サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

アリソン みんなのレビュー

  • 著者:時雨沢恵一, イラスト:黒星紅白
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本アリソン 2 真昼の夜の夢

2003/03/23 16:39

でました!アリソンの続編!!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sky - この投稿者のレビュー一覧を見る

本屋に立ち寄ったのが正解でした! なんてったってアリソン2が出てたんですから! 前作はスピード感と躍動感の方が大きすぎて話のまとまりにかけてて、時雨沢さんにしては期待以下だったんですか…。

今回は2人の主人公(プラス準主役約1名)が前作より動き回ります!! そしてアリソンに隠れてあんまりいいところが見せられなかったヴィルも見せ場がもりだくさんです。そしてやっぱり、飛行機(?)の操縦のシーンの描写がかっこいいんですね〜。自分も2人と一緒に乗っているかのような気分になります。
そして黒星さんのイラストは今回も表紙を開けたところに三つ折のびろーんと開くイラストがついてます。くぅ〜〜〜〜!!

ちなみにまだ1作目を読んでない方は先に前作を先に読むことをおすすめします!! なにせ2巻の1発目から1巻の最終的な結末まで分かってしまいます! くれぐれも気をつけて!!!!

キノファンの方も満足できるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本アリソン

2002/09/12 22:56

独特の冒険譚。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:神月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

キノの旅とは全く違う雰囲気の、宝探しの話。
宝探しというから、もっと別の物を想像したのだがああいう結末でこられるとは。さすがは時雨沢恵一、といったところであろうか。
キノのように重いものはあまり表面的にはせず、軽く流すような文体とキャラクターで書かれているので読み易い。
が、それ故どこか物足りない感じがしてしまうのもまた事実。
だがこれはこれで楽しめるいい話だと思う。
あまり深く考えずに、軽く読みたい時にお勧めの一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

驚愕の結末!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すねいく - この投稿者のレビュー一覧を見る

アリソン三部作の(四?)完結編です。この本の存在は前から知っていましたが、友達から借りて一から全部見終わったのがごく最近でした。

上下巻に分かれているので続けてみないと話が分かりません。それ以前に1、2を見ていないと登場人物の関係もチンプンカンプンなので最初から読むことをお勧めします。

内容は当たり前ですが前回の続き、切り離された列車の中での話が中心です。相変わらず、ヴィルは鋭いですね。またまた登場人物の素性を暴きます。上巻で張られた伏線自体に気づかない場合が多々あって、とても面白いです。「あ、あれにはそういう意味があったのか!」と何度も思いました。

最後はとてもアリソンらしい終わり方ですね(笑)。自分に嘘はつかずまっすぐ突き進むアリソンと、大人しくアリソンに振り回されっぱなしのヴィルの人物像をうまく表現したラストでした。私的にはとても嬉しい終わり方です。二人ともお幸せにね!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アリソン3上

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:勅蓮 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アリソンの父親の過去がほんの少し出ています。この巻は上巻というわけで新たななぞがつぎつぎと出てきます。人が大勢死んだわりにそのことはほとんど無視されている時雨沢氏の独自の作品でしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本アリソン

2002/05/10 17:06

出来のよいアドベンチャーゲーム

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:naka-m - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場人物が、主人公やその周りの人々はもちろん、例えば誘拐される老人のお手伝いさんや主人公たちが侵入する敵基地で出会う二等兵にまで、(全てが説明されているかどうかは別にして)それぞれのバックグラウンドに従って自分の動きたいように生き生きと動いているから、話の展開自体が多少ありきたりでも全体として十分楽しめるのではないでしょうか。

そう考えるとこの作者にはキノのようなオムニバス形式よりも伏線の張りやすい中長編のストーリーの方が向いているのかなあとも思うのでした。

小気味よく伏線を回収しながらさくさくと進む展開はなんとなく、出来のよいアドベンチャーゲームで正しい選択肢を選び続けている時の楽しさにも似ていて自分はとても楽しめました。

結果よりもプロセスを求めるあなたに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本アリソン

2002/04/02 17:44

詰めが甘い気はするが楽しめる一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sfこと古谷俊一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 題名は物語の駆動役のヒロインの名前。死がわりとあっさり流されてる感じはキノといっしょかな。
 無茶と率直さと工夫(と都合よいコネと出会いと幸運)でガンガン突き進む、“一夏の冒険”ものっぽい感じですか。どんどん転がる事態と窮地、そんなんで成功するのかと突っ込みを入れつつも基本的に小気味良い展開。過去の悪行をさらっと想起したり口に出したりするのも、いい感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本アリソン

2002/04/06 23:14

“時雨沢恵一&黒星紅白”最強コンビの新作!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 世界は二つに別れていた。東側に位置する“ロシアーヌク連邦”通称ロクシェ。西側に位置する“ベゼル・イルトア王国連合”通称スー・イー・ベル。両国はどちらが先に生まれた人類かを巡っていがみ合いが続いていたある日、ヴィルとアリソンはほら吹き爺さんにある宝の存在を聞く。その宝は『戦争を終わらせることができる、それだけの価値がある宝』だと言う。二人は疑いつつも宝探しへと導かれていく…。

 ヴィル&アリソンのコンビと個性的な登場人物達を楽しんで下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本アリソン

2002/04/06 15:16

スピード感がいい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:縞子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「キノの旅」の時雨沢恵一&黒星紅白のコンビの新作長編!

 その世界には巨大な大陸がひとつだけある。その大陸は二つの連邦に分けられていて長い間、戦争を繰り返していた。その東側の連邦で生きる学生ヴィルと軍人アリソンは、そこでホラ吹きで有名な老人と出会う。その老人は『戦争を終わらせることができる』という宝の話を始める。しかし、二人の目前でその老人は誘拐されてしまう…?!

 『キノの旅』とは一味違うスピード感をもつ冒険活劇。しかし静かな文章は相変わらず美しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。