サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

ドラフィル! みんなのレビュー

  • 著者:美奈川 護
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

音楽でしか消せないしこり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

竜ヶ坂商店街フィルハーモニーというアマオケの指揮者である一之瀬七緒の下でコンマスを続けることにした藤間響介に、父親の藤間統から電話がかかってくる。それは彼に弦を置く様に告げるものだった。
 せっかく、車椅子の指揮者をネタに取り上げたい新聞社が取材に来たおかげでドラフィルの名前が売れてきて、次回公演も評判となり始めていたにもかかわらず、肝心のコンマスは精神的なダメージでまともな演奏も出来ない。そこで七緒は、響介の奮起を促すため、彼自身が再度立ち上がるために弾かなければならない曲目を、彼自身に選ばせる。

 そんな個人的な問題を抱えつつも、ドラフィルのメンバーにも問題が絶えない。商工会の副会長がドラフィルに反対を表明したり、新ティンパニ奏者の兄弟間の不和が発覚したり、ヴィオラ奏者の高坂幸の母娘の問題が明かされたり、それぞれの問題の根幹には音楽が大きく関わっている。
 ゆえに常任指揮者とコンマスは、音楽によってその問題の本質を理解し、音楽によってそれを緩和する解を示すのだ。

 示された解が正しいかどうかは必ずしも重要ではない。関係者がそれに納得し、受け入れることが出来れば、それには意味がある。それが他者を理解すると言うことなのだから。
 仮にこの作品に続巻があるとすれば、次の相手はこれまでで最も手強いことだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

夢を手放しかけた青年の覚醒

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

藤間響介の音楽を変えたのは、十年前のフォルテの重音だ。東亜音楽コンクールヴァイオリン部門本選で聴いた、ブラームスのヴァイオリン協奏曲ニ長調第三楽章、樋山ゆかりという3歳ほど年上の少女が響かせた、規格外の音に、音楽の可能性を見せつけられたのだ。だが現実は、帝真音大ヴァイオリン学科を卒業しても、藤間響介にプロオケの就職先はなく、これまで多大な援助をしてきた父親にも見限られてしまった。
 そんな彼のもとに、叔父で楽器商の藤間薫から、竜ヶ坂商店街フィルハーモニーというアマオケがコンマスを募集しているという話を持ってくる。公民館というバイト先もセットになっており、行くあてもない響介は、叔父から借り受けている愛器のカルロ・ランドルフィと共に、その寂れた町へと向かった。

 そんな彼を迎えたのは、一之瀬七緒という、車椅子の女性だった。車椅子とは思えないとてつもない行動力を見せつける彼女は、響介のコンマス就任試験だと言い、とある課題を出す。実は常任指揮者である彼女の、指揮者としての天才的な才能を見せつけられた響介は、竜ヶ坂商店街の人々との交流を通じ、彼女のタクトにぶつける自分の音楽を見つけ出していくのだが…。
 トランペットの首席奏者である81歳の増田源次郎と孫の吹子の確執、和菓子屋の未亡人・畑山彩花が抱える息子・和樹に対する不安、元コンミスの野村美咲が父親に抱く心残り。そんな様々な気持ちのズレを、七緒に導かれるように、響介は音楽を使って調律していく。そしてその果てに、ドラフィルを創設した城英音大の元学生にまつわる音楽の呪いを解く役を担うことになる。

 子どもの頃から音楽一筋に打ち込んできたにも拘わらず、才能がないことで音楽の道に残れなかったと思っている青年と、突然の事故でそれまでの音楽の道を奪われたにも拘わらず、折れずに自分の音楽を貫こうとする女性の出会いと成長を描く物語だ。
 才能というのは確かに存在するけれど、それが左右する領域まで人と引き上げるのは、ただひたすらに努力し続けられることだと思う。そのことに気づいて実行できるならば、大概のことは成し遂げられると思うのだ。…もちろん、それでは届かない領域というのも確かにあるとは思うけどね。

 本書は四章構成になっているのだが、各章の構成が巧みになされていると思う。そしてそれを一つ一つ積み上げていくと、全体を解き明かす構成になっているのだ。尤も、全体の方は各章の構成に比べれば、少し劣る気もするけれど。
 音に魅了され、音に縛られ、音に傷つけられ、それでも音を手放すことが出来ない人々を、音の聞こえない文字で上手く表現している気がする。まあ、登場する曲を知っている方がより伝わりやすいとは思うので、どこかで聴いてみるのも良いだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「音」の足りない音楽

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

どこにでも居そうな濃い人々と、趣味であり人生でもある音楽
それぞれの悩みを解決して仲間を増やしていく、黄金パターンですね
オーソドックスで読みやすく、このままドラマに出来そう
「音」の描写が弱いのが残念

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

魅力なし

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

正直、前作よりつまらなかった
相変わらずのお悩み相談&解決だが、キャラクターに魅力がない
主人公との絆がまったくないまま奇人変人扱いでは、音楽のために嫌々付き合ってるようにしか見えない
今回のテーマである親子の絆も、結局解決しないまま自己満足と傷の舐め合いでは、馬鹿馬鹿しいにも程がある
音楽センスもなく、なぜアマオケ描こうと思ったのかが不思議

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。