サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

疑似科学入門 みんなのレビュー

  • 池内 了著
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.5

評価内訳

7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本疑似科学入門

2009/12/14 19:54

予防措置原則

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GTO - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本は第4章が素晴らしい。著者は、まず疑似科学を三種類に分類している。第1種としては、科学的根拠のない、人の心の弱みにつけこむもの。第2種として、科学を援用・乱用・誤用・悪用したもの。そして、第3種として「複雑系」で科学的に完全な証明ができないものに、一方的な結論を出したり、証明不能なことを利用して、自分勝手な結論を肯定するもの。
 
 この中で、第1種と第2種に関しては、マーチン・ガードナーやカール・セイガンに代表されるように多くの本が出ている。これはこれで大切なのであるが、はっきりと嘘であるがゆえに、指摘しやすい。一言で言えば、詐欺なのである。それに対して、第3種の言説は否定できないがゆえに(肯定もできないのだが)扱いが難しい。そこで著者が提案しているのが、「予防措置原則」である。これは、科学者の良心と言ってもいいだろう。
 
 第3種では、地球環境問題、地震予知、狂牛病、電磁波、遺伝子組み換えが俎上に上げられている。これらは本当に微妙な側面を持っていると思う。たとえば、環境問題において地球が温暖化しているかどうか、温暖化しているとして、それが人間による二酸化炭素排出が原因かどうか、温暖化による影響にどのようなものが考えられ、どのような規模になるのかなど、どの論題にも明確な答えが出ているわけではない。
 
 さらに、温暖化が地球の自然な歴史でなく、人類の排出する二酸化炭素が原因であり、存続の危機をもたらすことで一致したとしても、どのような手立てが有効であるかに関しては、意見が分かれることだろう。温暖化しているかどうか分からないのだから、何もしなくてよいというのは論外だが、リサイクルとか省エネとかの美名の元に、かえって環境を悪化させる活動が行われている場合がある。我々は、それを見抜く力を持たなくてはならないし、科学者は最善の道を示す努力を忘れてはいけない。
 
 その意味で、「予防措置原則」は、素晴らしいものである。正しく疑う心を育てることは大切だ。しかし、著者も語っているように、これとても両刃の剣になりうる。結局は一人一人が良心に従って行動できるかどうかである。人類の存続はそれにかかっており、それが試されているのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本疑似科学入門

2010/01/15 16:12

なかなかどうして我がポンニチ国民も騙されやすいことにかけては人後に落ちない……か

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SnakeHole - この投稿者のレビュー一覧を見る

かなり前,故カール・セーガンの書いた「人はなぜエセ科学に騙されるのか」という本を読んだことがあり,コトその道(どの道だよ?)ではアメリカよりも日本のほうがなんぼかマシだと思った覚えがあるが,この本を読むとなるほど,なかなかどうして我がポンニチ国民も騙されやすいことにかけては人後に落ちないというか……そういえば家電業界がこぞって「マイナスイオン効果」だかを流行させたこともありましたね(何を隠そうあの頃買ったウチのエアコンには「マイナスイオン発生装置」ちうのがついている。効果は疑問だが,確かにオフにしたときとは違う感じの風がでます)。

池内センセイはいわゆる疑似科学の類いを3種類に分類する。第1種は占い系,超能力・超科学系,疑似宗教系で,つまりは精神世界に属するモノを科学とまぜこぜにして銭儲けをするやつ。流行のスピリチュアルだのオーラだのもこの類い。先生いわく,このテの疑似科学の特徴は「そもそも反証不能であること」だ。占いなんてのは占われた本人が「当たってる」と言えば「ウソやんけ」とは言えない。TVでその手の番組など観てて「てめーノーギャラでもそれ当たってるか?」と思いませんか? で,それでもウソだと言うと「ウソだってんなら証明してみろ」と来る。そういうのって本来は「真実だ」と主張する方に立証責任があるんだけど。

第2種は前掲のマイナスイオンとかの類いね。血液サラサラとか水に優しく話しかけると奇麗な結晶ができるとか,怪しげな統計を……ちゃうか,統計自体はホントなんだけどそいつを思いっきり怪しい方向に使うとか。

