サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

タロットの御主人様。 みんなのレビュー

  • 著者:七飯 宏隆, イラスト:YUKIRIN
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本タロットの御主人様。 9

2010/09/22 00:33

完結目前のクライマックスながら何とも悩ましい余韻が残る

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

次で完結との事。つまりは決戦目前のクライマックスたる最終章の始まりと言える。冒頭でいきなりタロットが1枚封印されて、何だか扱いが軽いなぁと思ったが、これはあくまで最終章に入るための最後の封印だったとも言える。

本巻の印象を端的に記せば、様々な秘密が判明しつつあるような、それでいて新たな謎が生まれたような、何とも言えない悩ましさが残る展開だった。普段は思わないのだが、これに関しては次巻が出てから一気読みした方が良いかも?しかし、待たされてから多くの謎が次々と晴れていく爽快感を味わうのも一興なので、やっぱり読んだ方が良いのかな?でも、今回は結局のところ、いわゆるラスボスが出てきただけだしなーと、いろいろ悩ましいのである。

ただ、シリーズを通じて熟成されたキャラ達のやり取りは円熟の域に達しており、それぞれがそれぞれの役割で自由に喋り、闊達に動き回る面白さが出ている。何気に“チーム秋人”も強くなっている。それでいて、未だ真の恋愛を意識できずに逡巡する籐子様とか、逆に良い意味で開き直った八久住さんとか、ちょっとだけ意識を変えた結夏といった面々がラヴ方面の行方を楽しみにさせている。これにどう応える、秋人クン?といったところだが、この期に及んでまだヘタレが抜け切らないもどかしさもあって、これまた悩ましい。最後の最後に至って「見逃すべきか」などという選択肢がある訳なかろう。この意味では一番心配してしまう秋人だが、これがどのように成長し、どのように覚醒することで、どんな結末に至るのか。第1巻の冒頭を改めて読み返しつつ次巻での謎解きと「結末までの過程」を楽しみに待ちたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本タロットの御主人様。 8

2009/12/13 23:34

揺れ動きつつも傾いていく恋心と秋人の覚悟

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は何でもアリなテーマパークへの特別修学旅行でのドタバタ珍事の末に秋人が漏らした本音が割といい感じなのに加えて、八久住さんが投下した告白爆弾の顛末にも一応の決着が見られて面白いことになっており、四阿本家に忍び込んだ真冬も秋人の秘密に近づきつつあって盛り沢山である。

前半は、まぁ、いつも通りではあるが、秋人と八久住さんのことが気になる他のメンバーが真意を問いただそうと追っかけ回す鬼ごっこが繰り広げられている。籐子様 → アメジスティア → 結夏 → 三崎と、捕まっては邪魔が入ってを繰り返す中で、それぞれが秋人と自分との関係について考え始める展開が良かった。恋に恋する乙女から特別な異性として本当に気になり始めた娘、兄のような包容力を見出だしながら本来の目的のために振り切ろうとする娘、曖昧な気持ちではいけないと気付いた娘、これまで感じたことのなかった感情を観測し続けたい娘など、秋人を取り巻く恋模様が八久住さんを起点として次の段階に進んでいる。また、秋人の“現時点での”答えも御主人様としての立場を把握して覚悟もしていることを示していて悪くなかった。不可抗力なのに勝手に誤解されて蔑まれるパターンばかりな“表向きの”関係がちと食傷気味になってきているので、この辺でそろそろ少しは見直して新たな関係を築くきっかけになって欲しい秋人の本音だと思う。

実は何気に今回もタロットを封印しているが、今回の舞台とタロットの特性を活かした「御主人様そのものが危機に陥る」展開だったのが面白かった。カード達の活力の源となるものを上手く挿み込んでいたと思う。また、これには実に面白味のある“もう1つの力”の存在、本来ならあり得ないハズの存在が突如として出てきており、秋人のこれまでの言動の正しさとして報われる展開も良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本タロットの御主人様。 6

