サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

中の下! みんなのレビュー

  • 著者:長岡マキ子, イラスト:ごまえ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

一年前とは違う自分へ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 一年間かけてイベントを積み重ね、意中の相手と両想いになれれば合格というカップル試験。男女のであるヒーローとヴィーナスのお相手は、学園がどんな願いでも叶えてくれるというおまけ付き。理事長の孫である瀬木成道は学園に入り、祖父を見返すためにヴィーナス賞を狙ってきた。
 初めは、周りのことを何も考えないナルシストで駄目なヤツだった成道も、黒川や石田という友人を得て、ヴィーナス候補である恵比寿莉子、瑞本絽美、妹尾雪菜から好きだと言ってもらえるような人間に成長して来た。

 ハーレム系ラブコメなら3人とも俺の嫁!とか言っていられるかもしれないけれど、現実にはそんなことはありえない。それに、3人分の想いをそれぞれ受け止めきれるような立派な男も滅多にはいないだろう。少なくとも成道は、そこまでの男じゃない。
 そして成道の悩みは、本当に好きな娘と、ヴィーナスになりそうな娘が一致しなくなってしまったこと。どちらの娘も成道を好きだと言ってくれているから、どちらも選べる。しかし、本当に好きな娘を選べば学園の理事長になるという夢は断たれるし、ヴィーナスを選べばその娘を利用しているようだし、好きな娘にも誠実じゃない。そんな悩みを抱えながら、ひとりずつ誠実に清算していこうというのがこの巻だ。そして、大団円へと結びつく。

 初めは変態好意を兵器でやるような駄目人間だった成道も立派に成長し、自分が本当に欲しかったのは何かが分かるようになった。そして、彼に関わった男の子や女の子たちも、それぞれ自分の道を見つけ、一年前とは少し違う、成長した自分になれた。
 5巻かけて、そういう場所までたどり着くことが出来ました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

複雑怪奇な女心に翻弄されるオレ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 瑞本絽美と互いの気持ちを確認したものの、ヴィーナス賞を取るという瀬木成道の目標が、二人の間をギクシャクさせてしまった。そんな状況にやってくるイベントが修学旅行だ。
 当初は別のグループになることを主張する絽美だったが、妹尾雪菜の説得により、恵比寿莉子や黒川を含めた、以前と同じ6名で北海道へ行くことになる。

 北海道でのイベントは、観光名所を利用したオリエンテーリング。ところがやはり成道の祖父の理事長からの妨害らしきものが入り、スタンプカードが紛失したり、倉庫に閉じ込められたり、グループはトラブルに見舞われる。
 そしてそんな中で絽美が見せる、成道から見て複雑な態度。両思いのはずなのに視線を逸らしたり、クリスマスデートは別の人といって欲しいといったり、いつもの誰にでも優しい明るい彼女の性格からは考えられない態度で接してくる。

 他の女の子たちから成道へのアプローチも忘れてはならない。莉子はやっぱり素直になれないようでもあり、ちょっとしたきっかけで甘えてみたり。雪菜は成道からのプレゼントに喜んだかと思うと、もう話しかけないで欲しいと言っったりする。
 次巻で最終回らしいので、本巻でこんがらがった人間関係がどういう形で収まるのか。それを楽しみに待ちたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

憧れの子と一緒の文化祭、でも。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 自分を少し客観的に見られるようになり、中の上にランクアップした瀬木成道が次に挑むイベントは文化祭だ。自分が活躍する場面を増やすため執事喫茶を主張するものの、圧倒的な反対に会い、結局はクラスの出し物はメイド喫茶に落ち着く。ただし何故か成道もメイド役をやることになってしまうのだが。
 憧れの瑞本絽美と一緒に文化祭を回れることになったものの、成道のじいちゃんである理事長の執拗な妨害活動に会い、成道の男としての評価は下がる一方。恵比寿莉子には激怒されてしまうし、妹尾雪奈との距離感もよく分からなくなってしまう。
 黒川との友情が深まるイベントはあるけれど、女子たちとの関係はどうなるのか?どんどん近付いていく分、誘惑はいっぱいだけれど選択肢の幅は狭まって行く。

 成道の突飛な行動は少なくなって、普通に人間関係に悩む少年の青春物語という感じに落ち着いてきた。色々なイベントを乗り越えて実はモテモテ状態になって来ているし、友情も深まって来る。すると逆に、ヴィーナス賞を取ると宣言してきたことが、彼の気持ちの純粋さを疑わせるような状況にもなって来る。
 さて、ここからどう巻き返しを図るのか。一発逆転、なんていう手はないと思うけどな。地道に地道に。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

変態学校の青春ギャグ成長物語

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 瀬木成道の祖父が理事長を務める聖☆ジューゾー学園は、変態の誉れ高き高校である。それほど評判が悪い学校ならばろくな生徒も集まらないと思われがちだが、評判が周辺地域にとどまることと、進学・就職率の高さから偏差値は高く、ハイスペックな生徒が集まる。そして、この学校でもっとも有名なイベントが、カップル試験である。
 この試験は、生徒間の恋愛関係をいったん白紙に戻し、一年かけて様々なイベントを行いながら、最終的に互いの意中の人物を投票用紙に書いて、両思いになれたら合格という試験である。そして、これで一番になった生徒は、願いもかなえてもらえるという。
 幼少の頃より祖父のおかげでバカにされて育った成道は、この試験で一番になり、祖父に対して下克上を果たしてやろうとするのだが、残念ながら彼のスペックは、担任教師曰く中の下で…。

 ナルシストの自己中だけれど素直な成道が、学年一といわれる美少女瑞本絽美や、隣の席の隠れ美少女妹尾雪奈との交流の中で、成長していく姿を描く。本当にこんな学校があったら、楽しいか困惑するか、どちらだろう?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

恵比寿インパクト

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 憧れの絽美と同じグループで臨海学校に参加することになり、その他のメンバーにも恵まれ、順調に中の下から抜け出すロードに乗ったかに見える成道。しかし、彼の祖父がそんなに甘いはずもなく、臨海学校イベントのグループ対抗3本勝負には、有形無形の様々な障害が用意されていた。

 飛び抜けた才能も無い成道が優れたメンバーに感化されながら、誠意とやる気で何とか這い上がろうと努力するのだけれど、這い上がれているようないないような。
 今回は妹尾も絽美もがんばったけれど、恵比寿莉子のインパクトには敵わない。

 何となく、無理にイベントを作って盛り上げようとするよりも、普通の学園生活の中のラブコメの方が作者としては得意そうな気がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。