サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

【SS/200】【集英社】【特集】【割引有】立ち上がれ!全勢力!!この夏、最大の祭典は海賊たちが盛り上げる!!劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』8.9(金)ついに公開!!原作超大量無料大公開キャンペーン!!(~8/19)

電子書籍

7つの制約にしばられない生き方 みんなのレビュー

  • 本田直之
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

「制約」をどうとらえるか

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 書名にある「7つの制約」とは、時間、場所、人、お金、働き方、服装、思考、を指しています。著者の本田直之さんはこれら「7つの制約」から自由になる生き方、すなわちこの大変化の時代を賢く楽しく生き抜こうとする生き方を提案しています。
 ただ、なるほどその通りだと、すべてのことごとを本書から受け入れることはよくありません。
 著者も何度か本書のなかで書いていますが、「まったく制約がない方が幸せだと感じるのか、ある程度の制約がある方が安心だと思うのか、自分がどちらのタイプか見極めることが重要」です。
 お金の話をすれば、銀行や郵便局でコツコツと貯める人もいれば、ハイリターンでハイリクスの投資で増やそうとする人もいます。いくらハイリターンであっても性格的にコツコツ貯金でないと受け入れない人がいるように、制約もある方がいいという人もいます。
 本書を読む前には自身の性格がどちらなのかを見極めることが必要ですし、読んだあとも参考にすべきこととできないことを分別することが必要です。

 また著者は「自由に生きたいと本気で思うならば、人からどう思われてもいい、と覚悟すること」と書いています。
 すべての人が自由に生きれば軋轢が生じます。自由に生きることと自由気ままとは、本質的に違います。
 「覚悟もリスクも受け入れず、かつ努力もしたくもないのであれば、しばられない生き方など目指さないほうがよい」と著者もいいます。
 まるで読む前の諸注意を書いているようですが、それほどに「制約にしばられない生き方」というのは誤解を与えやすいのです。

 俳句の世界は「制約」にしばられています。五七五の定型、季語の存在など、です。もちろん、そんな「制約」にしばられないと、自由律の俳句も誕生しました。
 ただ、俳句は「制約」があるから文芸としての面白みがあるのだと思います。「制約」の中でどれほど自由に想像し、描写していくか。
 私たちの生き方もこの俳句の世界によく似ているように感じます。「制約」のなかでどれだけ自分の生き方を全うするか、それもまた新しい生き方ではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

常識にしばられるな

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まきちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

常識は他人が作ったもの。確かに。
制約されず自由に生きるためには「覚悟」が必要と。
逆に制約がなくなると、自分で考え決めていかなくてはならないので、制約を受ける方が向いている人も認めているところも「しばられない」考え方ですね。
自分自身の力を高めていくために何をするか、どう考えるか。
日常に流されていることに気づいた時に読み直したいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍7つの制約にしばられない生き方

2015/09/12 08:48

自由への道

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ベネットヨウコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

自由になりたい、と思う人は大勢いるだろう。
それがどんな分野かに関わらず。

しかし、
この本を読んで気づかされたことは
私達は、知らないうちに制限だらけの中にいるのだ、ということ。

自由になりたいと、制限された思考の中で考えているかもしれないのだ。

さて、私が既に持っている自由は何だろう?

自分の中をじっと見つめる作業が自由への近道かもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。