サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

スメラギガタリ みんなのレビュー

  • 著者:宇野 朴人
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本スメラギガタリ 1 新皇復活篇

2011/07/07 20:17

IF世界の式神バトル

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 関東大震災の被害も予知で備え、第二次世界大戦の終結も無条件降伏ではなく講和で迎えた日本では、天皇に権威を置いたまま緩やかに西洋文化が流入し、議院内閣制が敷かれていた。通常の政治はは彼らが担う一方で、霊的な防備については陰陽寮が統括し、陰陽頭は安倍晴明の子孫である土御門家が世襲していた。
 一方でこれは、土御門家以外の陰陽の術を伝える在野の人々が虐げられる仕組みでもあった。そのことに憤りを覚え現状を変えようという志を持つ少女、芦屋道代は、帝都に捕われる怨霊・平将門を解放し、澄香内親王殿下を利用してそれを成し遂げようとする。彼女に対峙するのは、次期陰陽頭となる少女、土御門晴見だ。

 陰陽寮の怠慢をついて仕掛けられる道代の作戦は的確であり、晴見はまんまと澄香内親王殿下と幼なじみの継実夜統をさらわれてしまう。だが道代の方にも誤算があり、澄香内親王殿下に憑依させるはずだった平将門はなぜか夜統に入ってしまう。
 二人を取り戻すべく奮闘する晴見とその幼なじみの殿克夜だが、道代の目論見はなかなか見えてこない。そのうちに、陰陽寮の立場はどんどんと追い詰められていく。

 大正浪漫が残るような文化を持つ現代世界において、式神バトルが繰り広げられる。その背景にあるのは、平将門の乱や、同じ志を持ちながらも立場が異なるゆえに争わなければならないやるせなささだったりする。
 伏線を張るだけ張って未だ回収されない部分については、続巻を楽しみに待ちたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本スメラギガタリ 2 外道陰陽篇

2011/12/01 20:17

過去から続く因縁の解決が、また新たな因縁を起こす契機となる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 陰陽寮が帝都を守護するために、大怨霊・平将門公を利用して作り上げた術式「地星・浄魂労獄」の苦行から解き放ち、彼を成仏させるために、澄香内親王殿下を拉致し、継実夜統を利用した罪で捕らえられた芦屋道代だったが、意外なことにすぐに極刑という流れにはならなかった。
 そもそもの容疑を立証するためには、澄香内親王殿下が無断利用した御言霊や、陰陽寮の負の側面である地星・浄魂労獄を公表しなければならず、それは次代陰陽頭となる土御門晴見にはできない相談だったのだ。

 そして道代はさらに切り札を持っていた。彼女の故郷である瑠胡江市には、蛟あるいは河伯と呼ばれる竜神がおり、それは人身御供を捧げなければならない神なのだ。切り札となるべき殿克夜は蝦夷へと公務で赴いており、その調伏には地元の陰陽師である道代の協力が欠かせない。しかもその竜神は、道代と晴見の祖師である芦屋道満と安倍晴明が関わっているという。
 一方、平将門に背中を押された格好の継実夜統は、一振りの古びた刀を背負い、芦屋道代を追ってやってきた瑠胡江市で、霊媒の素質を持つ少女、雨宮潤と出会う。この出会いが導く戦場は、夜統の人生を変える場所となるのだった。

 とても分厚いのだけれどそれもそのはず。現代の竜神を巡る問題と、そもそもの発端がある千年前の出来事の両方が、同じ程度の分量で描かれているのだから。つまり、2冊分の内容と何ら変わりがない。しかしこれが密接に絡みついていて分けられないから厄介なんだな。
 どちらかというと芦屋道代側が主人公に近いので、視点は芦屋道満の側にある。そこで彼が何を見てどう生きたのか。そしてそれに安倍晴明がどんな影響を与えたのか。前巻で語られた事件における道代の動機がここで明らかになる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

すごく面白かった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

反乱の首謀者として陰陽寮に身柄を拘束され、裁きを待つ身となった在野の陰陽師・芦屋道代。だが、思いもよらぬ発言で仮釈放の特別措置を引き出す。夜統の謎も少し明らかに。この続きがいつになっても出ないのが残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍スメラギガタリ ~新皇復活篇~

2019/01/17 09:50

伝奇物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

土御門晴見は、ある日、かねてより陰陽寮による日本の呪的業界の一元的支配に不満を募らせていた在野の術士・芦屋道代から呪力蜂起の宣言を受ける。幼馴染4人の中では晴美と克夜の好き。晴美のサバサバした性格な所も良いし。夜統は見た目が良いのに煮え切らない性格なとこが駄目だな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本スメラギガタリ 1 新皇復活篇

2017/01/14 11:29

電撃文庫向け

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

これだけは始めに言いたい。電撃文庫で出してた方が絶対売れた!!と思う。それくらいライトノベル系の話です。何で一般文庫で出したのか不思議なくらい?幼馴染4人がメインのはずなのに、道代が出張ってます。幼馴染4人の中では晴美と克夜の好き。晴美のサバサバした性格な所も良いし。夜統は見た目が良いのに煮え切らない性格なとこが駄目だな。各章に主要キャラのイラストが載ってるんだけど、それがめちゃ綺麗。次巻が出たら買うかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本スメラギガタリ 2 外道陰陽篇

2017/01/14 11:28

夜統の謎

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

反乱の首謀者として身柄を拘束され、裁きを待つ身となった在野の術士・芦屋道代。クライマックスは、竜神を倒す為にかつて敵対同士だった道代と晴見が共闘。その竜神は、道代と晴見の祖師である芦屋道満と安倍晴明が関わりが。毎回凄い厚みがあるけど、中身は十分面白いです。夜統の謎も少し明らかに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。