サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

神様のメモ帳 みんなのレビュー

  • 著者:杉井 光, イラスト:岸田 メル
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (11件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
12 件中 1 件~ 12 件を表示

紙の本神様のメモ帳 1

2013/06/18 14:43

it's the only neet thing to do.

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポトフってどんな豆腐? - この投稿者のレビュー一覧を見る

一言でいうと"巧い"。これがまず出てくる。練達な文章の数々。かつて引きこもりのニートだった著者の文章力とは思えない。とにかく肩の力を落として読んでても読みやすい。スイスイすいすい…どんどん読める。というか引き込まれる。いや魅き込まれる。

個人的には3巻までまとめて読んで貰いたい。4巻は短編集なので一応の区切りがつくのが3巻なのだ。ラノベというとテンプレートな設定・登場人物・読みづらい文章。そして忘れてならない気持ち悪いほどに女子の好意に疎い主人公のガキ。本作にはどれも要素が入っているのに限りなく臭みがなく処理されているので"一般人"にも薦めやすい。ただ"ニート探偵"という奇妙な肩書きを持つ痩躯の少女を受け入れられるかが本作の壁ではないかと思う。そこは純粋に頭を柔軟にして受け止めていただけると嬉しい。

ある意味で読み手を選ぶがそれを差し引いても★5つは揺るがない。

表題のit's the only neet thing to do.はとある有名な作品の台詞をもじったもので後々大きな意味を持つ。こちらの作品も出来れば手にとってもらいたい。決して後悔はしない。本を読んで感動する。それだけで人生は豊かになるのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神様のメモ帳 5

2010/05/08 14:54

大人率が高めの短編集

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 短編集なので普段はメインに来ないような人をメインに、ということなのかもしれないが、エピソードの中心にいる人の大人率が高め。ミンさんや彼女の同級生二人(酒屋&ゲームセンター)に巻き起こる事件への、ニート探偵の活躍が描かれる。

 ミンさんの狙われたさらしとはなまるの新作スープの関係にまつわるエピソード「はなまるスープ顛末」、近所の酒屋さんで起きた異物混入事件とその背景にある人の想いを描く「探偵の愛した博士」、四代目不在の平坂組にかかってきた脅迫電話から始まる「大バカ任侠入門編」の既出短編3本とと書下ろしが1本。
 この書下ろしが、アーケード型ネットワーク対戦野球ゲームを巡って起きるヤクザとのリアル野球対戦に関する話なのだけれど、最後にきちんとネットワークゲームに話がつながっておさまるところがきれいだった。あと、過去に登場したヒロインもちょこっと登場するしね。

 新聞に載るような大きな事件ばかりではないけれど、そこに関わる人たちにとっては人生を左右するような大きな事件であって、その助けを求める小さな声に応えるところにニート探偵の価値がある。
 どうしようもない状況だと思っても諦めずに探せば、ギリギリ切り抜けらられる細い道はどこかに残されているのかもしれないと思えるストーリーだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神様のメモ帳 4

2009/07/18 16:02

自分ひとりなら何とか生きられる。でも、誰かの人生まで背負って生きるのは楽じゃない。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 自分から見ると明らかに苦境に陥っている他人がいる。それを助けるのはやさしさである、というのは常に成立する命題ではない。それが対等(だと思っている)関係であればなおさらだ。なぜなら、相手にだってプライドはあり、苦境から抜け出すことがプライドを失うことより価値があるかどうかは本人にしか分からないことだから。
 ゆえに、相手が助けを求めるまで助けない、というのは十分に納得のいくルール。しかし、このルールは頑なに守り続けなければならないものではない。だって、相手に確かめても良いのだから。助けようか?って。

 ニート軍団にありながら実は全然ニートではない、雛村壮一郎と平坂組のお話。インディーズバンドのプロモーションという仕事に駆り出された藤島鳴海が出会う、過去の記憶。テツの時と同じように、誰かのために作られた真実が誤解を生み、結果として絆が壊れそうになる。
 鳴海は自分の生き抜ける社会の隙間を見つけた感がある。壮の事業も含めて、現実の写像のように見えなくもない。だから今回は、初めから最後まで、鳴海が頑張って働いています。…ニートじゃねぇ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神様のメモ帳 1