第3種は地球温暖化や電磁波の影響,地震予知のように真性科学と疑似科学の境界線上にあって,責任ある科学者であれば一足飛びに結論を出そうとはしないだろう問題に関する論争の類い。これが限りなく疑似科学化するのは,テレビなどが軽々に結論を出さない慎重な学者よりも無責任に「こうです」と言い切っちゃう学者を喜んで使うことも一因,という指摘は炯眼。

でもこのテの本って読むたびに思うけど,ホントに読んで欲しいヒトは読んでくれないタイプなんだよね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本疑似科学入門

2009/03/07 17:13

池内先生、「書いておかねば」の気持ちが先走りすぎたようですね。

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「科学の名を借りても科学でないもの」に、どんなタイプのものがあるのか。それを信じてしまう心理にどんなものがあるのか。この本では、疑似科学と言えるものを3種類にまず分類し、それぞれの特徴や、陥ってしまうポイントをあげ、「だまされた!」と後悔しないためには何ができるのかを考えさせていく。著者の論調は明快である。
 与えられる情報が多いこの時代、考えるよりそのまま信じる方が楽、という習性がついてしまうのを憂える著者の気持ちはよくわかる。しかし、占いや疑似科学商法を扱った部分では、考えさせられるとかはっきりわかったという気持ちよりは、どこかすっきりしない気分を感じてしまった。

 著者の「だまされることへの憤り」が強いせいだろうか、「間違っていることなど、あたりまえだろうが!」と怒られているような感じなのである。
 三章の中、アメリカで永久機関を売っている人の心理の説明として、著者自身がこう書いている。「現場も見ずに尊大な態度で法則を持ち出して簡単に否定してしまう(事実否定せざるを得ないのだが)、そんな科学者の傲慢さに強く反発しているのである。科学者は一般にナンセンスをみると実に冷たい。事を分けて懇切に対応し、根気よく間違いを正していく態度が科学者に欠けているのである(P92)」と。
 このような科学者側の問題点を、著者はこれまで「科学者心得帳」などで一人の科学者としての反省も込めて書いている。しかし、この本では少々この「批判される科学者」の性格がでてしまったのではないだろうか。
 池内先生、1,2章での説明は、懇切ですが私のように少々抵抗感を感じる人もあることを恐れます。「だまされてはいけない」「今言っておかねばいけない」の気持ちが先走りすぎたのではないですか。

 第三の疑似科学に著者が分類している複雑系などの科学の問題は、科学自身がどうこの分野を扱っていくかという問題と、科学がまだ扱いを考えなくてはいけないうちに社会的な問題になっている場合(環境問題とか)にどう社会が扱っていくか、という二つの問題を抱えている。これはこれで、現実的に取り扱いをきちんと考えねばならない早急な問題でもある。
 大切な問題点も指摘している本であるだけに、前半で読む気を阻害されてしまうことがあればもったいない。模索しながら検討していかねばならない問題だと思うので、池内さん、どうぞ何度でも叩き直して読ませてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本疑似科学入門

