サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

探偵・日暮旅人 みんなのレビュー

  • 著者:山口 幸三郎
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本探偵★日暮旅人の失くし物

2015/12/30 18:10

探偵★日暮旅人の失くし物

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

スペシャルドラマでシリーズを読み始めましたが、予想していた探偵物とは少し違っていました。
探偵は警察さながら様々な調査をしたり、事件を解決するものと考えていましたが、本シリーズは視覚以外の4感がない旅人が主人公である愛探しがテーマになっています。
2作目である本作の終盤には旅人の目に関わる事件が触れられています。徐々に明かされていく旅人の過去から目が離せません。続きはきになります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本探偵★日暮旅人の宝物

2015/09/29 08:49

癒やされるためのはじまり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

両親の謀殺事件に対する決着をつけ、日暮旅人は改めて探偵として暮らし始めた。雪路雅彦や山川陽子、百代灯衣との関係もこれまで通りだ。
 そんな旅人が関わる、そしてこれまで関わってきた事件のいくつかがここに明らかにされる。

 シリーズを通す謎には決着をつけ、第2章として新シリーズが始まったという位置づけらしいが、前シリーズの補足的なエピソードもいくつか収録されている。
 そして今巻の最後では、何やら次巻の展開に不安を持たせる人物が登場する。その人物はどんな目的で探偵事務所を監視しているのだろう?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本探偵★日暮旅人の贈り物

2015/03/19 11:26

まとめて購入してから読んでください!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ころりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気に読めました!謎ありラブありの四冊と少な目ですが伏線がちりばめられていて、見事に回収されていました。

だらだら続けないで潔いくらいに終わってます。
毎巻の引きがやきもきするので、まとめて購入するのをオススメします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本探偵★日暮旅人の笑い物

2015/02/05 00:14

ネタバレあります

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Oku - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラストスパートがいよいよかかっていて、物語の佳境へと一気に進みます。新事実も発覚しますし、めっちゃ泣きました。まぁ、これはこのシリーズ毎度のことなんですが、今回はすごい!もう涙ぼっろぼろで後半休憩挟まないと文字が読めないレベルでした!次回が最終巻だと聞いて、さみしいような待ち遠しいような(まぁ、正直次巻めっちゃ気になる終わり方でしたので早く続きが出て欲しいんですが、)旅人さんシリーズもいよいよ終わりなんだな、としんみりしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本探偵★日暮旅人の失くし物

2011/04/09 19:16

旅人が見る人と人の絆の姿

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 視覚以外の五感を失った代わりに、その感覚を視覚で把握できる能力に目覚めている日暮旅人と、彼に関わる人々を描く物語。連作短編になっており、今回は「老舗の味」「死体の行方」「母の顔」「罪の匂い」を収録している。1本目と3本目は前巻の雰囲気に近いけれど、2本目と4本目は少し暴力の香りがする。
 老舗の味は街の小さな洋食屋に関わる、母の顔はシングルマザーに関わる、親と子の物語という共通点がある。また、死体の行方と罪の匂いには、友人同士の関係という共通点があると思う。こう考えると、人と人の関係がテーマと言えるかもしれない。

 旅人が彼の持つ能力を使って、物事の善悪・大きさにかかわらず解決していく過程で、彼が過去に出会った、五感を失くした事件にかかわる事実が少しずつ浮かび上がって来るという構成になっている。
 前巻よりアクションが多くなった印象があるので、前巻の雰囲気が特に好きだった人には少し違和感があるかもしれない。しかし、旅人が被害にあった事件に元々バイオレンスの要素がある様なので、今回の雰囲気がこの物語のデフォルトなのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本探偵★日暮旅人の探し物

2010/09/25 00:20

他人のためには取り戻せるのに自分には取り戻せない大切なもの

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日暮旅人は他の人に見えないものが見える。それは声であり匂いであり味であり感触である。彼は視覚以外の五感を失った代わりに、他の感覚を目で見ることが出来るのだ。彼はその能力を利用して、誰かの大切な探し物を見つける探偵をしている。
 彼の娘である百代灯衣が通う保育園の保育士である山川陽子は、ある日、子どもの頃から大切に持っているキーホルダーを失くしてしまう。そこから、旅人と彼の能力、そして彼が関わってきた事件を知っていくのだが、その先には彼女に関係のある事件も待っているようで、というお話。

 探偵ものだけれど、アクションもなければ、この巻では犯人すら登場しない。現れるのは、何かを大切にしてきた人と、その大切なものだけだ。旅人はその大切なものを大切に思う人の手に取り戻していく。
 また、ある意味では、保育士の日常を描く物語と言えるかも知れない。この、陽子が働き、灯衣が通う場所、というだけだと思っていた保育園が、旅人の目的にとっても重要なものになっていくのは意外だった。
 初めは短編で様々な事件が起きる物語だと思っていたのだけれど、何人かの依頼人が登場するのは確かながら、その背景には旅人と陽子に関わる過去の何かが横たわっている、長大な物語らしい。そしてその話は次に続く。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本探偵★日暮旅人の探し物

