サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

キリング・ビータ みんなのレビュー

  • 五百香ノエル (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本キリング・ビータ

2002/07/31 13:10

すごい近未来サスペンス・ロマン

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミントティー - この投稿者のレビュー一覧を見る

同僚を殺された刑事のシンは一年後、月面都市へと移動になる。黒髪黒瞳のシンとペアを組むことになったイーサンは金髪碧眼の美貌のゲイだ。シンは友好的とは程遠い、でもペアを組んだ二人はとりあえず、イーサンのアパートで同居することに・・・。
すごい近未来サスペンスです。月面で二人が追っているものの正体は・・・。
全四巻の作品です。もちろんラブラブも激しくありますよ。わたしは二巻が好きです。
どうぞとりあえずこの巻を読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

美しさの裏に隠された心の闇

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぐみこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 近未来ポリスサスペンス第二巻。前回はシンを救ったイーサンだが、今回は彼が心の闇に捕らわれる。幼い頃、母を殺した犯人の記憶にイーサンは悩まされていた。しかしそのことが原因で名門高校で起きた新たな事件を捜査する二人の間に溝が出来てしまう。シンは今度は自分がイーサンを救おうと歩み寄っていくのだが…。イーサンの犯人に偶像崇拝された記憶、事件に絡むイーサンに似た美しいカリスマ的生徒の裏の顔。美しい男逹の心の闇が今回の事件をひきおこす。しかしそれは愛してほしい人を得るきっかけにもなるのだ。この巻でやっともどかしい関係に終止符が打たれる。読み応えたっぷりの二巻。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本キリング・ビータ

2001/11/07 16:12

甘いだけでない近未来ポリスサスペンス開幕

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぐみこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 近未来ポリスサスペンスであるこの作品は、人種問題やトラウマという心の傷の部分も大きく書かれていて、甘いだけでないボーイズラブの世界を堪能したい方にオススメです。
 未来の地球、刑事であるシンは同僚の死をきっかけに特殊能力に目覚めてしまいます。力を操れるように訓練を受けたシンは、月へと派遣され、そこで新しいパートナー・金髪碧眼の美貌を持つイーサン・ジャッドと出会います。ゲイであるイーサンはシンにひかれ、同僚を目の前で失った悲しみ、トラウマを抱えるシンを救おうとするのですが、事件が絡み上手くいきません。このシンを救おうとするイーサンも傷を抱えているのですが、今回は想い人を救おうと奔走しています。心の書かれ方、世界観は他のボーイズラブ作家には真似できない力量を持つ五百香先生ですが、この作品は特に完成度が高いと思います。4巻完結ですが最後まで飽きさせずに一気に読ませてくれます。美しいイーサン・ジャッドの虜にもなって下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

着想が凄い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

感染すると殺人を起こすウィルス…このアイデアがとにかく凄く効いている作品。二人の捜査官の関係性といい、気になるし見逃せない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本キリング・ビータ

2002/07/31 20:36

僕はなにも望まない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コヤタ - この投稿者のレビュー一覧を見る

同僚を殺されたシンユー・ナカノ巡査の心には、深い傷が刻まれてしまった。事件の1年後、シンは月面年へと派遣される。シンが新しくペアを組むのは、金髪碧眼の美貌を持つイーサン。イーサンは自分がゲイであることをシンに打ち明け、シンはそれに嫌悪。上司にコンビ解消を訴えるも却下され、それどころかシンはイーサンと住居を共にすることに・・・。

五百香先生の近未来サスペンス。・・と聞くと、引いてしまう方もあるかと思いますが、本書は作者のその他の近未来モノやSFモノに比べてとても良い出来なのでご安心を。実は読むまでは、わたしもハズレかもしれないと不安だったんですが、これが意外に大当たり!?設定もわりととっつきやすく、しかもその設定がちゃんと活かされてました。例によって、シンの相手は金髪碧眼の美貌のイーサン。作者はよっぽどこの手の男に弱いらしいです。でも、作中のイーサンは容姿は関係なくカッコイイし、シンもいい感じ。イラストもかっこよく華を添えています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本キリング・ビータ

2001/11/21 19:06

SF+成長物語のお好きな方に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:smile - この投稿者のレビュー一覧を見る

 五百香さんの近未来サスペンスもの。地球でも珍しい黒髪黒瞳を誇る刑事のシンには、持ちたくて持ったのではない「特殊な能力」があった。同僚の刑事が殉職したのと同時に発動した「視る」特種能力を訓練させられたシンは、問題の多い月へと派遣されてくる。自分の殻にこもりがちで、ふらふらと頼りないくせにプライドだけは非常に高いシンは実に扱いづらく、月のメンバーもその扱いに頭を悩ませる。そんなシンとペアを組まされることになったのは、金髪碧眼ですばらしいハンサムのイーサン・ジャッド。彼はゲイであることを周囲にカミングアウトしており、そして周囲が一発で気付いてしまうほど、シンはイーサンの「ストライク・ど真ん中」なのだった…。サスペンスとしても楽しめる、シンとイーサンの成長物語。オススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。