2008/10/09 20:42

騙されないことは騙しの方法を理解すること

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 現代は科学の時代といわれるが、占い、霊、超能力に関するテレビ番組がたびたび放送されるのは、どうしてであろうか。人間の心理的傾向の一面を理解するための方法としてなら、許容されるであろうが、真実であるように描写されている。しかし、視聴者側にそれを受け入れる傾向があるから、何度も模様替えして繰り返されるのであろう。
 そのようなものに関わり合いになると、まやかしものを掴まされたり財産を失ったりするのはよい方で、殺されたり人を殺させられたりまでする。そのような事態にならないためにも、疑似科学がどのようなものであるか、どのように利用されているかを理解し、騙されないようにしておく必要があろう。
 この本では、疑似科学を次のように分類し、それぞれについての問題点と、なぜ信じるのか、信じさせるためにどのように使われるのかを解説している。
 第一種疑似科学。人間の心理につけ込み、科学的根拠の無い言説によって人に暗示を与えるもの。占い、超能力、超常現象。自分で存在することを証明せずに、他人に存在しないことの証明を要求する。心理的錯覚を利用。
 第二種疑似科学。科学を援用、乱用、誤用、悪用したもの。(a)科学法則に反しているにもかかわらず、正しいかのように見せかけている言説。永久機関、水の記憶。(b)化学的根拠が不明にもかかわらず、根拠があるような言説でビジネスとなっているもの。マイナスイオン、健康食品、クラスター水。(c)確率や統計を利用して、ある種の意見が正しいと思わせる言説。見かけ上の相関関係を因果関係として結び付けるもの。
 第三種疑似科学。科学的に証明しづらい問題について、真の原因の所在を曖昧にする言説。複雑系やカオスに関係する現象で現在の科学が不得意とする分野に関係し、科学的にはっきりした結論を出せないもの。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本疑似科学入門

2011/05/22 18:10

よく考えられた疑似科学解説の枠組み

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Genpyon - この投稿者のレビュー一覧を見る

本著は、人間が世界を理解しようとする言説のうち、科学的合理性に基づかない言説を「疑似科学」と定義し、疑似科学の非合理性についての解説を試みている。

本著の特徴は、非科学的・非合理的とされる言説を、第一種(科学と完全に袂を分かつ非合理、占い・超能力など)、第二種(科学的手続きに問題のある非合理、永久機関・マイナスイオン・〇〇ダイエットなど)、第三種(科学的知見が未確定な領域での不可知論による非合理、地球温暖化・地震予知など)と分類・整理したうえで、それぞれの非合理性について解説を試みている点だ。

特に、第三種の分類は本著独自の視点で、著者は、不可知論を乗り越えることを目指し、予防措置原則を提案している。

このように、本著では、非科学的非合理性の解説の基本的な枠組みがよく考えられていると思うのだが、残念ながら、個別の解説については、首をかしげる箇所も多い。年長者の小言としか思えない解説や、科学的手続きに問題ありと思える解説もあり、非合理性を批判的に解説する著作としては、たとえ「あとがき」で書かれているような事情があったにしても、少し細かい詰めが甘かったように思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本疑似科学入門

2012/01/29 19:51

タイトルにちょっと難あり。でも販売政策としてはそう来るのもやむなし、かも。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pyon太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルのとおり、様々な疑似科学(心霊現象とかUFOとか超能力とかいかがわしい新興宗教とか)を俯瞰できるのかなあと楽しみにしていたら、内容は全然違いました。ちらっと例示した疑似科学が「どうして科学でないか」、著者なりの「科学的とはどういうことか」を延々と論じる内容でした。タイトルは「疑似科学入門」より「科学的な考え方入門」の方が内容に合ってるでしょうね。でも、そうするとタイトルのインパクトがなくなります。著者は文中で「よほどの変人」でない限り、毎日テレビを見ている・・・と仰いますが、私、ほとんどテレビ見ません。朝、出勤前に着替えをするときに居間でONになっているテレビを見るだけなので、一日平均10分以下です(土日は全く見ません)。ん~「よほどの変人」かぁ。そうかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本疑似科学入門

