サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

あいのはなし【イラストあり】 みんなのレビュー

  • 凪良ゆう (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本あいのはなし

2017/02/20 17:22

涙…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすみ草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

まだ9才の椢が演じた『とうちゃん』は果たして本当に演技だったのか、それとも…?

最後の場面で、椢の体を使って伝えた『とうちゃん』からのメーセージがまた泣かせました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍あいのはなし【イラストあり】

2016/08/29 20:45

向こう側へ踏み込んだ二人。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nachi - この投稿者のレビュー一覧を見る

すごく好きなお話です。印象深い。
明星の「Peruna」聴くたび胸が締め付けられる。
このお話しにピッタリですよね。9歳の男の子が歌うには、少し重いというか、でもそれを裕也が口ずさんでたんだろうと思うと、裕也の雰囲気がすごく伝わるというか。
「恋をするということ」の奥田が出てきます。先にこっちを読んでましたが、あのイメージからすれば、まともに見える苦笑
その奥田とのやり取り、セリフも印象的。

進むにつれてのジリジリとした痛みが幸せな雰囲気の出だしを濃くしてます。
ただただ甘いんじゃない椢の執着的な愛情が魅力。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍あいのはなし【イラストあり】

2016/02/02 16:58

感動です!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

凪良さんの本は、何冊か読みましたが、これは、読んだ中でも、トップ3に入ります!
個人的に、「積木の恋」「まばたきを3回」に匹敵する作品です。
波瑠が、精神的にも弱いながら、なんとか生きていこうという姿も、涙を誘いますし、カイが、波瑠に送ろうとして書いて消したメールの内容も、切なくて、泣けます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あいのはなし

2013/09/20 00:13

ファンタジー、なのです

10人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

21歳の大学生、波瑠(受け)と波瑠が愛している裕也とその9歳の息子、椢(攻め)。
3人の穏やかなプロローグからこのお話は始まります。
この3人での日々は長くは続かず、裕也の不慮の事故からとても切なく、淡々と物語は続きます。
21歳の波瑠と9歳の椢の2人だけの逃避行を綴った波瑠視点、「夏の檻」。
この章は涙なくして読めませんでした。
突然の最愛の人の喪失。
父親を亡くした当事者であり自分も悲しいはずの椢が打ちひしがれている波瑠を必死に支えようと、
精一杯気遣う姿にホロリ。波瑠の持って行き場のない気持ちも然り。
しかし大学生と小学生の逃避行はあっさり終止符を打たれます。それから10年・・・
19歳になった椢視点で新たにお話は進んでいくのでした。
亡き父、裕也と同じ道を歩んでいる椢が10年、一度も会っていない波瑠との細い細いつながりを
大切にする姿になんだか胸が痛くなりました。
そう、ラスト近くまでなんだかとても切なくて痛くて、シリアスにお話が進んでいたのですが、
あれー、最後の最後さらっとファンタジーに移行しちゃいました。
なんだろう、このすっと躱された感じ・・・涙も引っこんじゃいました。
まだ椢の夢オチのほうが説得力があるような気がするのですが。
う、これは評価に悩みますねぇ。全体的な雰囲気は良かったのですよね。
なので今回ちょっと甘くつけさせてもらいました。
ファンタジーが苦手な方にはおススメできないお話かなぁと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍あいのはなし【イラストあり】

2018/09/07 16:51

読みながら涙が溢れました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふる - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼い椢が、大好きな父親を亡くした大好きな受けを生かすために、父親が自分の中にいるという演技をする攻め。三人で過ごした幸せな時間を取り戻したかったという思いが切なかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍あいのはなし【イラストあり】

2019/01/27 22:43

重み

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かなぶん - この投稿者のレビュー一覧を見る

リアル感とか、ハッピーが少ないところとか、
重みを感じる作品でした。
基本的にネガティブ方面に針が振れている感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あいのはなし

2016/08/31 21:43

十年かけて大切な人の死を受け入れる話。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

椢が役者であることや過去の事件を考えると、世間の好奇の目は避けられず、二人の未来は決して平坦な道ではないけれど、裕也の存在に区切りをつけて新たな一歩を踏み出せて本当に良かったです。
子供の頃から変わらない椢の一途さが心強く、きっとこれからも大丈夫だと思わせてくれます。
前半の裕也と椢と波瑠の三人だけで完結している閉じた世界も、脆く儚く美しくていいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。