてくれて感謝。雑誌だと期間が短すぎて情報が細かくなりすぎたり、薄くなったりしそうだし、不定期に情報がまとまったあたりで観光してくれる今のスタイルが読みやすいと実感。次も待ちます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

まさに「人生の教科書」である!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kurosuke - この投稿者のレビュー一覧を見る

・本書は哲学書ではないが、単に物事の表面的な事象にとらわれるのではなく、その背景やいろいろな因果関係を理解しようとすることの重要性を改めて確認できた。「恥はかいても」本書の内容を努めて精力的に理解しようとすることが必要だと思います。これだけたくさん読まれるわけがよく分かった気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍知らないと恥をかく世界の大問題

2015/11/13 12:09

今読んでも勉強になる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まりっぺ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2015年11月に読みましたが、過去の経緯の勉強になり非常に有意義でした。本書の中の図が特に分かりやすかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

分かりやすい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まりっぺ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最新の時事問題について項目ごとに記述されており、本書のおかげでニュースが分かるようになりました。最新巻から読むことをお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

時代がわかる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゅう - この投稿者のレビュー一覧を見る

毎年1回刊行される本シリーズを読むと、世界の問題が刻々と変化してゆく状況が分かります。就職を控えた学生にも、是非お薦めです!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍知らないと恥をかく世界の大問題

2015/08/21 18:19

池上氏の本は手元に置いておきたくなる。

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MC - この投稿者のレビュー一覧を見る

ホットな話題過ぎると陳腐化が早いが、池上氏の本は簡単に忘れてしまう基礎知識を丁寧に拾ってあるので手元に置いておきたくなる。

hontoの電子書籍で何冊か目を通した後、近所の図書館で借りて読む。
手元に置いておきたいものだけ実際の本を購入する。
この方法で、多筆な池上氏の本を自分なりに選別していく。

子ども相手の噛み砕いたものから、専門家との対談形式まで数ある硬軟自由自在に語り口を変えられる池上氏の伝える力に嫉妬。
そして、知らないと恥をかく知識をこっそり教えてもらえることに感謝。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

分かりやすい、

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

世界の時事問題について分かりやすく解説、
説明している。あまり深く踏み込み過ぎずに簡潔にまとめている。さまざまなものの見方も養えるだろう。
世界の色んな問題を一方向からだけではなく、各国の財政事情、政治形態、宗教などの諸事情から解説してくれているので、著者がこれが正しいと押し付けるのではなく、こういう風にも見れますよ、こういう事が問題なんですよ、と示唆している形式である。なので、じぶんで考える力もつくだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

分かりやすいニュース解説は著者の真骨頂。ただ、もう少しじっくりと聞いてみたい。

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YO-SHI - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者は、ニュースの分かりやすい解説が評判で、テレビ番組で引っ張りだこだ。この本も帯に「世界のニュースが2時間でわかる!」とあり、「分かりやすさ」「お手軽さ」が特長だ。

 内容は、世界の勢力地図、アメリカの覇権の崩壊とパワーシフト、世界の問題点、日本の問題点、と今の世界を網羅的に説明している。歴史的な流れを踏まえた考察やウラ話的なものも交えてあり、新聞記事より奥行きがある情報が得られる。

 「はじめに」で世界金融危機のことに触れ、「ブッシュ大統領以外の世界の指導者たちは、歴史に学んでいました」と書いているように、ブッシュ政権(あるいはブッシュ元大統領個人)には大変厳しい眼を向ける。今世界が抱えている問題のいくつかは、ブッシュ政権の失策が原因だとも読める。

 その反動もあってか、日米の民主党に対しては肯定的な意見が多い。本書の発行は2009年11月、オバマ政権発足から10ヶ月、鳩山政権からはわずか2ヶ月だ。著者も、新政権には期待を持っていたのだろう。今なら、違うことを書かなくてはならないと思うが。

 「知らないと恥をかく~」というタイトルは、見栄っ張りのビジネスパーソンに効きそうな殺し文句。まぁ、知らなくても恥をかくことはないが、どこかで披露するとちょっと得意になれるような話題が詰まっているので、話のネタを仕入れるつもりで買うのなら、本体価格760円の価値は十分あると思う。

 しかしそれでも「上っ面をなでました」という印象はぬぐえない。いくつもの問題を扱って2時間では、短すぎたのかもしれない。私としては、年金や教育や地方分権など、本書で取り上げた「日本の問題」について、著者の意見をもう少しじっくりと聞いてみたい、と思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

今こそ歴史を勉強しよう~歴史を馬鹿にする愚かな夏野氏

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

1年、あっという間に過ぎ去り、本書もシリーズ第6弾が発売となりました。私はシリーズ4から読み始め、毎年この時期に新刊が出るのを楽しみにしています。
 この1年間は、イスラム国・中国・ロシアといった問題国たちが、身勝手なふるまいを隠そうとせずに、行動をエスカレートさせました。一方、ヨーロッパを中心に中国に媚を売るので、ますます中国は増長していますし、腰抜けオバマのせいで、イスラム国問題は長期化しています。そして、オバマは何故かロシアにだけは強気です。

 今回の内容は、第1章が米国情勢(経済、中間選挙、銃社会米国の成り立ち等)、第2章がヨーロッパ情勢(フランス、ロシア、ギリシャ、スイス、イギリス等)、第3章が中東情勢(イスラム国等の過激派を巡る情勢)、第4章が人類共通の大問題(エボラ熱、温暖化、格差問題等)、第5章が東アジア情勢(中国・韓国等)、第6章が安倍政策(アベノミクス・選挙制度・憲法改正等)といったことが網羅的に解説されていて、各テーマとも短時間で広く浅く掴むことができます。世界情勢を手っ取り早く知るには、最適の本です。

 第7弾では、どのような世界になっているのでしょうか。個人的には、明治産業遺産は世界遺産登録なるか、プーチンは来日できるか、TPPは進展するか、台湾の選挙はどうなるのか、イスラム国の勢いは弱まるのか(オバマは適切に対処できるのか)、南シナ海の埋め立てはどこまで進むか、安倍の戦後70年談話の内容と世界の反響はといったことに関心をもって、フォローしたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

知らないことを知る楽しみ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:学び続けるおっさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

知らないことを鵜呑みにしていました。認識せずして評価するなとは、恩師の言葉
しかし、世界情勢は目まぐるしく変化している。情勢の裏にある原因をつかむ一書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

28 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。