2008/06/04 20:50

池内先生、自分が分かっているのと他人に分からせるのとは別物ですが。

21人中、16人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:越知 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者は有名な科学者である。私は読んだことはないが、著作も多い。したがってこの『疑似科学入門』というタイトルの本もそれなりに説得力ある書物だろうと思って購入した。ここでは省くが、或る理由から個人的に疑似科学について知りたいと考えていたこともあった。
 しかし、一読、期待は裏切られた。はっきり言って、これは「科学者」の書く本ではない。それこそ「疑似科学」と評価されかねない書物である。
 具体的に書いていこう。
 まず、お手軽な政治評論めいた部分が目に付くことである。例えば、自分で考えて行動するというのが民主主義の本来のあり方なのに疑似科学を神仏を信じるように丸ごと受けいれてしまうと「観客民主主義」になり、「改革、改革」と叫ばれるとそれをも信じて支持するようになり、ファシズムに行き着くだろう、と書いている部分がある(22頁以下)。
 ここに露呈しているのは、戦後日本によく見られた知識人によるお手軽な政治批判であり、何でも「ファシズム」と言っておけば警告になると思い込む無知である。そうした知識人の言説はすでに80年頃に信用を失っているのであり、かりに小泉政治などを批判しようとするのであれば、フリードマン学説等に基づくネオリベの経済イデオロギーを世界の貧困や格差社会に照らし合わせた上で俎上に載せるだけの理論的な裏付けを必要とするはずなのだが、著者の筆致は十年一日、いや、戦後ということで言うなら六十年一日のお手軽なものにすぎない。これがどれほど「疑似科学」に近いか、「科学者」である池内氏は気づかないのであろうか。著者が理系だから、という言い訳はここでは通用しない。仮に池内氏が「科学者」であるとするなら、その「科学的方法」は「社会を見る方法」の精確さにまで及ぶのが当然であり、その精確さは戦後日本における知識人の言説を知らずしては得られるはずもないからである。そしてそうした精確さを身につけるだけの時間的余裕がないというなら、その部分については沈黙を守るのもまた「科学者」のとるべき態度であるはずだからでもある。
 次に行こう。そうした政治的な偏向を別にしても、本書には首をひねりたくなる箇所が多すぎるのだ。例えば、サンプルの数が少ないと平均からのズレが大きくなるのに、少ないサンプルを見て平均だと誤認してしまうと書かれていて、そこまではいいのだが、具体的な例として、「『あの医者は名医だ』という噂があり、事実多くの患者がそう言う場合は信用できる。ところが『あの医者にかかると女の子が多く生まれる』という噂となると怪しいのだ」と書いている(39頁)。私はここを読んで首をかしげた。ここでの話はサンプル数から来る平均とのズレのはずである。なぜ「名医」は「信用でき」て、「女の子が多く」は「怪しい」のだろうか。仮に百人の人が「あの人は名医だ」と言い、やはり百人の人が「あの医者にかかると女の子が多く生まれる」と言ったとしたら、サンプル数は同じであろう。それでなぜ一方だけ「怪しい」のか、説明がない。もし、「そんなの常識だよ」と池内氏が言うのであれば、「科学者」失格であろう。「科学者」とは、なぜ一方が「怪しい」のか、理由を明快に挙げて説明してくれる人のことだからだ。ここでの池内氏の説明はいささかも「科学的」ではない。
 もう一つ例を挙げよう。偏差値について、これは平均からのズレを数値化したもので、同じ試験を受けた学生たちの成績分布としては意味があるが、異なった学生集団の異なった科目に対して計算しても無意味であるのに、大学選びに偏差値が使われてしまっていると著者は述べ、これは疑似科学だと断定しているのである(75頁以下)。笑ってしまう人も多いだろう。受験の偏差値は、国立大ならセンター試験という共通試験の成績から計算できるし、私大志願者でも、受験生が何度も模擬試験を受ける中で受験生ごとの偏差値が或る程度確定し、そしてどの程度の偏差値の受験生がどの大学のどの学部を多く受験するかでその大学・学部の難易度が決まることは、誰でも知っているからだ。たしかに受験偏差値の高さが大学生としての優秀さには直結しない場合もあるし、まして社会の中でうまく生きていけるかどうかの判断基準にはなるはずもない。しかし受験偏差値が少なくとも人間の知的能力を計るのに一定程度の有効性を持つことは常識と言っていい。ここでの池内氏の筆致は、とてもではないが一流大学の教授を歴任した人とは思えないお粗末さである。
 以上のような箇所は他にも目に付いた。根本的なことを言えば、本書は書き方が実にお手軽でお粗末である。著者は「こういうのは疑似科学だ」と分かっているつもりなのかも知れない。しかし、自分が分かっていることと、他人に分からせるのとは別である。池内氏は専攻する領域に関しては科学者としては有能な方なのであろう。しかし教育者としてどの程度有能なのか、私はこの本を読んで疑問を覚えたと言っておこう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。