2016/10/31 21:23

表紙から想像できない結末

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けー - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙はこのような感じだが内容はとても楽しいだけ、という内容でないことがこの書籍の面白さだろう。ネタバレはできないが、是非とも読むことを強くお勧めする。続きが気になって仕方ない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神様のメモ帳 1

2012/07/29 08:03

ニートとは。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:giwatake - この投稿者のレビュー一覧を見る

ニートに年齢制限があるのを初めて知りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神様のメモ帳 2

2012/07/29 08:01

面白い探偵だ。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:giwatake - この投稿者のレビュー一覧を見る

探偵には年齢は関係ない職業なのだと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神様のメモ帳 8

2012/01/24 12:54

傷跡が疼き出す季節

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 お~、なんかアニメとリンクしてる!と思ったら、後書きを読めばそれもそのはず。第二章はそもそも、アニメ第一話の原案として書かれたものだったらしい。通りでラブホから窓を割って下着女子高生が落っこって来たりするわけだ。
 そんなわけで、分量的には短編2本と中編1本というところなのだが、表層で起きる出来事はそれぞれ違うのだが、柱となるものは共通する連作集となっている。

 第一章は、三代目!襲来。雛村壮一郎の父、雛村玄一郎と母、理佳子が登場する。平坂組からの依頼で雀荘でイカサマをやる雀熊を見つけるために借り出された藤島鳴海は、容疑者たちを見つける過程で、雛村一家の相続騒動に首を突っ込むことになる。
 第二章は、たまには高校へ。篠崎彩夏に引きずられていった学校で、鳴海は生徒会長・剣崎佳也子と監査委員長・鮎川千夏の相談を受ける。それは同級生の誰かが、援助交際をきっかけとした強姦未遂事件に巻き込まれているという。その解決を任されるのだが…。

 そして最終章。第一章、第二章で描かれた事件の背景にあった、一年前の事件の残照を追い払うための苦難の道。再び街にエンジェルフィックスが出回っているのだ。その製造元を突き詰めるため、各事件の加害者たちを問い詰めていくうちにつぶやかれる言葉、シュシュリ。
 鳴海は彩夏を巻き込まないために、四代目と義兄弟の杯を返し、四代目と敵対することを選ぶ。その結果としてニートたちがたどり着く場所とは?

 煮えきらず、どうすれば良いかを分かっていても、誰かに背中を押されなければ決断できないと言う鳴海の性格は一年前と何も変わっていない。しかし、その間に関わってきた事件、そして人たちのおかげで、彼が見知らぬ誰かからすらも頼られる存在となっていることは確かだ。そして頼られれば、それを断る決断すら出来ず、結局、自分を、周囲を傷つけながら出なければ、それを収束することもできない。
 それは、駄目なことなんだろうか?いや、そんなことはないと思う。自分には被害が出ないよう、見てみぬ振りをして無関心を決め込むよりは、ずっと勇気のある選択だ。そしてそれを知るからこそ、ニートたちは彼に最後の選択を託すのだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神様のメモ帳 7

2011/12/01 20:30

絆のかたち

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 勤労感謝の日。それはニートへの怨嗟が街に溢れる日であり、ニートたちは自分の部屋に閉じこもり、ユダヤの安息日のごとく、何もせずに過ごす。その日が過ぎれば、ニートにとっての新年が明けるのだ。
 そんな冬のある日、平坂組騒動のときに関わったバンドの人の依頼で、藤島鳴海はまたもや芸能人の依頼を受けることになった。そうして現れた夏月ユイ、本名を桂木結菜という少女は、ホームレスの男が、昔いなくなった父親かも知れないという。奇遇なことに、その人はテツ先輩の知り合いのギンジという男だった。

 借金があり工場が火の車だったという理由はあったのかもしれないが、妻と娘を捨てて愛知から東京へとやって来た桂木健司。もし仮にギンジがそうだったとしても、簡単に娘に会えるはずもない。しかし、父親と会って話をしたいという依頼を受けたアリスは、生者の問題ゆえにその解決を鳴海に委ねる。
 だが、その父娘の問題と同時に、ギンジたちホームレスたちが暮らす公園で、再開発による立ち退き要請と、改造モデルガンによるホームレス襲撃事件という、またもや別の問題が重なってきた。加えて、校舎の問題については、少佐こと向井均に心当たりがあるらしい。

