サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

【OP】集英社コミック1,000円OFFクーポン(4,500円以上で利用可)(~11/18)

電子書籍

「弱者」とはだれか みんなのレビュー

  • 小浜逸郎
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本「弱者」とはだれか

2000/12/23 00:49

「さわやか」や「感動」を「消費」するのはやめましょう!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:安藤哲也 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「書店の棚は"管理"ではなく"編集"するもの」をモットーに、日々店頭で書物と格闘しているが、その流れをせきとめる商品がある。いわゆるミリオンセラー本だ。
かの『五体不満足』もそのひとつだが、ほとんど売る気がしなかったので、他店のように一等地に山積みせず、レジ横の目立たぬ場所で訊かれたらこっそり売っていた。

「ベストセラー? ケッ!」というへそ曲がりな性格もあるが、この本自体がひどい本だというわけではなく、あの異常な買われ方、つまり"ブレイクのプロセス"にイヤ〜な感じがつきまとっていたのだ。だから「早くマトモな批評本が出ないかなあ、隣に積むのに」と思っていたら、1年以上たってようやく登場した。

 本書はいわゆる「弱者聖化のからくり」、つまり「障害者」を描いた物語はすべからく「感動」せねばならないというメディアの押しつけや、あるいは私たちが「弱者」や「マイノリティ」について語ろうとする際、常につきまとうあの「遠慮する空気」の本質を、構造問題として鮮やかに解きおこしてくれるのだ。

「世知辛い現代にあって、こんなさわやかな話題はない」と『五体不満足』を購入した多くの人に、根源的な「弱者」問題に対する意識があったかどうかは定かではないが、ぜひ本書もあわせて読んでもらうことによって「障害者はすべて乙武君のように前向きに生きなければならぬ」という、"新たな障害者差別"を生み出さんことを願うばかりだ。(bk1コーディネーター)

※このレビューは『ダ・ヴィンチ』(メディアファクトリー)の「絶対読んでトクする20冊」に掲載されたものです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本「弱者」とはだれか

2006/05/23 19:11

倫理と現実の狭間で生まれる「弱者」

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TEMU - この投稿者のレビュー一覧を見る

「弱者」と聞いてどんな人を想像するだろうか。
障害者、老人、子ども、女性、ホームレス、と
いろいろ思い浮かぶと思う。

次に、どうしてその人たちを「弱者」として
挙げたかを考えてみる。
`それは彼らが他人の支えなくして、生きるのが困難だから´
`弱い立場にある人を助けるのは、人として当然だから´

しかし「弱者」と`見なされている´当の本人たちは、
本当に助けを必要としているのだろうか。
一方的かつ過剰なまでの`配慮´で「弱者」を
遠ざけていないだろうか。

「弱者」に対して必要以上に臆病になり過ぎていませんか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示