サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

「続刊予約キャンペーン」 (~6/30)

電子書籍

絶望がやがて癒されるまで みんなのレビュー

  • 町沢静夫
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

絶望の先にあるもの

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ebimatsu - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私の周りの愛する人たちには、できれば絶望など味わうことなく暮らして欲しいと思う。その方が幸せだと、心から信じている。それなのに、自分自身は「絶望も悪くない」と思っていてわざわざ絶望に向かって進んでいるように感じることがある。

 筆者は言う。絶望の中で、人は初めて「素の自分」と出会うのだと。絶望の無い人生は安穏としているかもしれないが同時に、自分を高める機会を逸しているのかもしれないと。

 一方で、警鐘もならす。ぎりぎりのところで戻れるだけの、心の体力が無い時には絶望は、即、死につながるのだと。そのリスクを背負っても進んだ者にこそ見えてくる光がある。ほんとうはそうまでして見なくてもいいものなのかもしれない。それなのに、極限の苦しさの中で見るたった一筋の光。その甘美なまぶしさに捉えられてしまった私は今日も、絶望の淵をのぞきこむ。

 絶望は、決して失望には終わらない。精神科医として多くの人間の「絶望」に関わってなお筆者は、そのことを信じているように見える。

 私と同じように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示