サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

精神分析 みんなのレビュー

  • 十川幸司著
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本精神分析

2009/09/16 19:37

精神分析は、これからどうなるのだろうか・・・・・ラカン派分析家・十川幸司の危機感が滲む本

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:反形而上学者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

十川幸司は精神科医になってからラカンのお家元パリ第8大学でミレールのもと、ラカン派の精神分析をみっちりと学んできた。
しかし、7年間のパリ留学から帰国すると、彼が発表する論文は必ずしもラカンの精神分析を詳細に語っていくというだけのものではなかった。
最近の学術団体の大会などでも、ラカンについては触れず、フロイトすら「臨床からは、そのうち衰退していく存在」と言ってはばからない。十川氏は現在もどんどんフロイト、ラカンから遠のいた独自の理論を模索している。
私にも本書が出たばっかりの当時は、十川氏の意図がよく解らなかったが、改めて今、本書を開くと驚くべきことが沢山書いてあることに気づいた。
「はじめに」という冒頭の説明文からして凄い、「精神分析は現在危機的な状況に陥っている。治療法としての精神分析は薬物療法や簡易精神療法など別の治療に場所を譲ってしまい、人間の理解の方法としての精神分析もそれほど魅力的な言説を生みだしているとは思えない。」
はじめから、極めて否定的な言葉を投げかける十川氏。
そして本書P76では、さらにそれがヒートアップする。
「結局ラカンの技法におていては、理論的には言葉の機能を重視しながらも、臨床場面においては言葉の持つ力を十分に活かせていにのである。」
どうだろうか、これは完全にラカンの精神分析に対する否定に他ならないのではないだろうか。
本書の中で、十川氏は突然オートポイエーシスについて述べ、クラインを語り、ビオンに光明を見いだそうとするが、一貫して流れるトーンは「精神分析への抵抗」という十川氏の最初の著作のタイトルにもなっている言葉だ。
私も精神分析には大きな危機感を持っているし、臨床ばかりか、思想としての精神分析にも停滞を感じている。
この本は今こそ読む価値がある本ではないだろうか。それだけの価値はあると、私は思う・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本精神分析

2004/02/08 12:09

危機の時代の「精神分析」

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は、非常に高い危機意識のもとに書かれている。それは、もちろん「精神分析」の危機のことである。その意味で本書は、精神分析の概説でもなければ、最新の成果というのとも少し違うと思う。正しくは、章題ともなっているように、「精神分析を再開する」ための書物なのだ。その際、支柱に置かれる精神分析の、そして筆者の言は「精神分析とは一つの思考の経験である」というものである。
 こうした問題関心から出発する本書は、「1」において、現在の精神分析を位置づけ直すために、「臨床の場」と「認識論的な場」といった2潮流からフロイト以降のこれまでの議論を整理する。
 その上で仕掛けられるのが、先に挙げた「精神分析を再考する」という本論である。そこでは、フロイトの他、クライン、ラカン、ビオンの議論を縦横に参照しながら、「臨床」と「認識論」それぞれの側面から、現実的な諸問題を根底的に問い返し、議論のゆきづまりの打開が目指される。そして、ともすると自閉的になりがちな精神分析が、そもそも外部の理論とのすりあわせの上に成立したものであることを確認して、外部性の導入も謳われる。そもそも、精神分析が、非常にデリケートで個別差の大きい作業である以上、繊細な理論・実践が要求されることは必至である。
 筆者は、精神分析の危機を乗り越えるための要諦として、1つには「精神分析の経験をさらに拡大し、深めていくこと」をあげている。そして2つ目には「精神分析という思考において勇気を持つこと」をあげていた。両者の相関的な鍛え直しなくして、精神分析の「再開」はないのかもしれないが、本書はその格好のスタートラインを引いてくれるはずである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本精神分析

2017/12/25 04:53

深い話

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤和 - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず先に書いておくと、初心者向けでは無い。
ある程度心理学とかそう言うのを囓った人向けだなという感じ。
内容としては、複数の学者の理論を例としてあげつつ比較し、精神分析とは何かというのを考えていく物。
精神分析という狭い分野だけで無く、哲学や芸術、社会学との関わりについても触れている。
精神分析とはどういう物なのか、考えてみるには良い本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。