2015/11/28 17:42

ドラマを見て

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ありんこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビドラマを観て続きが気になったので購入しました。ドラマも豪華キャストで良かったのですが、原作の方が面白いのでオススメです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本探偵★日暮旅人の贈り物

2015/08/25 10:36

長い旅路の果てに

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

日暮旅人が五感を視覚で代替する能力を得たのは、幼稚園の頃に誘拐され、ロストと名付けられた麻薬の人体実験に使われたからだ。そしてその原因は、父・日暮英一が、秘書を務めていた市長・雪路照之の不正を意図せず暴いてしまったからだ。そしれ彼は、事実隠ぺいのために、妻・璃子と共に事故死に見せかけて殺された。
 旅人を誘拐した犯人である白石警部は、突然目の前に現れ、自身の罪を知る旅人に恐れおののき、彼が大切にしていると思われる、娘の百代灯衣の幼稚園の先生にして、かつての幼なじみの山川陽子を誘拐し、旅人を誘い出そうとした。しかし、それを旅人の両親を殺害した犯人である暴力団の熊谷に横からさらわれ、逆に、白石警部の息子まで人質になってしまう。

 何かが動いていることを察した旅人の相棒である雪路雅彦と、彼に接触して来た増子すみれ警部補は、過去の事件の真相を記してあるという「山田手帳」を求めて探し歩く。

 シリーズ完結巻。ほぼ救いのない結末でびっくりした。旅人が元の暮らしをする決断をしたところは救いだが、両親の死の真相は白日の下にさらされず、犯人や黒幕たちは罪も問われずこれからも生きていき、そして旅人の異常は悪化する一途であることが明らかにされる。
 しかし、そこに至るまでの過程で、旅人がどれほどの要素を考慮に入れて身近な人間を集めていたのか、そしてその想いは一体どんなものだったのか、あらゆるポイントで想像する余地を残した結末と考えれば、それほど悪いものでもないのかもしれない。

 しかしやはり、分かりやすい救いがあった方が、フィクションとしては安心して楽しめるという気もする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本探偵★日暮旅人の忘れ物

2015/08/17 14:55

目を閉じれば無いのと同じ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

視覚以外の五感を持たない代わりに、その他の感覚を視て補うことができる能力を持つ日暮旅人。彼のその能力は幼少期に巻き込まれた事件の後遺症であり、それが現在探偵として探し物をしている動機でもある。
 今回はいつものようにしんみりしたハートウォーミングなエピソードから始まって、目的実現のための道具の準備、雪路雅彦との出会い、そしてついに過去の事件の真相が明らかになる端緒までたどり着く。つまりは次巻へ続くということだが…。

 人生全てを歪められた旅人にとって、復讐をすることが生きる目的。しかしそれは、人との出会いで変わっていくこともできるはず。それなのにそのぬくもりは、旅人の肌には伝わらない。彼が目を閉じてしまえば、彼にはそれは存在しないことと同じなのだ。
 彼の目に復讐以外が映る日はやってくるのか?次巻が最終巻らしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本探偵★日暮旅人の探し物

2011/12/20 08:08

あったはずのもの、なぜないの、どこへ行ったの?探し物探偵に、ぜひお願いしたい。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アヴォカド - この投稿者のレビュー一覧を見る

毎日毎日何かしら探し物をしている私にとって、「探し物探偵」とは、ん?と惹かれずにおれない設定。
家の中のここそこに置いたはずのもの、なぜなくなるの、どこにあるの、と探している人は少なくないはず。
物だけでなく、記憶や想い出も。

「椅子の声」「探し物はなんですか?」「景色の神秘」「地中の詩」の4編。
ラノベの域を出ていないし、文章もあまり巧いとは言えず、オトナの鑑賞にはちょっと難しいだろうなと思うけれど、設定とキャラクターが魅力的。
視覚以外の感覚がなく、目に見えないモノを”視る”ことで探し物をする日暮旅人と、人形のように美しく大人っぽい保育園児の娘。その2人に惹かれていく保育士の目を通して、話はテンポよく展開していく。

古風な恋を追いかける「椅子の声」が、まとまりもよく、軽さもほどほどで、一番よかった。

最後の「地中の詩」にははっきりと(つづく)と記され、むむ?次はどうなっていくの?とつい読みたくなるのだから、成功していると言える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍探偵・日暮旅人の探し物

2016/08/21 23:53

灯衣ちゃん可愛いけど、こんな保育園児は嫌だ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nawade - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは探偵・日暮旅人と探し物をめぐる物語である。
「さがす」を漢字にした場合、探すと捜すになり、欲しいものは「探す」、見えなくなったものは「捜す」と書かれる。
そういう意味で失せ物を捜すのではなく、失せ物を通して依頼主が本当に求めているものを探すという意味がタイトルにも込められているのかもしれない。
そして、探し物が捜し物になった際、本当の物語が始まるのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

11 件中 1 件~ 11 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。