 ニート探偵団を一時抜け、独自にホームレス襲撃事件の調査を進める少佐と、父娘の問題に取り組む鳴海。彼は少佐に関わろうとするが、少佐の強い拒絶で関わることができない。テツやヒロ、四代目やアリスたちも、少佐の意志を尊重し、全く関わろうとはしない。
 そうして日数が過ぎていくうち、少佐と鳴海の事件は、思いもよらないかたちで関わりあうことになる。

 同じニート探偵団に属している仲間のはずなのに、それぞれ個人の事情には深く立ち入らないニートたち。元々全く他人なのに、ホームがないという事情を共有しているがゆえに、互いの意志を尊重しようとするホームレスたち。
 ニートとホームレスは全く事情が違うし、背負っている重みも違うけれど、誰かに必要とされた時に手を差し伸べる気持ちは共通しているのかも知れない。それは彼らが互いの事情を知らないとしても、互いに置かれている環境を共有しているという意味で、つながっているからなのだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神様のメモ帳 6

2011/04/29 17:04

ニート探偵の本来の役割

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ラーメンはなまるにミンさんの従兄妹たちがやって来る。黄紅雷と黄小鈴と名乗る彼らは、ミンさんの父、花田勝が人を殺して逃げたという。黄家は中国マフィアのトップの家柄なのだ。
 その代償として、ミンさんに花嫁の身代わりをして欲しいという紅雷だが、そこにはなし崩しでミンさんを嫁にしようという意図があった。それに気づいたヒロは、散々逡巡した上で、アリスにそれを阻止する依頼をする。

 ネットの海に生きるニート探偵、アリスですらも容易に足取りをつかめない、花田勝の動き。そうかと思えば、タイミング良く連絡を入れてきて、捜査の行方を誘導しようとする。一方で、本職のマフィアの前には、藤島鳴海の詐欺師めいた話術も、四代目の暴力も通用しない。
 このままだと娘がマフィアの嫁になってしまうというのに、まったく見えてこない花田勝の目論見。アリスが明らかにする真相には、娘を思う不器用な父の生き方があった。それなのに、事件を収束させるために取った手段は、非常にジゴロ的という正反対さ!

 短編で、ヒロの師匠でありアリスの大叔父でもある紫苑寺吾朗が登場する、「ジゴロ先生、最後の授業」も収録している。長編の流れで読むと、面白さは倍増するかもしれない。

 ところで花田勝の経歴って、どこか南雲慶一郎を彷彿とさせる印象があるなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神様のメモ帳 5

2015/10/11 14:40

短編集もありだね!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:roka512 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回の巻は短編集になっていて、とても読みやすかった。なんといっても区切って読めるところが。内容は鳴海の日記みたいになっていて、四巻までの中で描かれていた。私が一番好きだった話はゲームセンターの営業をかけた野球の話かな。まさかまさか打席にあの人が立つなんて思ってもなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神様のメモ帳 9

2015/02/03 20:24

さよならアリスまた逢う日まで

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sakana_melody - この投稿者のレビュー一覧を見る

涙なくしては読めない、杉井光氏人気シリーズの最終巻(しかし最終巻が出るまでに、いくつかの別のシリーズを終わらせたり、と、しばらく時間が空いた)。アリスの実家の秘密が明かされ、アリスから強制的に引離されたナルミは、アリスを上回るハッキングスキルを持つアリスの「叔父」に、とんでもないしかけで立ち向かう・・・ がんばれ、ナルミ!

手に汗握る展開、文句なしの五つ星!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神様のメモ帳 3

2008/06/15 21:48

世界は言葉でつながっている

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1巻が彩夏がナルミを世界に呼び込もうとする話だとすれば、3巻はナルミが彩夏を世界に引き戻そうとする話と言えるかな?園芸部と温室という同じ設定を使って、違う事件を組み立てるのは結構面白いと思う。これをもって本当の意味で1巻の事件は完結する。
 ドタバタして、痛い目にもあって、自分の世界を守ろうとして他人が守ろうとした世界に手を掛けたりするんだけれど、結局、自分の想いを相手に伝えるには言葉しかないんだ、と気づいたナルミは、一つ成長したのだろうか。
 ニートが活躍する話のはずなんだけれど、今回のメインはどう見ても学生だよ…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

12 件中 1 件~ 12 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。