サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

君主論 みんなのレビュー

  • マキアヴェッリ (著), 河島英昭 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本君主論

2006/10/07 09:45

苦味の美味しさ

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くにたち蟄居日記 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 マキアベリというと 元来悪いイメージが強い。性悪説に則った冷静な嘘つきというイメージだ。僕も そんなイメージを持ちつつ本書を読んだ。
 とんでもない。マキアベリは「人間とはどういう動物か」を語っているに過ぎない。
 彼にとっては人間の善悪とは存在しない。良い悪いを超えた地点で「人間とはこういうものだ」という彼なりの冷静な分析を述べているだけである。その意味では 科学者が実験の結果を報告しているのと同じだ。但し その分析に表れる人間の「姿」が 時に僕らにとって辛らつであることが 科学者マキアベリの評判を悪くしている。マキアベリにしては迷惑な話だ。
 「いかなる手段も 結果さえ良ければ 必ず正当化される」
 「人は 恐れている人より 愛情をかけてくれる人を容赦なく 傷つける」
 こんな言葉を否定することは難しい。吉田兼好が読んだら大笑いしたに違いない。
 「辛いのは中傷ではなく真実だ」とは誰かの言葉だった。君主論は苦味に満ちている。苦味は時として美味しい。ビールのように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本君主論

2002/07/31 22:56

マキアヴェリの息吹が伝わる訳文

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ベリ太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

マキアヴェリズムをちなみに広辞苑で引こう。
目的のために手段を選ばない、権力的な様式。
権謀術数主義。
確かにそうである、しかし目的は何であるか?

個人として印象に残ったのは彼の思想の広辞苑的な側面ではなく、
運命にたいして非常に敬意と諦念を持ちながらも、
自己の能動的な意志によって可能な部分は必ずあると信じ、
それには徹底して尽力すべきであるという意思である。

曰く、私たちの諸行為の半ばまでを運命の女神が
勝手に支配しているのは真実だとしても、
残る半ばの支配は、彼女が私たちにまかせているのも真実である。

この書は、上に立つものの書ではない。
運命の半ばを己の意志のものにせんとするものの書である。

訳は、やさしい日本語を使用しながらも、
流麗さを多少犠牲にしてもマキアヴェリの息吹を可能な限り
伝えようとする。いままでの訳に対して出色といえよう。 



このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本君主論

2015/11/06 11:40

タイトルに臆することなかれ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しろくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

君主のために書かれたハウツー本であることを超えて、人間の行動を冷静に見つめた、マキアヴェリの真摯な姿勢が感じられます。世界史に明るくない私でも、なるほどと思わず膝を打つような話が豊富に用意されています。意外にも今日的な話題に通じる、(翻せば世の中そんなに変わっていないともいえるわけですが)十分楽しめる内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本君主論

2003/05/31 17:28

本当の君主とは?

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:濱本 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

君主制という前近代的政治体制においても、ある一つの理想政治が描かれていると思い本書を手にした。しかし、政治的思想は良く読みきれなかった。私の読解力のなさの所以か? 本書がそれだけ難解なのか?
 本書は、全26章から構成されていたが、その中で一番私の心を引きつけたのは、第17章「冷酷と慈悲について。また恐れられるよりも慕われるほうが良いか、それとも逆か」である。本章においてマキャベリは、君主としては慕われるよりも恐れられるべきである、と結論付けている。すなわち人間というもの慕うとは自分の都合の良い時だけであるが、恐れは、自分の都合に関係無く従うというのである。冷たいように感じるかも知れないが、マキャベリは人間という動物の本性を鋭く見ぬいているように思う。
 また26章において、「神が何から何まで手を下そうとされないのは、私達から自由意思を、また私達に属する栄光の部分を奪わないためである」と述べている。私の思うところと一致する思慮深い考えだと思う。
 本書を読んで、全て理解出来たとは言えないが、古代からの名書を読めた事で満足している。
 付け足して言及すれば、本書の半分は、訳注に当てられていた。私は、これを読まなかった為に充分な理解が出来なかったものと判断するが、それだけ本書が難解であるという証拠であろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本君主論

2004/09/23 20:11

歴史背景詳解版希望

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:消印所沢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 古典だが,軍事技術,国際情勢共に現在とは大きく異なっているため,現代では通じない点も多し.
 特に傭兵論は,今日では殆どの個所が全く通用せず.
・トルコがバルカン半島に対してそうしたように,征服者自らその土地に移住するのが,最も安全に確実に領土を保つやり方.
・殖民も占領政策としては良策.
なども,今日の国際社会では実現不可能.

 また,軍事的金言より,むしろビジネス界で通じそうな金言多し.
 寛大は,用いるに当たって当を得なかったらかえって有害.
 君主に対する吝嗇の勧め.
 僅少の慈悲の例を持ってする者は,過度の慈悲によって争乱と殺人と略奪を引き起こす者に比べると,甚だ勝る.
 君主は,徳を残らず守れるものではない.だからいつでも方向を変えるだけの心構えがいる.ただ備えているように見せる事は有益である.
 善行は悪行と同じように,人の憎悪を招く.
 運命は変転する,そして人間が自分の行動に固執するとする.両者が一致するときは成功し,一致しないときは失敗する.よって,むしろ断行すべし.
……等など.
 ビジネス書分野でマキャヴェッリの名を時々見かけるのも納得.

「ローマ皇帝には,兵士の乱暴と貪欲とに応えて行く必要があった」
など,当時のイタリア史を把握していないと,直感的な理解は困難ではないかと愚考.
 当時の状況を,図表,年表などをふんだんに使い,記述の歴史背景を詳解した版を希望.
【関心率17.71%:全ページ中,手元に残したいページがどれだけあるかの割合.当方の価値観基準】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。