サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

ハロー、ジーニアス みんなのレビュー

  • 著者:優木 カズヒロ, イラスト:ナイロン
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本ハロー、ジーニアス

2010/10/10 00:13

期待に応えられない恐怖と絶対の孤独

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 各国が少子化問題を抱えるようになった世界では、その代わりであるかの様に、ジーニアスと名付けられた、これまでとは脳構造からして違う天才たちが生まれる様になった。彼らは生まれた瞬間から自らの特化領域を持ち、その分野において圧倒的な成果を生み出し世界をリードしていく。
 そんな世界で、竹原高行はひざの故障でハイジャンプを辞めざるを得なくなる。特待生としての価値もなくなったため、学園を退学しようとしていたところ、彼の前に一人のジーニアスが現れる。海竜王子八葉と名乗るその少女は、そんな高行を自分が主宰する第二科学部へと勧誘する。
 勧誘の理由は釈然としないものの、好奇心と怖いもの見たさもあって、退学までの残りの一ヶ月を第二科学部で過ごす事にする。しかし、高行がハイジャンプときっちり決別できていなかったことが、彼らの活動に致命的な障害をもたらすことになるのだった。

 才能や資質が生まれた瞬間からある程度は判別できてしまうようになった世界。少子化世界ゆえ、子どもたちは比較的早く社会の一員となることが求められ、それを実現するために、選別された才能の予言を受け入れ、その道に進むようになる。これは普通の人間でもそうなのだが、八葉はその筆頭格だろう。まさに世界の変革者として期待され、あるいは疎まれている。そしてそれに応えられないことは恐怖でしかない。
 対して高行は、自らの意思によってハイジャンプを選び、そしてそれだけに打ち込み、トップクラスの成績を残してきた。それゆえ、その拠り所をなくした瞬間に進むべき道がなくなる恐怖を感じ、それを他者から突きつけられることを怖れて、自ら身を引こうとする。
 この両者の感じる恐怖は、全く方向性が違うようでありながら、性質的には良く似ている。その目は他者を意識していながら、自らは孤独を感じているのだ。これは、そんな二人が自分たちの本質に気づき理解していく物語であるとも思う。

 中盤過ぎまでは、イベント発生型ストーリー展開というか、まずイベントが発生するカットがあって、そこから会話が発生するという様な、ある種のゲームの様な進行の仕方になっていることが特徴である気がする。しかし、終盤になってからは様々なキャラクターの筋が終結し、きっちり物語を終わらせるために転がり始めた印象がある。おかげで、次の展開への広がりが生まれたと思う。
 続巻があるかどうかは分からないが、個人的には読んでみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ハロー、ジーニアス 3

2015/08/24 10:03

自分の力だけでは飛び越えられないバーも

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

第二科学部に迫っていた廃部の危機はひとまず去った。雨降って地固まるというべきか、災い転じて福となすというべきか、ジーニアスの海竜王寺八葉にも同性の友人・有屋美月ができた。それは竹原高行にとっても良いことのはずだ。
 しかし、ひとつの変化は新たな変化をも引き起こす。まずは学生的に問題なのが、成績不良者に対する夏休みの補習が厳しくなったこと。一番まずいのは、赤点領域にいる有屋美月だ。そしてもうひとつは、海竜王寺八葉の体調不良。特化領域<ブランチ>が未だ定まらないことによる体調不良らしく、生体工学のジーニアスで八葉の知り合いのクリストファー・オランドが第三学園にやってくる。

 八葉を治療のためにフランスへ連れ去ろうとするオランドに対し、高行は八葉に海外にいって欲しくないと思いつつも、彼女の体調のことを思うとそれを素直に告げることもできない。そこで彼は、オランドとひとつの賭けをすることにしたのだった。

 大切だから側にいて欲しい。大切だから迷惑をかけたくない。対立する二つの思考のいたる結果は、結局は自分の心を殺し、相手を尊重するような答えを選び取ることになるのかもしれない。しかしここでひとつ確認すべきなのは、その二つの思考は本当に対立しているのかどうか、だ。
 もう少しよく考えてみよう。何か前提は間違っていないだろうか。上手く対立をすり抜ける答えがあるのではないだろうか。考えを避けてしまう部分に無理矢理押し入り得られるものは、自分を殺さず、相手を傷つけずに済む、とても都合の良い答えかも知れない。

