サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

知的生産の技術 みんなのレビュー

  • 梅棹忠夫著
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本知的生産の技術

2000/10/13 16:43

古さを感じさせない1冊

10人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dakara - この投稿者のレビュー一覧を見る

 言わずと知れた「京大式カード」による知的生産法を世に知らしめた1冊です。いま手元にあるこの本を見ると、初版第1刷が1969年になっています。いまから30年以上も前ということになります。確かにいまの技術から見ると「笑える」ような話も出ていますが(カナモジ・タイプライターのはなしなど)、決して古さを感じない、すごい本です。学校では知識の教育はするけれども、じゃあ知識をいかにして身につけるか、という「ハウツー」のことは一切教えてくれない、という問題意識から本書はスタートします。そしておなじみの京大式カードやこざね法などの解説があります。また読書や手紙、文章の書き方など知的生産にかかわるあらゆることの方法が綴られています。大学時代にはじめて出会いましたが、いまでも愛読書で1年に1回は目を通すようにしています。そして毎回、新しい発見がある本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本知的生産の技術

2004/05/02 18:48

文章の問題は、情報工学の問題としてかんがえたほうがいい

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:k-kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

言わずもがなの天下の名著である。しかし、さすがにハード面では違和感を感じるようになった。本文中で繰り返し言及される「カード」方式にしても、パソコン全盛の現代では、すでに陳腐化しているかもしれない。もっとも、ハードは日進月歩である。シート・フィルム状の液晶ディスプレイも既に試作に成功していると聞いている。近い将来には、完全に電子化された「京大型カード」の実現も夢ではないだろう。

一方、ソフト面の提言はちっとも古くはない。「情報」という切り口で、人間の知的活動をとらえているからであろう。情報というのは、知恵、思想、かんがえ、報道、叙述など、ひろく解釈していいという。知的生産というのは、頭をはたらかせて、あたらしいことがら——情報——を、ひとにわかるかたちで提出すること。文章をかくというのは、情報伝達行動である。文章の問題は、情報工学の問題としてかんがえたほうがいいのではないかと。

再読して、文章のわかりやすさに改めて感心した。例えば、自身の提案する文章法に「こざね法」というのがある。名刺サイズの小さな紙きれ(こざね)に、みじかい文章をどんどんかいてゆき、つながりのある紙きれをいっしょにならべ、端をかさねてホッチキスでとめる。こうして一つの思想/文章をまとめる方法である。これをこう説明する。

「こざね法というのは、いわば、頭のなかのうごきを、紙きれのかたちで、そとにとりだしたものだということができる。それはちょうど、ソロバンのようなものである。ソロバンによる計算法は、けっきょくは暗算なのだが、頭のなかのうごきを、頭のそとでシミュレートしてみせるのが、ソロバンの玉である。こざね法は思想のソロバン術で、一枚一枚のこざねは、ソロバン玉にあたる」

実にわかりやすい、具体的イメージがすぐ浮かんでくる文章ではないか。

ほかの読書ノートもどうぞこちらです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本知的生産の技術

2017/03/05 10:05

現代にも通じるメソッド

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:take4 - この投稿者のレビュー一覧を見る

知的生産=知識習得、勉強方法だけとは限らないが、
パソコンのない時代に先人がどのような工夫をして
「知的生産」の技術を高めていったのか、その過程を非常に興味深く読み進めることができた。
もっと早く自分が学生時代にこの本と出会っていたらもっと効率よく勉強出来たかもしれないと思いながら、自分の子供にすすめてみたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本知的生産の技術

2001/05/31 17:39

古典から学ぶものもある

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アキト - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者は文具店で良く見る「京大式カード」の生みの親。本書では手帳/ノート/メモ/カード/スクラップ/書類整理/文章構成法などについて幅広く問題提起している。
 手帳/ノート/カードの比較や「一葉一項目」といったコツ、さらには「情報化社会」「情報の規格化」への考察など内容は多岐にわたる。情報をめぐるめまぐるしい変化の中で、非常に古いもの。だから、これをこのまま現状に当てはめる事は危険。でも、個々の考え方の中には現在でも十二分に通ずるものがある。
 そういう意味では、まさに「古典」。
 学問であれ何であれ、情報を生産しようという人にオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。