サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

電子書籍

お金の使い方でわかる 男の器量 みんなのレビュー

  • 山崎武也
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本お金の使い方でわかる男の器量

2002/09/15 12:01

空が落ちてくる日

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アメリカの同時多発テロ事件から一年が過ぎた。九月十一日の朝、事件に巻き込まれた多くの人たちは、いや全世界の人々は、その瞬間まであの世界貿易センターのビルが崩れ落ちるなんて想像もしなかったはずだ。テロ事件だけではない。リストラという名目で突然解雇を言い渡される人、覚えもない狂気から路上に倒れる人、そんな突然の運命に僕たちは翻弄され続けるしかないのだろうか。

 遠い昔、中国の杞という国の人が空が落ちてきたとどうしようと心を病んで、食べることも寝ることもままならなかったという故事がある。杞憂という言葉は、その故事から<取越し苦労>の意味で使われるが、実際にあの日、空が落ちてきたのだ。そんな現実を目の当たりにした僕たちは、杞の国の人を笑えないし、杞の国の人そのままに憂うしかないのかもしれない。僕たちの国の貯蓄率の高さは、そんな人々の不安の表われでもある。

 この本を読んだのは、そんな不意の備えのために今何をしたらいいのかというヒントがあると思ったからだ。でも、期待は外れた。この本に(僕の目から見ると)今の厳しい世相から浮遊し、まるで高度成長期にいるような時代錯誤を感じてしまう。財布にはいった新札、接待という歯の浮いた言葉。こういうお金の使い方を「男の器量」と呼ぶ種族がまだこの時代に残っているのだ。すでにそんな器量は女たちによって凌駕されたはずなのに。男とか女なんて区別している時代はとっくに過ぎ去ったはずなのに。

 空が落ちてこないと限らない時代に、もし器量という言葉があるとした、それは人としてあるべき生き方をすることだ。ありのままにこの時代を受け入れるしかない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示