サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

読書で自分を高める みんなのレビュー

  • 本田健
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本読書で自分を高める

2016/04/02 19:33

『著者に会いにいく』という項目が面白いと思った!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:海(カイ) - この投稿者のレビュー一覧を見る

“作家に会う”なんて出来ないことのように思えるけど、言ってみないと分からないってことなのかな?会えるなら私は、やっぱり佐藤さとる氏だな♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本読書で自分を高める

2016/07/14 07:28

もっと本を読みたい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

出す本出す本が売れている本田健氏の読書論。
 そのコンセプトはタイトルによく表れている。もう少し詳しくいうなら、本書の「プロローグ」を読むといい。こう書かれている。
 「本を読むことで、自分と向きあい、人生の方向性を考え、時には軌道修正をする」。
 つまりは、「自分と向きあう」ことが、「自分を高める」ことにつながるということだ。

 目次を読む。
 第1章が「本を読むとはどういうことか」、第2章は「何に向かって本を読むのか」、第3章は「どうすれば読者はおもしろくなるか」。
きっともう少し章立てを細かくすることもできただろうが、あえてこの3つでまとめていう。本を読む、ということは、こういうことに集約されるということだろう。
 ちょっと意外だったのは、本田氏が得意とするお金のことにあまり触れられていないことだ。
 ただし、自分を高めることで自分の価値が向上するのであるから、お金という単位でリターンがある可能性は出てくる。あえていうまでもないのだろう。

 本田氏は速読技術を習得したとある。誤解を避けるために書いておくと、だからといって本田氏は速読ばかりを奨励しているわけではない。
 「速読はツール」で、本の種類や読む場面によって、速読を使ったり使わなかったりすればいいと述べている。
 そういう柔軟な考えは電子書籍についてもそうで、本田氏は様々な電子書籍を試した上で全面的に肯定も否定もしていない。
 そういう点が本田氏の人気の高さにつながっているような気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本読書で自分を高める

2016/03/27 15:11

気持ちが高まります!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:森のくまさんか? - この投稿者のレビュー一覧を見る

本田健氏の作品はいつ読んでも気持ちがホッコリします。

今回読書という視点で書かれているので、リアル書店にて発見し、

即買いしました。

読書についての考え方が主に綴られていて、非常に共感しました。

また、今まで私が気づいていなかった読書について

気づかせていただきました。

大変気持ちが高まりました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍読書で自分を高める

2018/05/06 19:50

本を読む技術と、その実践

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アルファ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本の選び方、速読術とその利用方法、電子書籍のメリットとデメリットとか、「読書」についてのテクニックやスキルもいろいろな切り口から述べられています。

ただ、それだけではなくて、著者の本田氏本人の経験談や見聞からの話もあり、そこがなかなか面白いです。
例えば、本田氏の先生は目の病気の時に「もう治る見込みがないなら、目がつぶれるまで本を読んでやる」と思ってそれを実践したら、その気迫のおかげかその後完治したとかいう話もありました。
それ以外にも、やはり自らを読書家を豪語される方って、個性派の方が多いんだろうなと思わせるエピソードが色々あります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。