サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

12時 修正:20%OFFクーポン(0521-24)

電子書籍

なぜ日本人はいつも不安なのか みんなのレビュー

  • 岸田秀, 町沢静夫
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

異常な犯罪の根底に潜む「自己愛症候群」を手掛かりに,幻想にすがる日本の病理を解明

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 フロイド理論を発展させ,「人間は本能が壊れた動物である」と主張する岸田秀氏と,青少年の心の病理分析に先駆的な業績を上げてきた町沢静夫氏の対談。
 まず新潟の女性監禁事件と伏見の児童殺害事件を例に,犯罪心理が,物取りから快楽追求へ,90年代には自己の存在証明のための「自己愛」に変化してきたとする。大家族制が崩壊し母子密着が強くなったと同時に,世間から離れた母親のエゴが精神病理的気質を作り出す一因となっているという。
 警察の腐敗など官僚制の問題を完全主義で秩序大好きな「強迫性人格障害」との類似で説明,日米関係に話が及び,ペリー来航以来「日本は米国に強姦された」(岸田氏)という強迫観念にとらわれていると指摘。
 若者には,落ち着かず,人の話が聞けない「注意欠陥/多動性障害」症状が増えているが,取り組みが遅れているとする。対談のため話が次々に発展し,追い付いていくのに難点があるが,社会状況や子育てを考える上で,一読を薦めたい。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示