サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

名探偵カッレくん みんなのレビュー

  • アストリッド・リンドグレーン著, 尾崎義訳
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本名探偵カッレくん 新版

2005/04/10 18:06

シャーロック・ホームズ、アスビョーン・クラーグ、エルキュール・ポワロ、ピーター・ウィムジイ卿、カッレ・ブルムクヴィスト!

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「おまけ」というのはやはり嬉しいもので、あると何だか得した気分になります。岩波文庫の「言葉の道草」しおり、創元推理・SF文庫の帯や栞の一言コラム、光文社文庫の「文庫のしおり」……。その「文庫のしおり」には「シンポ教授のミステリー・カルト道場」というコーナーが連載されておりました。道場主のシンポ教授が、読者からの質問を受けて立つというこのコーナー、質問者は作家の若竹七海氏。質問の内容は——「名探偵カッレくん」が憧れる名探偵4人シャーロック・ホームズ、アスビョーン・クラーグ、エルキュール・ポワロ、ピーター・ウィムジイ卿——「アスビョーン・クラーグって、いったい誰なんでしょう?」というものでした。
アスビョーン・クラーグの正体はシンポ教授が解き明かしてくれるのですが、むしろ気になったのは5人目の名探偵カッレくんの方でした。
カッレくんには集英社文庫版『ナイン・テイラーズ』のあとがき(これも若竹七海氏)で再会します。「シャーロック・ホームズ、アスビョーン・クラーグ、エルキュール・ポワロ、ピーター・ウィムジイ卿、カッレ・ブルムクヴィスト! 彼は舌打ちした。そして彼——カッレ・ブルムクヴィストは、そのなかで、いちばんえらい探偵になろうと思った。」 これでもうアスビョーン・クラーグよりもピーター卿よりもカッレくんが気になって仕方がありません。最後の一文にしびれてしまいました。えらい探偵になるんだという、根拠も現実性もない、だからこそ夢見る力強さのある満幅の自信に、冒険ものの小説を読むときのあのわくわく感を感じたのです。
冒険というのは、ジャングルに探険に行ったり国際陰謀団と戦ったりすることだけではありません。本書で言えば、窃盗団を追いつめる、というのも冒険には違いありませんが、「サーカス・カロッタン」や「バラ戦争」もまた紛れもなく冒険です。カッレくんたち三人が夏休み中に一生懸命取り組む本格的な(とはいえ微笑ましくもある)サーカス、仲良しグループをわざと侮辱してわざと喧嘩するバラ戦争(チャンバラごっこみたいなものでしょうか)、その他さまざまなイタズラ。
冷静な視点で見れば彼らのやっていることはものすごくくだらない。本書を読んで、馬鹿らしいと思う大人の方もいるかもしれない。だけど彼らの価値観はくだらないとか馬鹿らしいとかいうところにはありません。どれだけ楽しいか。どれだけ面白いか。楽しさを求めてありったけの力を尽くすことこそが、冒険の本質なのだと思います。
トム・ソーヤーが歯の抜けた隙間から新しい唾の飛ばし方を自慢するのも、ケストナー描くセバスチアンやエーミールがことあるごとに様式美がかった大仰な会話や喧嘩や仲直りをするのも、みんな精一杯楽しむという冒険の本質を心得ているから。遊びの達人であり、冒険の達人。
カッレくんが憧れた4人の名探偵のうち、物語の最後まで繰り返される名前はポワロとピーター卿の2人だけです。いちばん冒険的要素が強いと思われるシャーロック・ホームズの名前は二度と出てきません。もしかすると、冒険的要素が強いからこそ出てこないのかもしれません。なにしろ、本書『カッレくん』は紛れもない冒険物語です。『ホームズ』と同じく、冒険物語——もうホームズに憧れる必要はない——自分自身がホームズ同様に、冒険物語の主人公なのですから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍名探偵カッレくん

2017/06/25 17:29

続編も電子書籍化希望

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Amoretto - この投稿者のレビュー一覧を見る

こどもの頃、大好きで何度も読んだ作品です。
続編の「カッレくんの冒険」「名探偵カッレとスパイ団」も是非電子書籍化してほしいです。挿絵のサイズがもっと大き買ったらなあ、と思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本名探偵カッレくん 新版

2016/11/30 16:05

あまパンが食べたくなります。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どらやき - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校生の時、友人に借りて読み、夢中になって揃えたシリーズの1巻です。 登場人物の家族が皆、魅力的で、ストーリーのとテンポが、とても良いので、続きが気になり、やめられません。 お話に度々登場する、おやつ『あまパン』が、とっても魅力的で、どんなパンかと思い、友人に聞いた所、甘食と答えてくれましたが、本当なのかどうか。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。