サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

機動警察パトレイバー みんなのレビュー

  • 著者:横手 美智子, イラスト:高田 明美, 著者:伊藤 和典
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価1.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

themovie

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:十二番目の男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 2002年、夏。
 長い沈黙を経て、劇場版パトレイバーの第三弾が公開される。
 本作は劇場版パトレイバー第一作に若干のアレンジを加えてノベライズしたものである。
 従来のロボットアニメから一線を画し、リアリティと生活感を漂わせることで大ヒットしたパトレイバーである。その劇場版は、ドラマよりもドラマチックだった。


 天才プログラマー帆場の死。そして、彼が開発した新型OSに仕組まれた一つのトラップ。
 レイバーを暴走させるその恐ろしい罠が、東京湾に接近する超大型台風によって広域で発動しようとしていた。
 独自の判断で帆場のたくらみを阻止するため動き出したのは、後藤隊長以下第二小隊の面々。かくて彼らは東京湾上に浮かぶバビロンプロジェクトのプラットホームへと向かう。
 巨大な鉄の砦であるそれは、「方舟」と呼ばれていた。
(その他、短編二本収録)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

後藤隊長の影

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:十二番目の男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 機動警察パトレイバー。小説シリーズの最終巻である。
 後藤隊長の過去が明らかにされる。


 かつてカミソリと呼ばれた公安のエース後藤喜一。そんな彼を昼行灯に変えてしまったのは一体何か。乙訓研修生の言葉に刺激された野明と遊馬は後藤の過去を探ろうとする。
 そんな折、地下河川工事現場で事件が発生。正体不明のレイバーが作業員の制止を振り切り禁止区域に侵入した。
 はじめはいたずらかと思われた事件だったが、実は犯人達は警視庁に恨みを持っているらしく、それは後藤隊長の過去とも関わりがあるかもしれないという。

 懐疑、混迷。その果てに、野明は何を見いだすのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

カミソリと呼ばれた男

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:十二番目の終わり - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ブラックジャック」
 特車二課に、新設される大阪府警レイバー隊の研修生がやってきた。第二小隊の面々は、レイバー部隊の先輩として彼らを指導する立場になり、何となく落ち着かない。
 そのころ、第二小隊に解散の噂が伝わってきた。時を同じくして、後藤隊長はどこに行くとも告げず五日間の出張に出た。解散と隊長出張の関連を疑う隊員達。
 野明と遊馬は真相を確かめるため、非番の日に後藤隊長の自宅へと向かうのだった。

 少し早いと思うが、パトレイバー小説シリーズのクライマックス前編である。
 シリーズでもっともミステリアスな男後藤喜一が本編の主人公と言っていいだろう。ストーリーのバックグラウンドでは常に後藤隊長の影が見え隠れする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

小説シリーズの第一巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:十二番目の男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 二巻ということになっているが、作者が伊藤和典から横手美智子に交代していることを鑑み、シリーズ第一巻と考えた方が正しい。
 第一巻では劇場版のノベライズが多くの枚数を占めていたが、ここから始まる小説シリーズは完全オリジナルストーリーである。


「シンタックスエラー」
 特車二課第二小隊隊長の後藤警部補に恋人の噂。しかもその恋人は他にも男がいるという。
 事の真偽を確かめるべく、泉野明は情報を持ってきた真帆子(後藤隊長の姪)と共に調査を開始する。そして二人は、噂の彼女が働く高級クラブにホステスとして潜入するのだが……
 意外な人物が意外な形で登場する。

「父の息子」
 レイバー業界の最大手である篠原重工。篠原遊馬はその御曹司でありながら、一巡査として第二小隊の隊員になっている。
 遊馬と、遊馬が徹底的に嫌う父一馬との間には何があったのか。
 他シリーズで幾度か現れながら結局その原因が明らかにされなかった確執。その理由がここで明かされる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。