2008/12/11 13:41

秋人達がチームとしてレベルUPしている

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

いよいよ海外へ飛び出した第6巻は、コメディな前半とシリアスな後半がメリハリの効いた良作だった。相変わらずかしましい流れで始まるが、フェレンと名乗る女性と出会う。怪しい日本語で毒舌なフェレンは最後まで同行するが、その理由は後に判明する。せっかくの旅行だからと相応に羽を伸ばし、当然ながら恋の鞘当ても活発になる。とりわけ例の悪友達(舞ちん&紀ぽん)から今回もそそのかされた香澄ちゃんが思わぬアタックに出るも空回り。結夏とは違う反応を見せる秋人に落ち込んだりもするが、これが後半の頑張りに繋がる。あと、三崎が座る場所は秋人の膝の上で定着しているようである。しかもそれを誰も咎めない。こうした馴染んだ雰囲気が本巻では見て取れるが、どうやら秋人チームも本格的に特訓をするようになったらしい。桜ばーちゃん宅で自主練までしており大した進歩である。そしてその成果は後半のバトルでしっかり出ていた。あえて第二詩篇を用いた作戦には驚いた。いつの間にこんなことが出来るようになったの?である。第三詩篇までいっちゃった娘もいる。そして今回の戦いを通じて香澄ちゃんは改めて自分を見つめ直し、秋人への想いをストレートに表す決意を固めたようである。

実は本巻では秋人の秘密が少し明らかにされている。秋人本来の器量を示唆するものだが、結夏にも何か秘密があるようで今後の楽しみである。そもそも桜ばーちゃんが異国に長年住んでいたこと、ジブちゃんが木箱に憑いたこと、アメジスティアの過去のこと、今回の旅行とタロットとの遭遇など「10年前」をキーワードに様々なことが生じており変化もある。ちなみに前半のキーワードは「旅の恥はかきすて。ワニのマークはラコステ」である。秋人達がチームとして団結、成長し始めたことも含めていろいろと充実し、全体的に締まりが(少しだが)出てきて、続きが大変気になるようになったことが本巻最大の収穫であろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本タロットの御主人様。 10

2011/03/01 22:02

期待を裏切らない順当な結末

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

“ジョーカー”や「あの男」といった宮殿(コート)側の人物達が誰なのか判明したり、一応のどんでん返しというか大逆転的展開もあるにはあるが、総じて順当な結末と言える完結編である。短編集のみに出てきた人物達には敢えて触れず、あくまでも本編をしっかり結ぶ方向で話が進んでいく。

“ジョーカー”との対決、「あの男」との対峙といった展開に連れて成長していく秋人を描きながら、タロットを使い捨てのように使役する「孤独」と、お互いが信頼し合い、力を合わせて困難を乗り越えていく仲間とする「団結」を対比して織り交ぜる良さがあった。真冬の“陥落”に始まり、残りのタロットも順次封印され、勢揃いする壮観さも出ている。個人的には、男タロットとの封印をどうするかとの興味がBL的関心抜きで(ホントだよ?)あったが、ここは作者も「野郎同士の描写は不要」とばかりに裏技を用いたようである。また、仲間入りするのが最後では活躍の場が無かったタロットもいるのだが、代わりに準レギュラークラスが補助的に頑張っていた。

ちょっと面白かったのは、死神の通訳という役割を与えられ、冴えた毒舌を炸裂させていた序盤から、最後までいい味を出していた籐子様との主従の枠を超えた友情を育んだ中盤、そして、主を差し置いた“恋の自己主張”を繰り出した終盤と、志津乃さんが存外に活躍していたことである。ただ、真冬の変化により結夏が若干居場所を失っていたのと、シリーズの中盤から終盤に示唆されていた結夏の秘密らしき事柄が処理し切れていないようでもある。八久住さんとの約束は?との曖昧さも残った。

ストーリーに関しては、第1巻の冒頭に描かれた『楽園の占現』を良い意味で裏切る展開に妙味を感じたが、例えば『300年』と記されていた占現の歴史がいつしか『700年』に変わっていたり、最後の最後に示されたタロット達の命運とエピローグとの繋がりなどに若干の説明不足を感じた。まぁ、それでも読み手の期待を裏切らない結末として読後感も良好だったし、まずまず悪くないシリーズだったと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