 八葉も高行も、相手から未来を奪いたくない一心で、安易に身を引く答えに飛びつこうとした。それが相手のためなのだと信じた。だが、そうではないと彼らに気づかせてくれたのは、彼らが手に入れた他の人との絆がもたらしてくれたものだ。
 自分の利益に囚われず、本当に望む答えに挑む背中を押す。それが正しく友人の仕事なのだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ハロー、ジーニアス 2

2011/07/15 23:22

恐々と手を伸ばし始める少女たち

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 部長・海竜王寺八葉、副部長・竹原高行に加え、水泳部の有屋美月も入部し、部活動としての体裁を整えつつある、第二科学部。
 こうしてジーニアスの八葉は、確執のあった陸上部の伊佐勇里や灰塚清彦も含め、少しずつ他人との付き合い方を覚えていく。

 そんな5月、第二科学部が入居する三十八・三十九仮説部室棟に、立ち退き騒動が持ち上がる。十年前の古証文を持ちだして来た課外活動統括委員会、学生自治会の自警団の様な組織が、部室長屋を取り壊そうというのだ。
 その背景には、ジーニアスの八葉を利用したい学園都市運営機構の思惑が見え隠れしていた。

 そんな権力の横暴には従えないと、有屋美月は、反対署名集めのためのバザー開催を提案する。それにのった部室長屋入居メンバーたちはノリノリでバザーを成功に導き、無事に必要な署名を集めることに成功する。
 しかし、統括委員会の宮野真琴から、副委員長の寺尾荘司が、その署名を無効化する策略を仕掛けていることを告げられるのだった。

 前巻は八葉と高行の関係構築に費やされたように、今巻は八葉と美月の関係構築を描くことに費やされる。
 ジーニアスとして周囲から規定されてしまっていて自由がない八葉と、周囲からの期待がない分、理想の自分を求めて五里霧中にある美月がそれぞれ抱える悩み。その背景には、自分の可能性が数値化され、それに縛られることが当たり前となっている世界観がある。そんな彼女たちが、高行という人間と、今回の騒動を通じて、深く結びついていくのだ。

 展開が見え見えの部分はあるかもしれないが、こうして第二科学部は立ちあがった。さて次はどんな展開になるのかが楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ハロー、ジーニアス 2

2011/04/16 18:51

天才の居場所、俺たちの居場所

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かげろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 優木カズヒロさんの「ハロー、ジーニアス」最新作。
 前作は「居場所をなくした挫折したハイジャンパーが、孤独な天才少女の許に居場所を作るまでの物語」で、物語としての構成が美しい力作でしたが、今回は「孤独な天才が孤独をやめ、居場所を守る物語」と言う感じでした。
 前作からそうですが、物語の構成もさることながら、確固とした筆力から紡ぎ出される地の文の独特な面白さでぐいぐい読める青春エンタです。
 前回はあまり出番のなかった有谷美月も、天才少女・海流王寺八葉と対比して登場することでキャラクターとしての個性をはっきりさせてきました。
 前作が「主人公と天才少女の物語」だとするなら、今回はどちらかというと「天才少女と平凡な少女の物語」と言う感じでしょうか。天才には天才なりに、凡人には凡人なりに抱えたものがあり、それがまたいい感じに青春しています。
 でもこの先主人公、どういう役割で立ち回るんだろう……とその存在意義を心配してみたり。第一巻での主人公の描写がかなり文学的に美しかったので、今回の「天才と周囲とをつなぐ役割」を考えるとちょっと主人公ちからが弱まっているような気も。もちろん今作のフォーカスは主人公よりヒロインよりなのでそれはそれでよかったんですが、まだ明かされていない八葉の「特化領域」とかを巡って色々活躍するのかな?

 個人的な考え方として、小説は小説であるからには小説ならではの面白さがあるべきで、その面白さは構成・台詞回しよりも地の文の面白みや情緒、美しさににじみ出てくると思っています。
 あらすじを説明されても分からない面白さこそ、小説の面白さ、いいから読んでみろと言われて初めて分かるものが眠っていてこその小説、と思うのですがどうでしょうか。
 この作品は文句なく「小説として面白い」と、自信を持ってオススメできます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。