サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

パラサイトムーン みんなのレビュー

  • 著者:渡瀬 草一郎, イラスト:はぎや まさかげ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

電子書籍パラサイトムーンII 鼠達の狂宴

2016/05/24 16:51

怪奇に巻き込まれた少女が、最後に得るものは?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kazama - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作の続編だけど、主人公はまた別の人。
絡まない、出てこないわけではないけど、視線は全く別の登場人物になってて、続編を読んでいるような感じにはならないという、すこし不思議な感覚を覚えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍パラサイトムーン 風見鳥の巣

2016/05/24 14:41

恐怖を感じない、宇宙的恐怖

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kazama - この投稿者のレビュー一覧を見る

クトゥルフ神話を意識している、と作者が入ってるだけあって、確かに宇宙的恐怖はあるだろうけど、登場人物たちの魅力が上回っているためか、そこまで恐怖は感じない……むしろ、身近にある不思議とでもいうのか、そういうものを思わせる。
何が言いたいかというと、面白いから読んでみてください、ということだ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

偶像編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大にぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今回はアイドル編。またまた不可解な迷宮神軍の話なのですが、前作の主人公が今回はサブキャラになります。3巻ではまた戻るようですが。
 内容は組織からねらわれるアイドルを守るお姉ちゃんの苦労。といった感じです。かなりヘビーな感じがする作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本パラサイトムーン 風見鳥の巣

2002/10/14 14:32

広がりを予感させるシリーズ

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:由良 - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙のイラストにちょっとヒイテしまいましたが,陰陽ノ京シリーズに惚れてしまったので購入。どんな話かと思いきやこれもHIT!でしたね。シリーズ一巻目ということでこの世界観のさわりを見せてもらったわけですが,たくさんの「神群」というものがいることや時にそれが増えるらしいということなどまだまだ広がりそうな物語です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本パラサイトムーン 風見鳥の巣

2001/05/09 02:05

電撃ゲーム小説大賞の<金賞>受賞者の新・神話大系、開幕!

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タニグチリウイチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 TVアニメのヒロインを思わせる巫女さん姿の美少女イラストに、ふしぎな能力を持った少年が幼なじみ美少女のせいで事件に巻き込まれていくストーリー。渡瀬草一郎の『パラサイトムーン 風見鳥の巣』(メディアワークス、570円)は、平安時代の陰陽師たちの、呪法を駆使したバトルを描いて好評だったデビュー作の『陰陽ノ京』(メディアワークス、610円)から心機一転。現代が舞台のラブコメにでも挑戦したのかと思ったら大間違いで、ラブはラブでもラブクラフトを思わせる異神と人間との激しいバトルが繰り広げられ、文字通りの驚天動地な展開へと読んでいる人を引きずり込む。
 人間の感情が色で見えてしまう不思議な力を持った少年・希崎心弥は、幼なじみの露草弓に誘われて、弓の父親が生まれ育った徒帰島へと向かう。そこでは「波谷様」という島にだけ伝わる神様が崇められていて、住民にいろいろと恵みをもたらしてくれていた。
 ところが時を同じくして、「波谷様」の言い伝えを聞いて島にやって来てはいろいろと嗅ぎ回る謎の一味があって、心弥と弓はそんな一味と「波谷様」を守ろうとする島民たちとの争いに巻き込まれてしまう。謎の一味が探し求め抹殺しようと企む「迷宮神群」とは何なのか。「波谷様」は「迷宮神群」の関係は。弓はどうして「波谷様」に呼ばれたのか。心弥の力の秘密も含めて数々の謎が明かされた時、人間たちを闇から動かして来た暗黒の神々たちがその姿をのぞかせる。
 有力作家を続々と送り出す電撃ゲーム小説大賞の<金賞>受賞者による新・神話大系、ここに開幕!
 
(タニグチリウイチ/書評家、新聞記者 http://www.asahi-net.or.jp/~WF9R-TNGC/)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。