短編集の形をとっているが内容的には本編の続き

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

こうしたシリーズ物の短編集というのは、本編をさほど知らなくても読めたり、むしろ新たな読者を募る目的があったりもするのだが、本作は短編集としての前作と同様に、あくまで本編の一環である。なので、本巻だけ読んでもこのシリーズのことはちっとも分からないと思うし、登場人物の性格や立ち位置や相関関係が分からないと笑えない。裏を返せば、これらを把握していること前提で面白い、シリーズ愛読者向けの短編集「冬編」である。

クリスマス・初夢・温泉旅行・初詣というテーマに沿って、相変わらずのドタバタ劇が繰り返されるが、時折飛び出してくる籐子様の一言がやけに面白くて笑える。何がどうと説明するのが難しいが、一時期の「秋人嫌い症候群」からは脱したのか、以前のパワフルさが戻っていてやれやれである。“バトルメイド”志津乃さん視点の文章も読みたかったな。八久住さんも秋人を庇いつつ何気にひどいことを言ってて面白かった。珍しくも秋人を「最低」と断ずる場面が幾度かあるのが短編集らしいのかも。幕間に収録された「八久住香澄の冬休み日記(その1~3)」が各話をほんわかと繋いでいる。また、日常的な話ばかりなので、いわゆるバトルはないものの、いかにも短編集らしい捻りの効いた『持ち札』の使い方に意外性があって良かった。

しかし、楽しいことばかりでもなく、アメジスティアの葛藤が描かれた第4話は、秋人との束の間の一時を過ごすことで、結果的に最後の未練を経ち切ったアメジスティアの実質的な決意表明となっている。これから本編が佳境に入っていくことを示唆するエピソードと言えよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本タロットの御主人様。 7

2009/07/13 19:38

シリーズ後半に突入!その序章というところ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらず真正ヘタレ主人公な秋人だが、本巻でも前半でそれが顕著に出ていてやきもきする。文化祭でクラス一丸となって頑張っている中、自らの失敗に怖気づいてダメ男振りを晒してしまうが、真冬やアメジスティアの激励とも受け取れる叱責により自覚して変わろうとする意識が芽生えてからの後半は実に良かった。本来、秋人の能力が凄いことはこれまでも見え隠れしていたが、本巻でとうとうその一端を見せるに至った場面はなかなかのカタルシスもあった。障害となっている「右目」(何らかの封印を施されているのだろうか?)が本格的に覚醒(?)したら確かに凄そうである。ただ、そのトリガーが本巻ではどうも「本当の本気」を出すことみたいなので、では今までのピンチへの対処は「本当の本気」では無かったのか、とも受け取れてしまうのが少々残念。これもまた秋人のヘタレと解釈できなくもないが、本シリーズも後半に突入した(あとがきによると、本巻が折り返しらしい)のであれば、そろそろ秋人のカッコ良い「本当の本気」を見たいものである。そして、痛快な後半にあって唯一、そのバトルで1つだけとても残念だったのは、今回“月”のタロットを苦手とする敵がいながら秋人がそのカード(操=猪熊(妹)ね)を用いなかったことである。彼女が近くにいないならともかく、文化祭に来ていたのに召集しなかったのは解せない。敵の『“月”のタロットが苦手』とのセリフの後にせめて『操ちゃんも一緒に連れてこればよかったぁ!』と後悔する一文でもあれば印象は大きく変わったと思う。「相変わらずダメだなぁ、秋人クン」という前半から「やるねぇ!秋人クン」という後半への流れが非常に良かっただけに所々で何だか勿体無いような部分が目についたことだけが少し残念な第7巻である。シリーズ後半への序章らしく様々な伏線や、恋の鞘当てにも新展開があって次巻が気になる面白さは充分にあったけどね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本タロットの御主人様。 4

2008/11/05 23:35

予想外の展開に期待

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

今までダメダメだった主人公【秋人】のヘタレ行動が災いして強力なライバル、それも身内から現れた予想外のライバル【真冬】の登場に慌てる展開。しかも向こうは訓練も積んで連携もしっかり。片や動きはバラバラ、日頃の躾もなっておらず封印解除のキスですらオドオドしてもたつく始末の秋人陣営。このままでは勝負にならない。さて、どうするか。これまでが全くもって不甲斐なかった秋人だった訳だが、本巻では若干シリアス寄りに傾いた展開もあって、少しはマシになるのかな?との期待はしたくなる真冬編(前編)と言えよう。むしろメインヒロイン(だよね?)【結夏】の存在というものを今一度確認して欲しいところでもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

短篇集だが本編に絡む話もある

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

真冬編が終わって、次巻よりおそらく新展開を迎えるであろう本編の一区切り的な意味合いと思われる短篇集。全5話。ただし第5話は本編に絡む内容なので「短篇集だからいいや」とスルーすると次巻以降で「あんた誰?」という人物が出てくることになるので要注意。

【第1話】【第2話】で特筆すべきことはない。相変わらずの無統制なドタバタ劇で、誰か保護者はおらんのか、っていうか秋人クン、あんたがまとめなくてどーするの、と嘆きたくなる、いつもの展開である。ホントは優しくしたいのに籐子様の挑発に煽られて逆効果を招いてしまう結夏がいつもながら不憫。香澄ちゃんの落とし物も、その中身も、まぁ予想出来る展開だった。むしろ今更騒ぎ過ぎ慌て過ぎでは?

三崎の家庭環境が窺い知れる【第3話】が意外なホラー展開で楽しめた。にしても、三崎と同じ背格好で女言葉の父に長身で美形の優男な母って、いくら何でも変過ぎる。第5話で登場する早朽木兵吾もそうだが、本巻に出てくるサブキャラはちょっとおかしい。

実はドジッ娘メイド志津乃さんの【第4話】では、恋煩いかと思わせながら違う結末へもっていく展開が良かった。惜しむらくはオチが弱いこと。ドジッ娘をを除けば完璧なメイドさんがどーしてメイド喫茶で修業?フツー逆でしょ。籐子様の一言が本末転倒させてしまったのか。

真冬編の後日談とも言える【第5話】で真冬陣営はさらに強力になっている。もたもたしていられない秋人達である。しかし、真冬の考え方(タロットの封印→幽閉)は現実的ながら絶望的なのに対して秋人の、タロットもその「器」も解放する考えの方が、その実現性は別にしても志は立派なので、真冬がそれにいつ気付くのか、今後発揮されるであろう秋人の本気が炸裂した時が楽しみである。それにしてもこの真冬も男と間違われてばかりでプリプリしてる割に自分の美形振りには無頓着なのね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本タロットの御主人様。 5

2008/11/06 00:02

秋人のヘタレも改善されない残念な結果

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

強力なライバル【真冬】の登場と【結夏】が連れ去られる大ピンチを踏まえての真冬編(後篇)だが、何とも落ち着かない結果となった。確かに、秋人がカード達に助力を請い、作戦も練って結夏を取り返すべく登場したところまでは良かった。なのに、このまま押し切るかと思いきや最後の最後でなんだか曖昧な形に収まったというか収められたというか。結局のところ秋人と真冬のライバル対決が今後も続く形になってしまったので何となく終わったような終わってないようなしこりが残るのである。なんだかなぁ、残念・・・というか、なんかダメだな、というのが読後の第一声である。秋人もまだまだヘタレ君から脱却出来ていないし。この物語はカードが全部揃い、颯爽と振舞う秋人の姿が第1巻の冒頭で既に語られており、つまりそこに至るまでの経緯を辿る展開なのだが、もうそろそろしっかりシャキっとした秋人を見たいと思っている分、残念さもひとしおである。それにしても真冬陣営に正真正銘の男がいるけど・・・やっぱりキスするの?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本タロットの御主人様。

2007/05/16 18:36

テキトー

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

「楽園」「属性」「詩篇」など、言葉が先行しすぎて内容が掴めない
キャラクター・ストーリーも中途半端でありきたり
テキトーすぎるミスリーディングに情景の見えてこない描写
あまりに狙いすぎててくだらない物語でした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

10 件中 1 件~ 10 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。